2016年11月15日 (火)

音楽を奏でながら空間を創造するとは?〜まとめーその1

〜音楽を演奏するように空間を創造する設計手法〜

その人を観る。 その土地を観る。 すると、

その人の波動が奏でるメロディが鳴り響く。

その音楽から離れないように、家、空間が奏でる音楽を設計する。 その人が生まれ持った、純粋な波動に整うように設計する。

タイルの色、床の触り心地、照明のあて方など

個々のパーツが奏でる音の調和を聴く。

家全体で奏でる協奏曲を聴き、それを図面に落とし込む。

家という空間が奏でる音楽が、

その人の持つ波動を、

最善の状態に保つように、

細部から全体に至るまで、緻密に、作曲するように設計する。

その空間に居るだけで、

身体と心と魂が、

最善の状態に戻ることができるような空間作りが、

私の使命なのです。

_mg_6440_2

さて、「北鎌倉の家」と「くるみ割り人形と四季」の関係についてお話して参りましたがいかがでしたでしょうか?
 
確かに、「精神病では?」「結局スピ系の人?」などと感じられる方もいらっしゃるでしょう。共感覚の中でも20万人に1人という特異な能力だそうなので、仕方ありません。実際に25年ほど前に入院した際に、精神科でいろいろな検査も受けたのです。
 
共感覚は無意識の反応なので、自分以外の人も当たり前に同じ能力を持っているのだと思っている人が多く、気づいていない方も多いそうです。
 
例えば、音楽を聞いていると色を感じることはありませんか?以前、「のだめカンタービレ」というマンガをドラマにしたものがありました。その中で主人公の音大のピアノ科に通う「のだめ」が「モーツアルトはピンクなの〜」というセリフを言います。その時に、やはりこのように感じている人(この場合は作家かな)はいるのだな、と思いました。
 
私の場合は、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚のすべてがつながっていて、それぞれがクリアーにリンクしているので、本当に珍しいようです。
結局、ドクターには「バカと天才は紙一重だから才能にすればいいのだけど」と言われました。歴代の芸術家も精神病と診断されている人が多いのですが、私は共感覚や違う感覚があって、そう診断されてしまったのではないか?と考えています。悲しいかな多数決の原理でこの世は成り立っているようですから。
_mg_6426_2
では、どうゆうことなのか?を「北鎌倉の家」を例に、ご説明しましょう。
例えば、上の写真は北鎌倉の家の3in1(スリーインワンといい、浴室、脱衣洗面がひとつの部屋になっているもの)です。
_mg_6433_2
見返すと、石で作られた浴槽と木の壁の浴室があります。こちらだけ見ると和のテイストです。和のお風呂に入ることは、かねてからのご主人の希望でした。
_mg_6505
しかし、奥さまが選ばれた、洗面台はイタリアのデザインで便器はイスタンブール。バラバラです。さらに、ここに洗濯機も置くとなると、すべて個性的なので不協和音になることは想像がつきます。
_mg_6504
そこで、このガラスのモザイクタイルを採用することにしました。そして「あ!これだ!」と思った瞬間に美しいメロディが流れます。その時、身体中の細胞が喜びます。まるで素晴らしい演奏を聞いている時のように。こうなれば、もう確実。間違いなく現実化します。
 
このタイル、現在は販売されておらず残念なのですが、スペイン製で約200色ほどのラインナップです。その中から6色を選び、配合を数%の単位まで決め、デザインしひとつの空間として整合をとったのです。
 
オーケストラで例えると、繊細な部分を受け持つバイオリンやフルートのような位置づけです。
 
大勢だからといって手抜きはしません。このタイルの一色でも違ったり、配合が変わると瞬く間に不協和音が鳴り響くのです。音楽でいうと、ちょっと異色の演奏家が入ってしまったような感じでしょうか。
ですから、繊細に音を合わせるように、色や素材を決めていきます。
 
