セミナー

2020/02/20

生き方見本市TOKAI

_mg_2062_original

2月8日は「生き方見本市TOKAI」に参加いたしました。

20代、30代の方々が千差万別の生き方に出会う、という趣旨のイベント。

皆、活き活きとしていいお顔していますね^^

4d908b3521e74d278ce233bc40f2f7b5_1_201_a

会場は名駅(名古屋駅)から徒歩圏のジュウノハコ。
おおらかなデザインの中にスノーピークの赤いチェアが映えます。
こういう会場だと、お互いの距離も近くなります。

87036681_190352085517592_621594851643123
私は11時からの「キャリアと妻と母と私」というセッションに参加しました。

Img_1230
キャリアコンサルタントである鬼木利恵さん
多くの女性を支援する彼女の笑顔はとても優しく、芯の強さを感じます。
プレゼンもキレイにまとめられており、わかりやすいお話です。
また、自分のことだけでなく、
社会貢献も考えておられるのはやはり時代を的確に捉え、
前に進んでいらっしゃるのだと感じました。

西尾樹里さんは大人気のお料理教室を主催されています。
屈託のない笑顔が可愛らしいところから、
とても楽しいお料理教室をされているのだろうと想像できます。
一見、不利に思えるような自分に起こる出来事を
感情をはずして、真正面から受け止め、最後には
自分の強みに変えて活かしていくバイタリティーは素晴らしいなあ、
と思いました。

このグラレコ上手ですね。
私の髪の色も2色です^^

Dsc_5621_00036

さて、私についてはアーティストの特性が強いため
はたしてローモデルになるかは計り知れませんが(笑)

しかし、「正しい」よりも「腑に落ちる感」を信じよ!
というくだりが胸にささった!
とのフィードバックをたくさん頂きました。

質問コーナーでは、
「ご主人の意見を聞きたい」という声をいただき
(この殿方はお子さんを抱っこしておられました)
同行していた夫が前に出て語ることに。

86800271_180790136585874_428963588867096

そうなんですよね。
女性の社会進出が日本では進まない理由のひとつは
妻をサポートする男性側の理解が少なすぎたのかもしれません。

先日、ある妊婦さんが話をしていましたが
産休や育休の制度は整っていても
今の管理職の人たちが、自分の育児に参加してきておらず、
男性が育休を取る、あるいは、そもそも育児とは何か、
ということについて理解できないために
適正な判断ができず、実際には許可が降りないとか。

悲しいお話ですよ。

女性が子供を育てながら働きやすい社会にするためには
夫婦のリレーションシップを大切にすること
また、社会の変化を柔軟に受け入れていくこと
そして、誰もが、
まわりの誰もの生き方を尊重することが大切なのだと
あらためて感じました。

Dsc_5564_00003

自律して
生きることに積極的になると
人生が動き始める。

自律とは主体性を持って行動し
イメージを実現していく力。

アーティストの持つ特性です。


出会ったすべての人が
素晴らしいアーティストパワーを発揮して
優しい微笑みで暮らすことができるように

そして
これからも何かお役に立てますよう
尽力して参りたいと思いました。

ご縁をいただいた
みなさま
誠にありがとうございました。

| | コメント (0)

2020/02/05

2月8日11時に名古屋太閤でお会いしましょう♪「生き方見本市TOKAI」

Coveruko72azdsczjyijww4x2fe9mpp1vgxa5
いよいよです。2月8日(土曜)です!

”千差万別の挑戦と努力に出会う”生き方の祭典
「生き方見本市TOKAI」

クラウドファウンディングから始まり
いよいよ実現します。

場所は名古屋駅から徒歩6分(早歩き?笑)のジュウノハコ
(〒453-0801 愛知県名古屋市中村区太閤3丁目7番76号)
にて。

私は、SESSION1
11時から出演となります。

◇SESSION1
11:00-12:30
キャリアと妻と母と私
鬼木 利恵・多田 祐子・西尾 樹里

---------------------

19歳、単身で福岡県から上京(横浜)し
今日に至るまでの変遷とこれからの課題などを
シェアできたらと考えています。

パワポでのイントロを少しお話すると…

Photo_20200205095902

今回、あらためて自分の生き方を
第三者に説明するという視点で振り返りました。

いやあ、驚異です。
私の人生。笑。

よくやってきたなあ、とか
この歳では、もうできないなあ、とか
いろいろと考えさせられました。



ひとつ
つくづく思ったのは

転機に起こる
シンクロニシティ

人生は波乗りなんだ、と。

だから、これね↓


Photo_20200205095901

慎重に計画されて生きておられる方からすると
刹那的な生き方なのかもしれません。

来た波(ほとんどが荒波^^;)を
どう楽しく美しく乗りこなすか?
これを常に肚に落とし
試行錯誤を繰り返してきたように思います。

男女雇用機会均等法が施行されてすぐの
いわゆるパイオニアとも言えるキャリア。

男性でもキツイ・クルシイ建築の世界を
資格取得しながら、子を産み、育て
設計事務所を設立し、20年。
おばさん(笑)になるまで続けてきた
私なりの処世術。
といいますか、悪知恵の集大成^^;かな。

途中、波にのまれて死にそうになった時に
どのように這い上がったのか?

