2016/07/08

任せるという本当の意味は

_mg_6954_2

暑さが続きます。

木の葉の緑を通して見る太陽の光は 葉脈をいきいきと映し出し

命の尊さを教えてくれます。

 

さて、この数日間は 6月までアクティブに活動してきたことを

「まとめる」という作業をしています。

こうして、次の設計に活かしていきます^^

 

 

撮影も続いたので、リリースするためにコンセプトなどを整理し

ホームページも全面的にリニューアルをかけています。

(息子に夏休みを利用して作ってもらいます)

お楽しみに^^

_mg_6861

きぃちゃん家の写真もできました。

フォトグラファーは雨宮秀也氏。

雨宮フォトオフィス http://www.hibihana.com/category/amephoto/

 

いつも自由に撮ってもらいます。

 

 

それが、

アーティストの個性を一番引き立たせるお願いの仕方だから^^

 

 

そう、振り返ると きぃちゃんのお願いの仕方もそうでした。

 

もちろん、最初は詳しーくライフスタイルや好みについてヒアリングしました。

現場監理も合わせると何十回 お会いしたでしょうか。

 

最初に大まかな「こんな感じにして欲しい」ということ仰って

 

その後、何か決めなくてはならない時には

常に

 

 

「ゆうこさんが良いと思うのなら、そうしてください」

 

 

というスタンスでおられました。

 

きぃちゃんはとてもセンスの良い素敵な方なので

 

 

「私がすべて決めてしまっていいのだろうか?」

 

と不安な一面がよぎりましたが

 

自分のセンスを信じてもらえているということに

全面的に感謝し

 

きぃちゃんから信じてもらえている 自分を信じきる!

それがきいちゃんにお返しをする全てなのだ!

 

と毎日毎日、言い聞かせました。 

 

 

こうして

きぃちゃんの家を作り上げるに従って

自分への確固たる自信も 作り上げたというわけです。

 

最後には

きぃちゃんとは姉妹のように似ている感じとなりまして

現場にいると

郵便配達の人などに

きぃちゃんとよく間違われ 郵便物を渡されました^^

 

*ここで補足です。よく聞かれるのですが

きぃちゃんと私は、昔ながらのお友達ではなく

 

2013年に「渡辺篤史の建もの探訪」を見て

「この人だ!」と ご依頼くださった方です^^

2013年7月5日(金)放送
神奈川県鎌倉市・福富邸 - 伝統美と遊び心が融合する家 -

 

人にお任せするということは

 

その人を全面的

信じること 受け入れること 尊重すること

 

それが本質的な意味合いなのだなと

 

 

これは

 

その人を選んだ自分にすべての責任があるのだ

 

と 肚をくくることでもあるのですね。

 

強引に押し通すのではなく

母のような懐の深い気持ちで見守ること

 

そうすることで

お願いされた方は

広く美しい海で 自由に泳ぐことができ

 

奇跡のような

素晴らしいものができるというわけです^^

_mg_6965_2

中庭もデザインしましたのよ。

京都、金沢、伊勢などの旅で得たインスピレーションで^^

自由に泳がせていただき、感謝です✨

 

✨セミナー、見学会のお知らせ 

7月9日(土)セミナー

「働く女性の家事と育児をフォローする家」〜時間短縮はどこまでできるか〜@横浜ランドマークタワー

http://event.asj-net.com/public/academy/data/9063

 

7月23・24日(土・日)完成見学会

岐阜県美濃加茂市 つばさの家 完成見学会

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2016/06/post-41db.html

| | コメント (2)

2015/12/02

職人と共に造り上げる 〜きぃちゃん家〜

S20151127_142631

12月に入り、寒くなりましたね。

温かいメニューが恋しくなる時

今日は煮込み料理をしながらこの記事を書いています。

S20151127_143124

さて、きぃちゃん家

先週は北鎌倉の鍛冶屋さんのアトリエまで。

ちょうど、手すりを制作中でした。

段ボールに書いてある線は現場でこのラインで行きましょう!

