美術館巡り

2019/07/22

原三溪の美術

67063962_361296614533285_690804878068835

「原三 の美術」展を見に横浜美術館へ。
原三 は横浜の本牧にあるを作った文化人です。

67428025_404274803768563_697371050270261

とは、ほんの一部分で、茶の道や芸術を愛した人。
今回は「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」という
4つの切り口でのキュレーションでした。

日本画の発展に貢献した人だけあって
雪舟のコレクションや下村観山、横山大観など
あまり並列で見ることの出来ない作品を
同時に見ることができます。

茶道具などの展示もあり、
仏教美術や水墨画とその装丁、巻物なども含め
日本文化を俯瞰して知ることのできる展覧会だと感じました。

水墨画や巻物は特に
パースを使わない遠近法や
墨の濃淡と筆のタッチのみで描かれた
花鳥風月や僧侶達の絵は
言葉で描くことの出来ない深みを感じます。

特に、原三 の絵は
輪郭線を描かないという
独特の手法で
しかし、その蓮の絵は
三渓園でみられる蓮の美しさを
匠みに表しているな、と感銘を受けました。


67155072_372130130160164_385686093079301

さて、三園は、
日本中の古建築を移築して作られた庭園ですが
原三は、ただ単に移築するだけではなく
西に富士山を望む庭園全体をデザインするため
個々の建築を少しずつアレンジしているそうです。


67219040_445266819654227_682621626628649

日本建築は庭があってこそのものだと
私の常々心に留めて設計に努めていますが
一番大切な部分を大事にされているところは
まだ、明治時代は良き日本の思想があったのでしょう。

さて、日本美術に浸りきって横浜美術館をでると
とても賑やかでした。


67404009_914773555537840_107832545604796

人々がいい感じで水場を楽しんでいます。
老若男女、妊婦さんも。
前職では公共建築を企画してプレゼンをする時に
こんなパースを描きました。
すごく楽しい雰囲気の空間ができますよ!という絵です^^;

特に、私の学生時代はみなとみらいは
この横浜美術館以外は横浜博覧会跡地でした。
まだまだ工事現場だったのですね。


当時も、課題作成に煮詰まると
必ず一人で、この美術館へ来て
作品に触れ、対話することで
創作への力を蘇らせていました。

四半世紀(25年)経った今も
この習慣は変わっていませんが

現実として、目の前で
パースのような絵を動画見ていることに
驚きを感じた日でした。

67202137_2245480499098409_85344472180132

この原三渓展は何度か展示の入れ替えをするので
また、行ってみようと思います。
再来場は200円引きになるとか。


| | コメント (0)

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~