_mg_6399_2
キッチンにも同じモザイクタイルを使っています。この空間では、無垢のくすの木のテーブルがオーケストラでいうコンサートマスター。骨董屋で入手した建具、面材に特別な塗装をしたキッチン、赤の復刻版限定色のPH5の照明、そして岡本太郎の鯉のぼり。それぞれがそれぞれの周波数で音を出し、その波と波が共鳴し合って、この空間は一つのハーモニーを奏でているのです。
そうです。くるみ割り人形がすばらしく鳴り響いているのです。
 
このように、音楽が建築の細かいところまでリンクしているため、身体の感覚をすべて使って設計しています。通常だと1つの刺激で1つの反応ですが、私の場合、2つも3つも感じますのでかなり疲れます。だから、年に6棟までしかお受けしていないのです。
 
建築が完成するころは、クライアントのみなさんが、見違えるほどに活き活きと活気に満ちあふれていいかれます。特に女性はわかりやすく、必ず内側から出てくる個性が出て来て、美しくなられます。波の力、目では見えないのですが、素晴らしいなあ、と50棟近い建築を作ってきて感じているところです。
 
波は共振・共鳴します。そして人体は約70%が水。「空間」という「何もないところ」と思っているところには、目に見えないたくさんの波が存在します。そうです。水は波が伝わりやすい性質がありますから、実はものすごく影響を受けているのです。気づいていないだけなのです。
 
このように、ひとつひとつにこだわりながら設計された大好きな音楽の波に満たされた空間。そんな場で、あなたのかけがえのない人生を過ごすのはいかがでしょうか?
心地よい音楽の波に包まれているのですから、人生は好転します。家だけではなく、オフィスやサロン、ショップでも良いお仕事ができそうですね。
 
これから私くしもさらに、この共感覚を磨いていくために記事を書き続けたいと思っています。ピン!と来たり、何かご興味を持たれましたら、コメントやメッセージなどいただけましたら嬉しく思います^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

北鎌倉の家「茶室」ー谷崎潤一郎とヴィヴァルディ四季ー

〜音楽を演奏するように空間を創造する設計手法〜

その人を観る。 その土地を観る。 すると、

その人の波動が奏でるメロディが鳴り響く。

その音楽から離れないように、家、空間が奏でる音楽を設計する。 その人が生まれ持った、純粋な波動に整うように設計する。

タイルの色、床の触り心地、照明のあて方など

個々のパーツが奏でる音の調和を聴く。

家全体で奏でる協奏曲を聴き、それを図面に落とし込む。

家という空間が奏でる音楽が、

その人の持つ波動を、

最善の状態に保つように、

細部から全体に至るまで、緻密に、作曲するように設計する。

その空間に居るだけで、

身体と心と魂が、

最善の状態に戻ることができるような空間作りが、

私の使命なのです。

_mg_6476 

いよいよ、この家のメインディッシュともいえる「茶室」について。

 

敷地の北側には、この岩があり、荘厳な和音を奏でています。

この地域には鎌倉岩といわれる砂岩の層があちこちで見られます。

「よし!この岩を見せることにしよう。

四季折々のすてきな表情で

客人にほほえみが与えられるでしょう」

そう、お施主さんと決めた時、

共感覚により、茶室空間のメロディが流れ始めました。

_mg_6472 きっぱりとお軸や茶花の存在を消した横長の洞床や

_mg_6461 壁は黒漆喰。といっても真っ黒ではなく濃いめのグレー。

グレーは「あいまい」な波動です。

各人との境界線を引かないというメタファー(隠喩)です。

_mg_6479 さてここで「日本の伝統美」というと、

必ずといってよいほど

谷崎潤一郎氏の「陰影礼賛」が上げられます。

単純に「暗くてじっとりしたところが良い」

とされていますが

私には違和感がありました。

確かに、「陰影礼賛」のみを読むとそう感じ取れます。

しかし、谷崎氏の書いた

小説「細雪」や「猫と庄造とふたりのをんな」など

5、6冊を多角的に読んでみると、

谷崎の考える日本の伝統美は、

「日本女性のもつ妖婉さや恐れ多さのようなものにある」

と言いたかったのではないかと。

立体的に見ると、本質が透けて見えてきますね^^

 

