« 北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 第2曲「行進曲」ー | トップページ | 北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 「行進曲〜花のワルツ」ーその3 »

2016年10月31日 (月)

北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 第2曲「行進曲」ーその2

5_2

玄関扉をくぐるとそこはワインカーブ(ワインを貯蔵する部屋)
のような暗がりにつつまれます。
 
それは、この曲の繰り返し流れる旋律による期待感を絞り込むため。
6_2
ヨーロッパで使われている石畳の石
珪藻土の壁
17
コンクリート打放しの凛とした透明感
これらで構成される奥行きのある空間。
7
単調さはパースペクティブ(奥行き)を生み出すのです。
バッハのカノンなどのバロック音楽に繰り返しが多いのは
聞き手に奥行きを感じさせ
神の尊大さを表現しているのであると理解しています。
振り返り、玄関扉を見返すと、自分の歩いて来た軌跡を
たどることができます。
これが、行進というリズムを奏でています。
8
ダグラスファーという無垢の厚い板を床材に使っています。
トーンの高い、フルートの軽快なメロディ。
響き渡りますか?
15
奥にはアールの壁に沿う、スケルトンの階段があります。
この軽さが、弾むようなタッチの曲想の高揚感を表しています。
13
手すりは、おもちゃの兵隊が
滑り台のようにツルリと滑っているイメージです。
 
そして、こんなところに
手洗いがあります。
14
洗面器は洗面所だけにあると限りません。
 
私の愛読書のひとつでもある
岡本太郎氏の著書「自分の中に毒を持て」では
岡本氏は、既成概念をぶっとばせ!と語っています。
それは、私の手にかかると
美しく、人をはっと魅了する空間を世に表すこと
と等しくなります。
9
階段を登ると、1階の生活ゾーンに出ます。
視線の先にピクチャーウインドウの中にある北鎌倉の緑が
飛び込んできます。
 
この時に、脳内の既成概念が打破され
暗闇の中から、ぱあっと視界が開け、開眼するのです。
意識の上昇です。
 
行進曲は、大勢が何かひとつの目標に向かって、
精神統一させるという力もあると感じています。
ここでは、家族がひとつになる空間です。
10
無垢のくすの木で作ったダイニングテーブルを
配置しました。
IHを内蔵し、生活感がでないように配慮しています。
 
なぜなら、この住まいの波動は
「くるみ割り人形」なのであり
それは、ファンタジー空間であるからです。
12
そして次に目にとまるのは、こちら
リビングの中央に鎮座するアールの土壁です。
どこまでも、楽しみが繰り返され、続く高揚感。
ユーモアは枯れることを知りません。
行進曲は続くのです。

|

« 北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 第2曲「行進曲」ー | トップページ | 北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 「行進曲〜花のワルツ」ーその3 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/64424720

この記事へのトラックバック一覧です: 北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 第2曲「行進曲」ーその2:

« 北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 第2曲「行進曲」ー | トップページ | 北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 「行進曲〜花のワルツ」ーその3 »