2016/09/23

建築が生きています!

_mg_8894

雨が多く、少しでも晴れ間がでてくると

とてもありがたい気持ちになります。

 

さて、最近、建築家展やお客様とお話をしていて

よく言われるコメント。

 

それは、

「 多田さんのつくる建築は、なんだか生きている感じがします。」

「ジブリっぽいです」

「トトロがいそう」

 

_mg_8936

ふふふ、トトロ、見つかりましたか?(笑)

 

とても嬉しいコメントです。

なぜかというと

裏(自分だけの)コンセプトを捉えていただけているから。

 

建築の道を志したころから

自分が手がけるものには、必ず

哲学を練り込む。

という信念がありました。

_mg_8963

X軸、Y軸、Z軸の三次元の中に

観念という螺旋状の次元を練り込むのです。

 

哲学のない建築は、

小手先のデザインテクニックに走っただけのものだったり

どこかのものをそのまま表面だけ模したものであったり

 

そのようなものが良しとされている現代の日本の風潮には

悲しみすら感じます。

アカデミックな場でさえも。です。

一部では、薄っぺらいものが良しとされ

誰かの営利のためだけに、誰かが利用されていたり。

 

私はその中には入りたくないのです。

 

では、「生きている建築」とはどのようなことなのでしょうか。

それは、

存在する人の状態によって変化する空間である、ということです。

 

人間にはいろいろな心とカラダの状態があります。

毎秒、毎秒、刻々と変化していますね。

その変化に応じてくれるような空間なのです。

 

疲れている時は、そっと包み込んでくれるような

元気いっぱいの時は、一緒にワクワク喜んでくれるような

悲しい時は、涙を拭いてくれるような

 

そう、イメージは「母のように」。

もっと言うと、

私の作る空間は「母の子宮」なのです。

 

実はこれ、私にとっては

学生時代からの大きなテーマでした。

卒業設計ではA1の大きな紙に24枚の

オイルパステルのコラージュ画を描きました。

 

当時は2次元の絵だったものが、

25年もの時に磨かれ

今こうして3次元の建築で表す事ができるようになりました。

 

そういえば、

「祐子さんの旦那さんはジブリの映画に出てきそうですね」と

言われたことが数回あります。

 

どこまでも

宮崎駿ワールドを引き寄せるワタクシのようです^^;

_mg_8991

「生きている建築」

これからも研磨して参ります。

 

 

写真は「つばさの家」

 雨宮秀也氏の撮影です。

| | コメント (0)

2016/07/06

飛行機好きが作るカタチ

20160704_135917

雨に打たれた後、半夏生や桔梗がすっと背筋をのばしているのを見ると、嗚呼美しいとため息がもれて。私たちは屋根の下にいるのだからしゃんとしようって。

 

さて、美濃加茂・つばさの家 足場が解体され、全貌があらわれました。

外壁の左官壁のテクスチャーが美しく、屋根の折れ線が見事です。

 

ちょうどこの現場定例の日は玄関と土間の豆砂利洗い出しの作業が行われていました。

20160704_140538

このように何度も何度もモルタルを拭き取り、仕上げていきます。

20160704_143512

完成。美しいですね。

20160704_145215

左官の仕事は時間との勝負。

材料が乾燥しないうちに仕上げてしまわないとムラになるため

大きな面などは大人数で一斉に仕上げます。

途中で「さあ、お腹がすいたからお昼休憩にしよう」などということができません。

丁寧さ というのは、手際の良さ があってこそ。

プロだからできることですね^^

20160704_141002

内部仕上げもだんだんできてきましたよ。

20160704_141259

洗面カウンターは無垢のスギ材。厚みが5cmほど。圧巻です^^

20160704_150438

2階子供室からの眺め。

屋根の折れ線が美しいですね。

 

もうお気づきの方がいらっしゃるでしょうが、ワタクシ、ダイの飛行機、好き。

乗ることよりも、飛行機の仕組みとカタチが大好きなのです。

学生の時は鳥人間コンテストにでる部「航空工学研究部」でした。

揚力による神秘的な翼のカタチは知れば知るほど魅力的です!