また

騙された!いじめられた!だけど
騙したアイツを恨むな!憎むな!
ありがとうと笑顔を贈れ!
の深ぁ~い意味とかね^^



そんなことを
明るく楽しく
でも、真剣にお話しましょう♪

みなさまに
お会いするのを楽しみにしております^^

お申し込みはこちらから↓ 
予約優先のようです。

”千差万別の挑戦と努力に出会う”生き方の祭典
「生き方見本市TOKAI」


| | コメント (0)

2020/02/04

2度めの渡辺篤史トークショーを終えて~魅力ある人の翳に苦労あり

84494333_878844345893170_764220380563478

1月26日に「建もの探訪」でおなじみの
渡辺篤史さんとのトークショーを終えました。

5年前に一度ご一緒させて頂いたことは
前途したとおりですが

こうして同じ方との掛け合いは
自分の思考やあり方を
再考させて頂くありがたい機会でした。

今回は総勢150名様がご来場くださり
大変にぎやかなトークショーとなりました。

P1260111

当日、渡辺さんがお話されたように
番組の収録からこのようなトークショーまで
すべてアドリブでおこなわれるスタイルです。

台本もテーマも全くなく
その時、その場の状況を見て
ストーリーが流れていきます。

2度ほどご一緒した楽屋では
渡辺さんの人生経験を伺いながら
(私もいろいろとお話しながら^^)
息を合わせていきます。

ステージでは
会話をまるで織物のように
丁寧に創り上げていくやり方が
演者として、とても小気味良く感じ
勉強させて頂きました。

P1260115

さて、
日曜日の朝、テレビから
「おはようございます。渡辺篤史です。」という声に
どれだけの人が心弾み、夢を見たのでしょうか。

放送30年をゆうに超え、
また、こうして多くのファンを惹き付ける理由は
楽屋で聞いたユニークに
あらゆる苦難を乗り越えて
人生を生きてこられた
渡辺さんのお人柄だと
あらためて感心いたしました。

このように
さまざまな方との
出会いや別れがある中で
最近、確信したことがあります。

魅力のある人は
必ずといっていいほど

身にしみるような
ご苦労をされており
しかし
その苦労を乗り越えて
当時のことを明るくお話される

という、共通点。

それは
その理不尽である出来事と
苦労している自分を
まるごと受け入れ
最終的に
すべてを許しているということ。

災難が起こった時
人はどうしても
誰かのせいにしたくなります。

しかし
それをせず
すべて自分ごととして
受け入れていく。

人は本気で苦を受容できると

次に
自分を癒やし、開放すること
につながるのではないかと。


その繰り返しの中でしか
人は輝きを増し
さらに、
周りを惹きつけることは
できないのだと。

そして
その惹き付ける
存在の美しさは
他の誰かが
苦しみを乗り越えるための
力となり励みとなるのでしょう。

「魅力ある人の翳に苦労あり」

P1260123

残念なことに、最近では
「苦労は買ってでもしろ」と
言わなくなりました。

反対に
「自分の好きにおもむくままに」
という表面上の軽さだけの価値観が
支持されているように思います。

しかし、この世界は
原因と結果の法則があるように
生きていることはすでに
何かを犠牲にしていること
であるのだから
自分勝手な生き方だけでは
つじつまがあいません。

だからこそ、私たちは
常に
人のために
働き続けたいものだと。

それが、何よりの
幸せなのではないでしょうか。

このように
素晴らしい機会をいただき
ご来場くださった皆様と
主催の宮下建設、ASJの皆様
そして、渡辺さんには
感謝申し上げます。

| | コメント (0)

2020/02/03

キッチンから考える住まいづくりセミナー

P1250045
早いもので2020年が始まり、道に咲く水仙の花を見ながら
ああ、もう春がきているのだと。
あっという間に2月節分です。
だんだんと時間の流れが早くなっているように感じます。

さて、1月の終わりに長野県伊那文化会館で行われました
「キッチンから考える住まいづくり
 ~女性建築家が提案する水廻り術」セミナー

おかげさまで終了いたしました。

翌日の渡辺篤史さんとのトークショーのために
会場がとても広く、高いところからでしたので
少し顔がこわばっています^^;

P1250042
私のセミナーはいらしてくださった方が
必ず何かを持ち帰っていただくために
問題をだして
一緒に考えていくような構成としています。

家づくりの成功に秘訣は
設計をしている時にどれだけ
自分と、そして
一緒に人生をおくる家族と
向かい合うか、です。

その練習をやってもらいます。

P1250041
写真では、盛り上がっており
まるで歌っているように見えますが
真面目な質問をしていますのよ(笑)

さて、この会では、
家づくりのポイントを6つお伝えいたしました。
ライブだからこそお伝えできる大切なこと。

みなさん、
ウンウンと大きくうなづきながら
聞いてくださいました。
それを見て、ありがたいなあ、と。
すてきな経験をさせていただきました。

なんと関東からもセミナーを聞くために
いらしてくださった方もおられ感無量。

私のほうがみなさんに力を頂いた次第です。
ご来場誠にありがとうございました。






| | コメント (0)

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~