と原寸にした絵。(落書きではないですよ^^;)

ひとつひとつ丁寧に作ってくださいます。

鉄がボコボコとしているのは「つちめ」模様といって

これ、手加工なんです。素晴らしいですよね。

S20151202_094144

そして本日は現場定例。

いやはや、外壁の左官壁。まったくムラなし。

こちらもため息が出るほど素晴らしい出来栄えです。

S20151202_095137

内部のアール壁も左官壁完成。

こちらはコテむらが横にすぅっと通っていて

繊細なタッチに仕上がっています。

写真にはうまく写っていないのですが

トップライトから洩れる光で陰影が美しいのです^^

左官壁は陰影礼賛が肝(キモ)ですの。

S20151202_094541

食器棚も設置途中でしたが、うーん、ステキに出来ている!

これ、かなり細かいディテールにこだわって設計しました。

大成功!うまくできたなぁ。やはり神は細部に宿るのです。

たぶん、私と家具屋さんだけにしかわからないと思うのですが^^;

そのくらい細かいところです。

S20151202_095323

浴室もタイルが貼り上がっていました。

タイル割りやら施工方法やら難しかったのですがこちらも

イメージどおりに仕上がりました。

嗚呼、感謝!

S20151202_143126

さらに本日は午後の部あり。

現場定例の後、きぃちゃんご夫妻と

坪庭に植える木を見に行きました。

S20151202_094322

このように、

建築は幾人ものものづくりのプロが奏でるシンフォニー。

皆の気持ちがひとつになってようやく満足したものが出来ます。

 

私は関わった職人すべての人が「これはオレが作ったんだぞ!」と

職人さんの家族や友人達に思わず言ってしまうような

モノづくりをしていきたい という思いで設計監理しています。

 

そのためにも

菩薩のような人でありたいと

研鑽の日々でございます。

 

いよいよ完成です。きぃちゃん家 お楽しみに^^

 

 

■「きぃちゃん家」完成見学会を行います。

遠方からお越し下さる方もおられたり

有り難いです。

随分と賑やかになりそうですのでご予約はお早めに〜。

詳しくはこちらから

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2015/11/post-1373.html

| | コメント (0)

2015/11/20

薄化粧で美しく 〜きぃちゃん家〜

S20151118_133614_2

冷たい雨が落ちています。

こんな日は
あたたかいカフェオレを飲みながら
大好きな人達に思いを馳せ
窓の外を眺めるているのが好き。
 
さて、きぃちゃん家。
大工工事が終わり、仕上げに突入。 

S20151118_131123_2

外壁の左官も出来上がり
足場をばらす前に検査します。
 

S20151118_131930_2

内部では、足場をスタンバイ。
これが出来ると
ジャングルジムが大好きだった心に戻ります^^;
 
これからしばらくは塗装屋さんが主役^^
(ウチ事務所の設計は塗装が盛りだくさんですの)

S20151118_165253_2

柿渋塗り。
飴色になっていい感じとなります。

S20151118_165226_2

さて ここで見つけた便利グッズ。 
こちら なんだかわかりますか?

S20151118_165235_2

じゃじゃーん。
巾木を養生するシート。
 
但し、これだけではなく、
養生だけでも5つの手間ひまをかけていました。
そこが プロやねん。

S20151118_132511_2

きぃちゃんのお宝だった杉の無垢板。
一番美しい部分にカットしてもらいました。
 
洗面カウンターとして
新たな姿に変わるこの娘も
塗装屋さんのメイク待ち^^
 
美しさを保ち、
よからぬ害虫を寄せ付けないために
無敵の塗料を塗ってもらいます。
美人さんとして生きていくのは大変なことなのです^^

S20151118_131538_2

この玄関扉は漆塗りだね、という見解に。
こちらもリメイクします。

S20151118_170109_3

そしてそして やってきました!
キッチンに貼るタイル。
 
メタリックなところはワタクシ好みで
これを見つけた時には
心臓がバクバクとして^^
一目惚れですわ。
 
一見してぐわわわ〜っと
イメージが湧いて来て
それを興奮気味にプレゼン。
きぃちゃんも気に入ってくださり
採用されまして
かなり嬉しい〜!
 