宮崎駿作品である「紅の豚」も映画館に3回も見に行きまして、飛行機の魅力を研究しました。

宮崎さんも飛行機大好きなんですよね。飛ぶシーン多いです。

 

 

つばさの家は

どっしりとした土の左官壁の横長の箱。ややもすると重たくなるのですが、

美濃加茂という水と広大な大地から軽やかに浮いているように見せたかったので

この角度で折れていて、この屋根の勾配で、このボリュームで、このカタチなのです。

軽やかに見せる工夫はもちろんディテールに随所に盛り込んでありますのよ^^

 

左官壁の仕上げのテクスチャーを計算して、このカタチをイメージしながら引いた一本一本の線が間違っていなかったことに大満足しております。

 

いよいよ7月末に完成します。

完成見学会を行いますのでぜひいらしてくださいね✨

Photo

✨イベント・セミナーのご案内

7月9日(土)セミナー

「働く女性の家事と育児をフォローする家」〜時間短縮はどこまでできるか〜@横浜ランドマークタワー

http://event.asj-net.com/public/academy/data/9063

 

7月23・24日(土・日)完成見学会

岐阜県美濃加茂市 つばさの家 完成見学会

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2016/06/post-41db.html

| | コメント (0)

2016/07/01

クリスマスの朝のようなウキウキ気分に

20160701_095033

こちら湘南地域はようやく晴れました。

明日からまた名古屋です。そして3日のトークショーで多治見へ。さらに現場監理へと向かう予定。今回もたくさん、会いたい方にお会いできるので、とっても楽しみです。みなさん、待っていてくださいね^^

 

さて、今朝 PCのメールボックスを開けると

3日のトークショーにご一緒してくださるお客様よりお便りが。

あらかじめ、質問事項を教えてください、ということで

8つほど上げさせてもらっていたのですが

その質問にとても丁寧なお言葉でお返事をいただきました。

ありがたい。

 

読み進めていくうちに

お会いしてから今までの出来事が走馬灯のように流れ

涙がポロポロ。

 

本当に ありがたい です。

多田建築設計事務所に家づくりを頼んだ理由は?という質問に 

 

「住まいは生き方を変える」

「シンプルなものこそ快適な生活ができる」

「素材にこだわる」

この3つのキーワードを聞き、ぜひ頼もうと思った。

「住まいは生き方を変える」といいきれるその潔さというか、自信に

「この人にかけたい!」と思いました。

とご回答をいただきました。

ありがたい。

 

お忙しい方なのに、お子さんを置いて

セミナーに足を運んでいただき

「この人にかけたい!」と 決断してくださった時の

愛と勇気に心より感謝申し上げます。

 

また、自分が思い描いていた夢が実現しましたか?という質問には

満足度120%です!

緑が見えるキッチン、ダイニングとキッチンが横並び、広がりを感じる空間、畳の部屋、○○○○○クロゼット、自分の部屋、土間、○○○○○場、深い軒、○○○が独立などなど、希望を盛り込んでいただきました!

そして気持ちのいい空間、はやく住みたいです。

 

3日セミナー、午後の部では

もちろん○○の部分を詳しくお話しますよ^^

 

つばさの家は7月末に完成します。

残すところあと1ヶ月。

心を込めて、気を引き締めて参ります〜。

20160627_160925

3日のトークショーでのおめもじを愉しみにしております。

7_2

7月3日(日)トークセッション

「建築家との家づくりを経験した建て主さんの話を聞いてみよう」@多治見セラミックパークMINO

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2016/06/post-2f00.html

 

7月9日(土)セミナー

「働く女性の家事と育児をフォローする家」〜時間短縮はどこまでできるか〜@横浜ランドマークタワー

http://event.asj-net.com/public/academy/data/9063

 

7月23・24日(土・日)完成見学会

岐阜県美濃加茂市 つばさの家 完成見学会

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2016/06/post-41db.html

| | コメント (0)

2016/06/28

美濃加茂 つばさの家 完成見学会

Photo

6月も終わりに近づき、ふと振り返ると、今月もかなりの充実ぶりでした。

公私共に、たくさんの人と美味しいものを食べたり、語り合ったり。

それも、いろいろな地域の人と。

だいたい、大笑いして、また会おうねって。

この感じ、なんだろう、なんだか懐かしいなあ、と思い返すと

小学生のころの感情に似ているんですよね^^

夕方、友達と遊んで、「じゃあね」という時のような。

そして毎晩、歯を磨いている時に「ありがたいなあ、しあわせだなあ」と思います。

私のまわりには、今、すてきな人がたくさんです。

 