そういった意味においての「陰影礼賛」を

表すメロディは

ヴィヴァルディの「四季」協奏曲第4番 ヘ短調 RV.297「冬」

キリスト教でいうとマリアさま。

ちなみに、清少納言の「冬はつとめて」というくだりも同じ音楽が流れます。

_mg_6326 バロック音楽の特徴である通奏低音技法という

なんとも肚の底にズンズンと響くような

言って見れば宗教音楽のような音楽の構成が

また、感情などの一切のエゴを切り離して

演奏されることを良しとする価値観が

その波動としてあらわれているのでしょう。

つまり、本質のみが演奏されているのです。

_mg_6322 その本質を表す空間は

構造体を美しい意匠として表す木造を活かした空間であること。

設計者が、適材適所に木を厳選し、美しい寸法を与え、

腕の良い職人たちによって組上げられ

施主の手沢(しゅたく)が空間に正気を与えていくのです。

それは永遠であり、三位一体、

そして、魂との対話であるのです。

 

「僕のたくさん管理してきた中で一番好きな現場です」

と担当した現場監督が

引き渡しの時に残していった言葉。

 

3者の対話であるハーモニー。

これが美しく奏でられていたのだな、と。

美しいものづくりは美しい時の経過から生まれるのですね。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 「行進曲〜花のワルツ」ーその3

12

さて、アールの土壁のお話です。
ここから、音楽は、くるみ割り人形の「花のワルツ」へ移行します。
4分の3拍子。ニ長調です。
くるみ割り人形の中でも盛り上がる部分ですし
ワルツの代表のような曲ですね。
_mg_6490
ここは、奥さまとお子さんのワークスペースです。
 
北鎌倉の家は、
リビングに鎮座する土壁を家の重心としています。
空間に重心を持ってくると
芯のある強さを醸し出します。
 
さらに、アールの中でも、アンモナイトのような
求心性のある螺旋状にしたのは
4分の3拍子によるものです。
私の共感覚で、3拍子は円を表します。
 
らせんはDNAの形状でもありますね。
 
また、この曲はホルンという楽器により
旋律が流れて行く場面があります。
ホルンのカタチ、ぐるぐるした円ですね。
そこから出た音は、
ホルンのカタチなのです。
_mg_6490_2
さて、ここで
円というカタチをじっくり観察してみましょう。
中心は、
その周りを描く円によって明らかになります。
宇宙空間もそうですね。
円は引力による現象でもあります。
相手が必ずあるのです。
 
円がなければ中心はなく、
中心がないと円は描けない。
つまり、陰陽の関係なのです。
 
どちらが欠けても存在しえない関係性。
  男と女
 
ワルツが男女で踊られ、
男性を軸にして女性がまわるのは
円というカタチ
陰陽を表しているのだな、
と解釈しています。
_mg_6509
さらに、壁のテクスチャーについては
人間の情動を表しています。
 
コンクリートの壁で下地をつくり、
そこに、珪藻土と
敷地を掘削した際に出て来た
鎌倉岩を砕いて土にしたものを混ぜ込んで
左官屋さんにコテで仕上げてもらいました。
 
手が込んでいます。
私も仕上げの日は
色やコテムラの出し方などを指示するのに
丸一日左官さんにお付き合いました。
図面では表せませんから。
 
_mg_6423
 
音で説明すると、この曲は
4分音符でずっしりと進むところもあれば
1小節の中のスラーの中の5連符と
スタカートで軽快に上がる16分音符による構成など
ゆったりとした中に軽快で早い部分があり
単調さよりも動きがあり、人間の感情に近い面白みがあります。
その面白さをこのような左官壁のテクスチャーで表現しました。
 
こうして
かかわった人たちすべての「モノを創り出す喜び」を表した
象徴的存在。
この壁があることで
圧倒的な存在感のある空間となりました。
 
母の子宮の中のように
優しさと強さを併せ持つ空間なのです。
子宮は球体なのですから。
そして、
おかあさんの身体の中心に
位置しています。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 第2曲「行進曲」ーその2