しっとりとした左官壁と合わせて
壁を一枚の絵と見立て、仕上げます。
左官との取り合いもこだわっています。
チャレンジです!
あーして、こーして と 難しい仕事ですが
左官さんも快く引き受けてくださいました。
嬉しいなぁ。
 
写真では
きぃちゃん差し入れのおやつの中に
無造作に置いてありますが
一枚が高価なうつわ程の価値がありますのよ^^;
 
今日、足場が完全にばれてお披露目されると
現場監督から連絡があり
来週の定例が楽しみ〜。
 
■きぃちゃん家 完成見学会を行います。
12月13日(日)です!
詳しくはこちらから ↓

| | コメント (0)

2015/11/13

きぃちゃん家完成見学会のお知らせ

Photo

【きぃちゃん家完成見学会のお知らせ】

いよいよ12月に完成します。

きぃちゃんご夫妻のご厚意に甘え
見学会を行います。

------------------------------------------
<日時>12月13日(日) 
    11:00~16:00
<場所>横浜市港北区下田町
    *駐車場がございません。
     公共交通機関をご利用ください。
<建築概要>
 構造規模 木造在来工法 2階建
 敷地面積 85.13㎡(25.7坪)
 建築面積 52.83㎡(16.88坪)
 述床面積 103.74㎡(31.38坪)
------------------------------------------

* 見学をご希望の際は、
必ず多田建築設計事務所(電話0466-42-1793)まで
ご予約ください。

お名前、ご住所、電話番号、来場時間、見学人数を明記の上 
E-mail info@arttada.com まで

ご予約確定後に、案内図をお送りいたします。

*個人宅のため、家づくりをお考えの方のみの受付となります。何卒ご了承くださいませ。

| | コメント (0)

2015/11/12

現場は森林浴でお肌によろしい

S20151109_135717

涼しくなりましたね。

そろそろ大好きなブーツが履けるので嬉しい季節。

祐子先生はいつも馬に乗って登場しそうな出で立ちですね。

と言われるほど、身体にしみついているようです^^;

仕事柄スカートははけないし

いつでも どこにでも登ることができるスタイルを考えると

乗馬スタイルが一番!という私なりの解答なんです^^;

ホントはあの可愛らしい帽子も欲しい!

ヘルメット、カタチは似ているが。

 

さて、「きぃちゃん家」大工工事がほぼ完了。

これからは仕上げに入ります。

建具屋さん、塗装屋さん、左官屋さん、経師屋(障子紙を貼る職人)さん

家具屋さん、設備屋さん、電気屋さん、畳屋さん、造園屋さん

などなど、にぎやかになりますよ〜!

 

S20151109_094926

はい、きぃちゃんのお宝第3弾。

蔵戸をリメイクして玄関扉に変身させます。

難しい仕事なので建具屋さんは現場で加工します。

私は仕事の過程が見ることができるので、嬉しいのです^^

だから難しい設計にしたりして^^うふふ。

S20151104_091359

階段の力桁も現場加工です。

杉の無垢材ですよ!よく探してきてくれました!

これはギコギコとのこぎりで切らないとできません。

今までたくさんの木造建築を作ってきてますが

のこぎりで木を切る姿はなかなか見ることができません。

それでね、次第に現場中が森林浴になるのですよ。

S20151104_122419

段板を取り付ける前。

無垢の存在感は素晴らしいですのう^^

S20151109_135727

「ゆうこさん、これは何? 」ときぃちゃんに聞かれ

「フラフープです」な〜んて^^;

ふふ、秘密兵器ですの。

S20151109_135818

さらに、きぃちゃんのお宝第4弾。

欄間。

光がいい感じで差し込むので大成功だな〜と自画自賛^^

と、まだまだお宝は続くのです〜。

これからがお楽しみですね。

| | コメント (0)

2015/10/25

才能は育てるものだ

S20151021_121814_2

過ごしやすい季節となりました。

現場でも快適に監理できます。

一年でも僅かしかない、貴重な季節。

ほとんどが「暑い!」か「寒い!」なんですもの^^;

 

さて、「きぃちゃん家」

断熱材も入り、R面の感じが少し表れてきました。

 

はい、気づかれましたか?