さて、岐阜県美濃加茂市のつばさの家

建て主さまのご厚意によりまして

完成見学会をおこなうことになりました。

 

お会いしてからちょうど1年半。

「住まい方は生き方」という考え方に賛同してくださって始まった家づくり。

お父さんもお母さんも家事と育児がしやすいように工夫しています。

そして、子育てだけではなく、各々のプライベートスペースや

子供との時間、そして夫婦のための時間。

あらゆるシーンを想定して、その舞台になるような空間構成となっています。

20160627_160925

7月23日・24日(土・日)11:00〜16:00

現代のシーンにあった家づくり

どうぞお越し下さいますように。

 

7月3日のトークショーもご予約受付ております。

7_2

| | コメント (0)

2016/06/20

日本建築の美しさは骨格の美しさなのだ

20160617_162057_hdr2

空の勢いが強くなってきました。雲が夏だよ、と言っているようです。

先週も岐阜、愛知に行って参りました。

そろそろ行楽地に向かう車が多くなり

いかに渋滞を回避するかと頭を使い旅のプランを計画する頃です。

Googleマップが強力なミカタ^^

 

20160620_103335

さて、岐阜県美濃加茂市のつばさの家の現場定例にて。

7月末の完成に向けてこれから仕上げに入ります。

20160620_102152

玄関扉も完成。この扉は設立当初から、事務所の定番の意匠。

20160620_102400

リビング、ダイニング、キッチン。なが〜いので走れますね^^

20160620_102234

打ち合わせの間に、壁の下地である石膏ボードが運ばれました。

これに触ると、まっ白になります。

現場監理では白く汚れてしまうので黒い服は着れません。

20160620_102306

この住宅の目玉であるウォークインクロゼット。

どのように目玉なのかは、7月3日(日曜)のセミナーに来た方だけがわかるようになっています〜^^

20160620_102535

和室に建築化照明を施します。

電気は便利なものですが和室のしつらえには向きません。だからものすごく神経を使って設計します。

 

このように現場での細かいやり取りが、完成された美しい建築を生み出すのだと自負しています。

同じやり方なのは、有名な建築家ではアントニオ・ガウディです。彼はサグラダ・ファミリアに住みながら設計していましたから^^

私もそうしたい、と思うこともあります。

特に私の設計は、手触り、足触りといった「さわりごこち」を大切にしますので

職人さんたちとの蜜な、いえ失礼、密な打ち合わせが必須なのです^^

 

この現場は監督のIさんがとても素晴らしく、離れていても安心して任せておけます。

施工図で何度も何度もやりとりをしました。

そして何より、建築や木への愛情が深い。そこは作り手として一番大切なところだと感じています。

彼にも、トークショーに参加してもらうことになりましたよ!

20160620_102442

杉の柱と垂木(たるき)。その間に姫子松(ひめこまつ)という梁、窓上の見切り材は栂(つが)。

この部分、横にも225度の角度がついているので、納まりが複雑です。

 

こちらも大草の家に引き続き、オール飛騨高山産の木である構造材でできています。

だから、出来るだけ美しい木の肌を見せる意匠になっています。

 

構造材を見せる意匠は、人間でいうと水着姿でいるような感じ。

だぶだぶの体型では美しくありませんね。

 

そう、骨の並びと筋肉である真の骨格の美しさが問われます。

本質の美しさで勝負なのです。

このことが本来の意味での、日本建築の美しさだと常に心得て日々設計します。

禅で言うところの「真・善・美」

覆い隠すデザインは簡単です。だけど安易な方向に走ると、自分の心が許せないのです。

20160617_162302

だから、たくさん一度には設計できません。

不器用なのかもしれません。(と、だんだん演歌のようになってきましたが^^;)

 

このような芯のある建築をご一緒に作りたい!と思われる方、心地よい真心のある家づくりに挑戦してみたい方、多田祐子ってどんな人?と興味のある方

7月3日(日曜)の多治見でのトークショーにどうぞお越し下さいませ。

建て主さんと現場監督と共に

すてきなみなさまとお会いできますことを愉しみにしております^^

7_2

7月3日(日)トークセッション

「建築家との家づくりを経験した建て主さんの話を聞いてみよう」@多治見セラミックパークMINO

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2016/06/post-2f00.html

 

その後のセミナーのお知らせ✨

7月9日(土)セミナー

「働く女性の家事と育児をフォローする家」〜時間短縮はどこまでできるか〜@横浜ランドマークタワー

http://event.asj-net.com/public/academy/data/9063

 

| | コメント (0)

2016/03/09

覚悟決めた女性は美しい

20160218_120613

三寒四温というとおりに気温やお天気の激しいこの頃。

すてきな春をお過ごしですか?

