希望の家

2019/05/21

希望を叶える秘訣は行動すること。

Img_2351
5月18日、19日は名古屋に出張。今月は3回目です。
緑のグラデーションが美しく、移動中に見る景色も楽しい時期です。

さて、18日は希望の家でのShodo cafeのイベントでした!
ご協力いただいた希望の家のオーナーをはじめ、
cielo roastingのtak、書家の泉先生、私と
皆が色々な意味で初めての試みで、ドキドキでしたが
満員御礼で終了いたしました。

Img_2352
泉先生の上品で穏やかな指導は、生徒さん達もぐんぐん美文字に上達されていきます。
Img_2344
レッスン中はみなさん真剣です。
その間を初夏の心地良い風がカサカサと音を立てて流れていきます。

Img_2346
緊張をゆるりとほぐすのは、cielo roastingの芳しいコーヒー。
Img_2353
顔の見える人にだけ販売する、というスタイルのこだわり抜いたコーヒーは
モノだけではなくて、何か深い想いがローストされているようで
「飲める作品」とでもいいましょうか。
Img_2347
また、石黒雅江さんのお菓子はフランスのエスプリがキリリと効いて
とっても美味しい。みなさん、ホッと一息。
Img_2348
私も少しだけ参加させていただきましたよ。
Img_2350
希望の家の見学もOKでしたので、オーナーのKさんと説明をしてまわりました。
出会ったきっかけや、設計をどのように進めていったか、など。
女性が一人で不動産を買い、建築していくという不安の中、
共に考え、実現させた証をこうして前にすると、
みなさん、「私にもできるかしら!」と目を輝かせ
希望を抱いて帰られました。

ああ、希望の家!笑

また、19日は大名古屋ビルヂングにあるTOTOショールームでのセミナーでした。
おいでくださった方が、来られた理由をおっしゃってくださいました。
「世の中には色々な情報が出回っていて、
そのどれを信じるかは自分だけだと素人の判断になり迷いが出るので
専門家に直接会って意見を聞きたかった」と。

私も自分自身のことを振り返っても
ここまでVUCA(不安定・不確実・複雑・不明確)な世の中になった今、
たくさんある情報の中で最適なものを選択するのは難しい。
だからこそ、その場に出かけていき、色々なモノや人に直接会い
肌で感じることがとても大切なんだな、と身にしみています。

そして、行動することで、運が開ける、ってこういうことなんだな、と。
建築家のイベントやセミナーに出るようになって12年。
色々な方に出会い思うことです。

私の周りでも全国飛び回ってあちこち活動している人がたくさんいますが
同じようなこと言います。
動く人に運が向く。強運のスパイラル。
あ、ただし、カネや名声が目的になると叶わないみたいです…
最初はうまくいくけど、どこかでコケるから。
感謝の心を忘れずに、魂のおもむくままに。
周りの人との調和を大切に。


勇気を持ってこの二日間のイベントに参加してくださった方は
近いうちに運が開けるだろうなあ^^

ご来場いただきまして誠にありがとうございました。

また、どこかでお会いいたしましょう!

| | コメント (0)

2019/04/10

ツナガルトーク1DAY @「希望の家」名古屋市瑞穂区

Photo_3
桜の透明感のあるピンク色と新緑の緑のハーモニーが美しいですね。
さて、この度名古屋市瑞穂区「希望の家」が一日だけ書道カフェになります。

https://kibounoie190518.peatix.com/view?fbclid=IwAR24g30JcPkpU3CQ1acZ0J1kUMlc5DQbC1EnUIRzF8hTwmpWRcfpg7ED7lE

書家のIZUMI先生からは美しい文字の書き方のレクチャー。
文字はその人を表す、ように文字から美しく輝くのはいかがでしょう?

そこにTakさんの奥深い香りとお味の一口のコーヒーが
何か遠くの美しい記憶を引き出してくれることでしょう。

私からは、多田祐子B面ということで
今回は建築家としてよりもアーティスト(チャネラー)として
観念からこの三次元世界にモノを具象化していく方法など
Desgin思考と呼ばれる思考の仕方をお話します。


日々の雑多なやることに追われて
ライフスタイル、つまり生きることにフォーカスする機会は
誰しもなかなか時間も空間も持つことができません。

このイベントをぜひ活用していただけたらと思います。


| | コメント (0)

2019/03/15

雑誌LiVESに掲載されました。

20190315_10_09_08

空が春色となり、心にやわらかで新しい光が差す季節。

その春に沿うように
「希望の家」がライフスタイルマガジンLiVESに掲載されました。

20190315_10_09_46

シアワセを呼ぶ間取りの特集です。

「希望の家」は施主であるKさんが家族と住む自宅とは別に
自分だけの居場所を求めて作った空間です。

看護士さんという職業柄、人間の生死、病気や老いを目前にされており
設計の打ち合わせでも
死後硬直の話や病院で起こるエピソードのお話をしてくださいました。

また、病気のご主人をご自宅で看病されており、
それはそれは大変な日々だったと思います。

どのように人間は亡くなっていくのか、から始まり
どうしたら健康で死を迎えられるのか、ということが
この別宅の大きなコンセプトだったと言えましょう。

20190315_10_09_30_2

さて、私は女学校が仏教学校でしたので、人間の苦について深く考えたことがあります。
その時、仏教の授業でこう教わりました。(ちなみに仏教のテストもあります)

人間には基本的な4つ苦しみがある。
それは、生・老・病・死であると。

生まれてきて、歳をとり出来ていたことが出来なくなることを憂い、病いになり、そして死に向かうと。

また、さらに生きていく上で

愛別離苦(あいべつりく)・怨憎会苦(おんぞうえく)・求不得苦(ぐふとっく)・五蘊盛苦(ごうんじょうく)

この4つの苦しみがある。

愛別離苦は、愛する人との別れる苦しみ
怨憎会苦は、嫉妬や憎むこと
求不得苦は、欲しいものが手に入らない苦しみ
五蘊盛苦は、感覚や心の苦しみ

俗に言う四苦八苦とはこのことを言います。

_mg_9397_2

 

生・老・病・死の苦しみを日々目前にしている彼女の話を聞いていると、
この後の4つの苦、つまり愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦が
とても少ない方なのだなあ、と感じていました。

もしかすると、この4つの苦、つまり何かに対する執着がない人、
懐の深い人なのではないか、と。
人をもって知ることができたように思います。

自分のできる範囲でできることを一生懸命やり、愚痴を言わない。
なかなかできないことです。

しかし、病院での出来事も始終面白おかしく話してくれる彼女。
何があってもどんな時でも同じモチベーションで生きている。

だからこそ、それが徳となり
子供の頃からの夢を叶え、シアワセになれるのだと。

_mg_9363_2

そんな彼女のシアワセな遊び心いっぱいの別邸。

シアワセの秘訣はどんな時でも遊び心を持ち、喜ぶこと。

彼女から学んだこと。

詳しくは
LiVES vol.104 お手にとっていただけますと幸いです。

https://www.livesjapan.com/issue

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~