棟梁が仮設の階段を作ってくれましたよ。

 

階段を上がったところは和室。

さらに、ロフトにつながります。

お楽しみに^^

 

見た目には代わり映えしない時期ですが

作り手も監理者も一番留意しなければならない時。

すべての職人さんたちと思いをひとつにしておくことが大切。

 

 

この時期は

朝から現場入りして、気づいたら午後2時!ということも。

 

長時間の監理でへとへとになりますが

「よし、これでうまくいくぞ!」と達成感が。

 

終わった後は心地よい疲れで

心の底から 幸せだな、と感じます。

 

モノづくりは進化です。

昨日と同じでは意味がない、と考えています。

何かを生み出すのは手間とエネルギーと時間がかかるものです。

 

そうそう、定例にはきぃちゃんご夫妻も参加してくださって

現場でしか決められないことなどが早く解決します。

 

そして、きぃちゃんから差し入れが^^

S20151008_135843

はあとの最中。

 

糖質がダイレクトに脳を刺激し

インスピレーションが降りてきます^^有り難い。

 

S20151008_135615_2

定例後に現場監督が議事録をまとめます。

項目は30から40項目くらい。

手間のかかる仕事ですね^^;

 

好きでないと続かない。

でも、好きこそものの上手なれ という言葉もありますね。

 

よく、才能があっていいですね、と

言われるようになりましたが

それはちと違うよ、と思っています。

 

才能とは生まれもってのものではなく

コツコツと作り上げていくものだと

 

そう、赤ちゃんを産んだからすぐにお母さんになるのではなく

子供の成長と共に、「お母さん」となっていくように^^

| | コメント (0)

2015/09/30

ドラえもんのポケットのように無限なのだ

S20150927_131806

田畑が黄金色に輝く、日本の豊かさを象徴する美しさを

堪能できる季節となりました。

コスモスの桃色グラデーションも優しくて大好きです。

先週末は松本へ打ち合わせに。

S20150927_154813

敷地お隣のりんご畑のりんごの実、赤く色づいていました。

自然の色彩とはなんて美しいのでしょう。

春と秋には水彩で風景画を描きたくなります^^

 

さて、昨日はきぃちゃん家の現場へ。

構造設計の検査と中間検査、定例打ち合わせと盛りだくさん。

打ち合わせの途中で日が落ちてしまいました。

秋は夜。美しい空でしたね。

S20150929_175212_2

現場監督にお願いして照明をつけてもらいました。

うーん、夜がかっこいいんですよね。やはりこの空間。

なんたって、共感覚はジャズですから。

S20150929_171813

さて、暗い大人な空間になる現場にて

棟梁と打ち合わせです。

きぃちゃんの宝物第一弾、檜の一枚板、計2枚。

これをどこかに活かして欲しいとのことで

今回は玄関の式台と洗面カウンターに使用します。

S20150929_172714

こちらは、力強い迫力がある男性的な雰囲気。

ライザップで鍛えたイケメン、といったところ^^;

なので、玄関の式台です。

木目や面皮を活かしたところをどのように使うか?

チョークで指示してあります。

S20150929_172643

そしてこちらは流線型が美しい女形。

色白肌できめ細やかな美人さんです。

だから、洗面カウンターに。

もちろんこのままではなく

一番美しい状態で存在してほしいので

ある仕掛けをしてます^^お楽しみに。

S20150929_173019

そしてこの二枚はプレーナーをかけられ美しくなるために

加工場へ運ばれていきましたとさ^^

 

さてさて、ここはきぃちゃんのお部屋。

この窓の高さやプロポーションは

20年前にスペインのグラナダ

アルハンブラ宮殿近くにステイした際

宿泊したホテルの窓を思い出して決めました。

 

窓からは、グラナダの町並みと青々とした空が一望でき

その光の入り方がとても妖艶で美しかったのです。

窓は大きければ良いというものではないのだ、と

腑に落ちた瞬間でした。

 