 

今週末はいよいよ岐阜県美濃加茂市の「つばさの家」の上棟です。

写真は前回現場に訪れた時の写真。配筋検査の様子。

敷地の形状、周辺建物、太陽の位置、動線などを考えて

135度折れている形状となっているのお分かりでしょうか。

 

この建て主の奥様は自分の生き方を変えるために

私共に設計をご依頼されました。(ブログ過去記事へ

 

講演でお伝えしている

「住まいは生き方を変える」という言葉が心に響かれたそうです。

 

私自身も

生活を変えることで人生をガラリと変えることができたことや

数十棟の新築やリノベーションをして感じたことを根拠としています。

 

では、なぜ私の設計する住まいは生き方を変えるのでしょうか?

それは、詳しいヒアリングを元に

7年先までのライフスタイルを設計し

それに沿った住まいを作るからです。

そこには、たくさんの経験から得たアイディアが盛り込まれています。

 

夢や願い事を叶えるために

「こうなりたい」や「これが欲しい」と言うのではなく

もうすでに「こうなっている」や「これを持っている」と言え!

というのはもはや当たり前とされています。

 

まさに、この原理です。

この原則を半強制的に住まいの動線として行動してしまうように計画します。

特に、私の場合は無意識に共感覚で波動を見ながら見極めていきます。

(波動についてはまた別の機会に)

当然、毎日否が応でもおこないますから

習慣化されるというわけです。

 

うまくいく方法を知っている人はたくさんいます。

しかし、実際に行動に落とし込むことが出来る人は

とても少数。

行動しないと何も変わりませんから。

 

では、行動する人としない人の違いは何でしょうか?

それは

「覚悟を決めるか決めないか」です。

 

この配筋検査の日、奥様が

「私は設計をお願いした時、覚悟を決めたんです。

小さな頃から夢だった自分の家を作ること

そして、それで生き方が変わるのだったら変えてみようと。

だから多田先生にお願いしたのです」とおっしゃいました。

 

そう、変化を求めて、行動するには

この覚悟が必要なのですね。

 

その時

ふと見た奥さまの横顔は、きりりと引き締まった大人の女の顔でした。

それはそれは とても美しいものでしたの。

 

覚悟を決めた人の姿は美しいのですね。

金色に見えるのですよ。

まさに

その姿はこれから訪れる人生をあらわしているのでしょう^^

すてきなお話です。ありがたいことです。

 

上棟も晴れるといいなあ。  

| | コメント (0)

2016/01/19

祝! 地鎮祭  〜美濃加茂 つばさの家〜

20160116_110455

冬らしい気候になりましたね。

関東で雪が降った日は岐阜県におりました。

まずは美濃加茂市の住宅の地鎮祭へ参加。

お見事な快晴です^^(生粋の晴れオンナですから)

写真では

まるで運動会の準備をしているようですね。

敷地も広く、ゆったりとした場所。

この「場」を拝見した際にぐわ〜んと涌いて来たイメージは

広ーい草原にポッコリと派生した幾何学的なカタチでした。

もう、シンプルの極みというような。

但し、シンプルなカタチといっても白い箱だと面白くないので

(といいますか私のカテゴリーではないので)

土が隆起したような、そんなパワーあふれる形態。

20160116_113608

お客様のことは何度かブログに書かせてもらいましたが

過去記事はこちら 2つ↓

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2015/07/post-30d6.html

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2015/11/post-63b2.html

昨年2月に岐阜県可児市で行った講演を聞きにきてくださいました。

講演が終わるとすぐに「設計をお願いします」とプロポーズされました^^

 

昨年の暮れに実施設計が終わり、工事請負契約を結んだ後

「あの時、この人に賭けてみよう、と肚をくくってよかったです」

と仰ってくださいました。有り難いです。

 

ご夫妻共に一生懸命に「家づくり」に向き合い

私共から発する言葉や設計を信じてくださったのは本当に有り難いことです。

 

昨年末におこなった「きぃちゃん家」の完成見学会も

ご家族皆でいらしてくださいました。

 