5_2

玄関扉をくぐるとそこはワインカーブ(ワインを貯蔵する部屋)
のような暗がりにつつまれます。
 
それは、この曲の繰り返し流れる旋律による期待感を絞り込むため。
6_2
ヨーロッパで使われている石畳の石
珪藻土の壁
17
コンクリート打放しの凛とした透明感
これらで構成される奥行きのある空間。
7
単調さはパースペクティブ(奥行き)を生み出すのです。
バッハのカノンなどのバロック音楽に繰り返しが多いのは
聞き手に奥行きを感じさせ
神の尊大さを表現しているのであると理解しています。
振り返り、玄関扉を見返すと、自分の歩いて来た軌跡を
たどることができます。
これが、行進というリズムを奏でています。
8
ダグラスファーという無垢の厚い板を床材に使っています。
トーンの高い、フルートの軽快なメロディ。
響き渡りますか?
15
奥にはアールの壁に沿う、スケルトンの階段があります。
この軽さが、弾むようなタッチの曲想の高揚感を表しています。
13
手すりは、おもちゃの兵隊が
滑り台のようにツルリと滑っているイメージです。
 
そして、こんなところに
手洗いがあります。
14
洗面器は洗面所だけにあると限りません。
 
私の愛読書のひとつでもある
岡本太郎氏の著書「自分の中に毒を持て」では
岡本氏は、既成概念をぶっとばせ!と語っています。
それは、私の手にかかると
美しく、人をはっと魅了する空間を世に表すこと
と等しくなります。
9
階段を登ると、1階の生活ゾーンに出ます。
視線の先にピクチャーウインドウの中にある北鎌倉の緑が
飛び込んできます。
 
この時に、脳内の既成概念が打破され
暗闇の中から、ぱあっと視界が開け、開眼するのです。
意識の上昇です。
 
行進曲は、大勢が何かひとつの目標に向かって、
精神統一させるという力もあると感じています。
ここでは、家族がひとつになる空間です。
10
無垢のくすの木で作ったダイニングテーブルを
配置しました。
IHを内蔵し、生活感がでないように配慮しています。
 
なぜなら、この住まいの波動は
「くるみ割り人形」なのであり
それは、ファンタジー空間であるからです。
12
そして次に目にとまるのは、こちら
リビングの中央に鎮座するアールの土壁です。
どこまでも、楽しみが繰り返され、続く高揚感。
ユーモアは枯れることを知りません。
行進曲は続くのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

北鎌倉の家ーチャイコフスキー くるみ割り人形 第2曲「行進曲」ー

_mg_6243

やはり、まずはこの作品でしょう。
2013年夏に「渡辺篤史の建もの探訪」で放映されました。
地方の建築家展でこの写真を見て、
「あ、これ知っています!」と
仰ってくださる方が多く、とても嬉しく思っています。
 
クライアントとは2008年に出会いました。
 
 
土地探しの時からお付き合いし、
住まいに対する希望やライフスタイル、
趣味や仕事の話など
たくさんの角度から対話をしました。
 
敷地が見つかりましたと連絡をいただいて
この北鎌倉の閑静な一角に立った時に
 
チャイコフスキーの
くるみ割り人形 第2曲「行進曲」
が身体中で響き渡ったのです。
 
1
ご主人がアントニオ・ガウディが好きで
和のものが好きな奥さまとの共存。
さらに、岡本太郎さんの鯉のぼりを飾ったり
岡本太郎記念館のように庭にアートをしつらえるのが希望。
 
アタマでのみ考えると、とても難しい。
頭の中だけでイメージする建築では
解答を出そうとしても出ないでしょう。
 
しかし、ここで
勢い良く「くるみ割り人形」が浮かんだ、
ということは具現化できるということだと
確信していました。
 
3次元だけでなく
次元を上げて5次元で
解決するのです。
波動つまり音を取り入れること。
 
おもちゃ箱をひっくり返したような
楽しさのある、あの曲を
北鎌倉という和の文化の中に
どうなじませるか?
 