2階キッチンの窓もほぼ同じプロポーション。

みなとみらいの街並みと青い空が美しく切り取られ

ダイニングキッチンには柔らかな光を取り込んでくれることでしょう。

 

このように私の頭の中の引き出しには

いくつものお宝がしまってありますのです^^

20年前のものでも全く色あせていません。

 

これから数日はこの引き出しをフル活用して

実施図面を描く予定です。

とっても楽しいひとときを過ごします〜!

| | コメント (0)

2015/09/17

真のデザイナーはストイック

S20150916_100252

雨の多い初秋。

田んぼの稲穂がたわわに実り早く稲刈りしないと

とやきもきしてしまう

老婆心いっぱいの今日この頃。

横浜にも田園風景があるのですよ〜^^;

 

さて、昨日はきぃちゃん家の現場定例会議でした。

きぃちゃんとご主人も出席され

現場を見ながら、確認作業など。

 

S20150916_095549

雨が多いので外壁まわりから固めます。

今日は応援を呼んでサッシを付けてしまおうという作戦のよう。

 

S20150916_100108

天井は垂木現し

これに塗装して仕上げます。

連続する木の影がアールの壁面に

美しく現れる仕組み。

 

ご近所でも話題の現場になっているそうです。

カタチをはじめ、窓の取り方もレベルも何もかも

多くの人の頭の中にある「家」のイメージを

くつがえすものになっています。

それはそれは気になるでしょう^^

 

 

多田設計事務所のオリジナルの表札に

ポストも金属で制作になりそうで

現在、頭の中でイメージがぐるぐるしています。

 

やはり、美しいデザインは

細部までこだわらないと

完成しない

身にしみて経験しています。

 

まあ、いっか、

そのゆるみが

「醜」に向かう一歩なのかな。

 

ウエストのゆるみと同じかも〜^^;

 

デザインを生業にするということは

その道では「ストイック」に生きること

なのでしょう。

 

鍛えて、鍛えて、鍛えるしかない世界。

無駄なものを極限まで削ぎ落とす。

 

だから、デザインを起こす時は

限りなく小食にしていきますの^^

 

 

かっこいいデザインのインスピレーションが

降りてきますように〜。

 

ごはん作るの忘れないようにしなくては^^;

 

 

 

| | コメント (0)

2015/09/07

祝!上棟。やっぱり晴れたよ、きぃちゃん家。

S20150902_141335

9月2日に晴れて「きぃちゃん家」上棟しました。

はい、晴れました!

 

棟上げの作業はついたちから二日間で行いました。

今回複雑な形状をしているのと、一部鉄骨を使っているためです。

 

最近の雨の続くお天気の中でとても気がかりでしたが

1日目はしとしとの中で行われ

2日目は朝、なんと、どしゃぶり。

「おかしいなあ」と思っていたのですが

やはり、11時くらいから、カラリと晴れ、快晴となりました。

きぃちゃんとワタクシの晴れ女パワーは強烈なのでしょう^^

S20150902_141408

今回外壁のアール面はコストなども鑑みて

木部は直線からアールを作り上げていく工程。

躯体はしっかりと組み上がりましたから、これから造作がミモノですね。

S20150902_141835_hdr

最近、ワクワクして夜中に目が覚めます。

あの部分、こうしたらキレイに仕上がるかな?とか

こっちのほうが良くなるかな?とか。

そんな話をすると、

「で、朝起きたら忘れてるんだろ?」などと冷たいことを言う人が!

確かに、朝は忘れていることが多いのですが、

また思い出すので大丈夫!(たぶん)

しかし、枕元にスケッチブックは必須アイテムです^^;

S20150902_142914

今回は敷地条件やライフスタイルから、

2階以上が生活するステージになっています。

キッチン、ダイニング、リビングなど。お風呂も2階。

眺めと風の流れがステキなのです。

S20150902_143215

さて、2階以上といいますのは

2階からレベルが入り組んでいまして

スキップフロアの断面構成です。

さらに別動線で、屋上にあがるペントハウスもありますのよ^^

S20150902_143319

今でも、自分たちで描いた図面を見て

よく設計できたなぁ、と感心してしまうほど

手が込んでいます。

 