地方は地方の文化があり、新しいものをつくるにあたっては

周りからの反対やご自身の中でも葛藤があったかと思います。

それでも、心を開いて全てをゆだねてくださった勇気には

心から感謝しています。

 

地鎮祭には奥様のご両親も参加されました。

すてきな親孝行になるように私も気合いが入ります^^

 

この日の太陽のように

「一生の中で今日が一番嬉しい日です」と仰った奥様の

輝かしい笑顔。

私にとっては一生忘れられない宝物となりました。

建築やっていてよかったなぁ〜^^

20160116_175935

それでね。嬉しかったことがもうひとつ。

この敷地、クローバーがたくさんはえていたのです。

四ツ葉のクローバー、ありそうだなと ふと頭に浮かんで

探すといとも簡単に見つかって(ちょっと虫食い、それだけ美味しい?^^;)

工務店の方にも

「おお!年明けから幸先いいですね」と。

 

 

実は、見つかったのは、一生のうちで初めて^^

かつて「絶対にある!と確信すると見つかるよ」と

言われたことがあって、試してみました^^

一度見つけたことのある人はまたすぐに見つかるそうです。

 

あ〜、やっぱり人間は思っている通りにしか物事は起こらないのだ、と

妙に腑に落ちた体験でした。

やはり「自分の中の思い込みが今の現実や運を作っている」のだなあと。

 

2016年  出だしから絶好調です^^

今年の目標は自分の中にある思い込みを全て手放す、です。

| | コメント (0)

2015/07/22

「ひたむきさ」が 不可能を可能にするのだ。

S20150206_205657

梅雨が明け、本格的な夏がやってきましたね。

先週末に愛知、岐阜へ打ち合わせに行って参りました。

月に2,3度のペースで中部地域へ出向くようになって

1年が経ちました。

 

その間にたくさんの方と出会い、ご縁をいただきました。

特に岐阜県では2度、講演に呼んでいただきました。

おかげさまで

「住まいに対する真剣な思い」を多くの方と共有することができました。

 

さて、先日

2日間で3つの打ち合わせを行ってきました。

その中の1つ。

基本プランを作成していたお客さまより

次のようなあたたかいお言葉をいただきました。

 

「早く、この家に住みたいです!

実は、他にも雑誌やオープンハウスで

たくさんのプランを見たのですが

ピンとくるものはありませんでした。

このプランは自分が快適に住んでいる様子を

イメージすることができます」と。

今回ご提案した設計図を手に

目をキラキラと輝かせながら。

 

すてきな彼女は

今年2月に可児市で行った講演に来てくださいました。

とても真剣に聴いてくださっているのが壇上からわかりました。

講演が終わり、その帰り道で

内容を振り返りながら

「今!今だ!多田さんにお願いできるのは!」と

なんと、引き返してくださったのです。

 

90分の講演時間、さらに質問に60分と長丁場だったのですが

それでも講演後は質問の長~い行列が出来ていたので

あきらめて一旦帰られていたのに。

お子さんたちも待っておられたでしょうに。

 

「多田さんはお子さんも育ててらして

その経験などがプランに活かされていていいです」

とも仰ってくださいました。

 

そんな彼女の家づくりに対するひたむきさに

私も体当たりしよう!と決めていました。

「ひたむきさ」を持つ人が、最近、少ないせいか

なんだか、彼女の美しい心に、打たれてしまったのです。

 

ご要望はたくさんありましたが

ご家族が快適に、豊かな気持ちで過ごせるようにと

祈りを込めて、今回のプランを完成させました。

 

ということで、15年の住宅設計の知恵と

男子2人の子育て20年の知恵+悪知恵(!?)とが

モリモリに盛り込まれたプランとなっています。

それでいて、もちろんカッコイイ^^

 

岐阜という和を大切にする文化と

新しいライフスタイルや様式美が調和する

面白い建築が出来るはず。

 

実は、このお言葉をいただいた日は

事務所設立からちょうど15年目を迎える前日でした。

ほんとうに有難く

「よし、また明日から、体当たりでがんばろう!」

と心に誓ったのでした。

 

人を輝かせることが私の楽しみであり、

生きがいであります。

人が輝くのは、生活というベースが整っていてこそ。

そのベースを美しくしつらえるのが

私の使命です。

 

これからもどうぞよろしくお付き合いくださいますように。

S20150206_205931

愛知県、なぜか観覧車をよく見かけます^^

 

 

| | コメント (2)