素材と色、カタチ全てに
混沌と秩序を内包させ
この住まいのどの空間に佇んでも
「ふふふ」と
思わず笑みがこぼれるような
そんな「ユニークさ」のあるリズムと旋律を
どのように空間として表現しようかと。
 
 
まずはイントロダクション。
端切れ良く、高揚感があります。
 
 
住まいのイントロダクションである
正面玄関は
Photo
 
日本建築のシンボルとも言える入母屋(いりもや)屋根
基壇としているコンクリート打放しのテクスチャー
意匠の要である格子の木製建具
4
珪藻土の左官壁
アクセントは鍛冶屋職人が作った鉄のさび仕上げの表札。
Photo_2
 
そこに、意志のある白い藤が絡む。
 
丁度、イントロダクションの部分の
これから、「何が起こるのか?」と期待感高まる部分です。
それに加わっているどことない「あどけなさ」は、
白い藤というなめらかな花で
表現しています。
 
_mg_6218_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

Ft0103

私には「共感覚」という特殊な感覚があるようです。
ちなみに、共感覚とはWikipediaでは
 
 
共感覚(きょうかんかく、シナスタジア、synesthesia, synæsthesia)は、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。 例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。 英語名 synesthesia は、ギリシア語で共同を意味する接頭辞 syn- と感覚を意味する aesthesis から名づけられた。感性間知覚。
  
実は私は共感覚をすべての人が持ち、
日常で感じているのだと思っていましたが
そうではない、少数派であることを知ったのは6、7年前です。
 
当時は、ふと言葉にしても、真剣に受け止めてくれる人はおらず
単なるスピリチャル系の人か?と。
共感覚もいろいろな種類があり、
波動やオーラも見える(感じる)ことができるので
まあ、そう受け取られても仕方ないことです。
 
しかし、私にとってはオカルトでも、
アッチの世界にいるのでもなく
自分の身体からの信号であるので、現実なのです。
 
そして、この能力を小さい頃から試験勉強や日常での簡単な暗記、
例えば、電話番号や生年月日などを覚えるとなると、
数字は音階があるので、メロディで覚えたりしました。
料理などの味覚はカタチで表れるので、
私にとって、料理することは
建築を設計することだったりします。
 
そして、現在、生業としている建築の設計については
クライアントの意向をヒアリングし、敷地を訪れ、
建築を施す本質的な目的が定まってくると
身体中の細胞からメロディが流れはじめ
それを、3次元の中でX軸、Y軸、Z軸上に数値化させ
設計と現場監理による約1年というスパンで具現化させます。
 
設計、監理をしている間はこのメロディに乗っ取って
意匠(デザイン)も決めていきます。
大きさ、カタチ、素材すべてです。
タイル一枚一枚、左官壁のテクスチャー、家具などまで。
 
少しでもイメージが違うと
それは不協和音となり、すぐにわかります。
例えば、音楽の演奏を聞いていて、
弾き間違えたところがわかったり、
曲想など、自分が持っているイメージと違ったりした時に
感じる、「違和感」のようなもの、です。
 
素材なども、ピッタリのものが見つかるまで
足で歩いて、目で見て、それこそ共感覚で共鳴するものを
選び抜きます。
そうでないと、どこか気持ち悪さがあって仕方ない。
だから、五感のすべてが「ok」を出すまで
とんでもなく、手間ひまかけて作り上げます。
 
最近、こんな感じてポツポツと語り始めましたら
まわりに聞いてくれる人がいることに気づきました。
さらに大変興味深いと言ってくださる方もおられます。
 
時代は変わるものです。
そこで自分の中で
無意識に「あたりまえ」にやっている行程を
言葉に表してみよう、
という気分にやっとなれました。
 
そこでこれから、今まで手がけてきた作品をもとに
どのようにして、この意匠ができたのかを
少しずつお話していきたいと思っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)