上棟では、プレカットといって

あらかじめ工場で木材のカットや穴あけをしてきます。

コンピュータで入力され

天然水工場のような仕組みで

(最近、工場見学しましたので)

材料が出来上がります。

 

まず プレカット図という施工図をおこして

打ち合わせするのですが

今回の工場の担当の方がとても頭の切れる方で

木材と鉄骨の取り合いや

アール面の材どうしの絡み方など

とても美しくまとめてくださいました。

 

やはり、誰ひとり欠けてもいいものはできないのですよね。

 

いい人たちに恵まれて幸せものだと

思う日々でございます。

 

| | コメント (2)

2015/08/21

新鮮に感じた「けじめ」という言葉

S20150821_101554

夏休みが終わり少しだけ涼しくなりました。

休み明けより、いくつかの基本プラン作成に没頭し、

アトリエにこもりがちでしたが

本日はきぃちゃん家の現場へ打ち合わせに行ってきました。

 

コンクリートの型枠がはずされ、基礎が仕上がっていました。

設備の配管工事の途中です。

水色とピンクのホースのようなものは、

さや管ヘッダー方式という給水のための配管です。

水色が水、ピンクがお湯です。

S20150821_101627

 

到着すると、現場監督がお掃除をしていました。

現場は整理整頓が基本です。

 

いい仕事をする人はどんな職種であれ

キチンとしている人が多いです。

 

では、キチンとってどんなこと?

これは、この世の法則のように思えるのですが

ひとつひとつのことを始末する

つまり、立つ鳥跡を濁さず。

 

必須に感じます。

 

先日、中学生の息子が今日の料理という番組を見ていました。

土井善晴さんが子供達にお料理を教えているシーン。

 

和の朝食としてたまご焼きやみそ汁の作り方を

教えてらっしゃいました。

 

その中で

ふきんをいつも手元に置いておくと

まな板や包丁の水気やよごれを

ひとつ何かやった後にさっと処理できるのでよいですよ。

 

これが、「けじめ」になりお料理が美味しくなるのです。

 

のようなことをおっしゃっていました。

 

「けじめ」をつける。 

最近聞かなくなった言葉ですね〜。

 

私も料理のうまくなるコツは

これしかない、と思うようになりました。

高級食材やたくさんの調味料なんかいらないなあって。

 

身体の芯までぐわ〜んと美味しさが沁み渡るお料理は

普段の材料でシンプルに作ることができます。

家庭での普段のお食事は沁み渡りたいですよね^^

 

と、ここで「けじめ」は忘れてはなりません。

 

主婦暦20年経って思うのは

普段の基本的なことをしっかりとやることが

家族の心と身体の健康につながるのかと。

特別なことって何にもいらないのだなあ、と。

 

さて、お料理は最近この方のレシピを参考にしています。

 

白ごはん.com 料理研究家 冨田ただすけさん

http://www.sirogohan.com

 

日常の日本的なお料理を普段あるような調味料で

とっても美味しくつくる研究をされています。

この夏、ゴーヤチャンプルは何度も作りました!

S162_2

ユニークなゴーヤの下ごしらえの仕方や

お豆腐も一時間水切りする。

お塩とコショウのみのシンプルな味付けで

こんなに美味しくなるとは!

 

だしの素やレンジでチン!などが登場しないところが好き^^

 

手間をかけるって何と贅沢なことなのでしょう!

 

よく、仕事ができる人はお料理もうまい、と言われますよね。

これ、すべてのことに「けじめ」をつけて生きているかどうか

なんでしょうね〜。

 

と、いつも自分にも言い聞かせています^^

 

実は、我がアトリエの方針もこれ。

創業以来、 15年続いています。

昔から使われている質の良い材料でシンプルに作る。

どんなことにも真摯に向き合う。

自分の目と手で確かめる。

二人で4つの目を光らせ、手を動かしています。

頭は2つしかないけどね^^;

だから、年間6棟限定。

世の中とは実はシンプルなものなのだ^^

 

 

| | コメント (0)