2012/05/29

充実した時間は高価な美容液よりも効果が

432064_218138158279423_100002497222

23日 赤レンガ倉庫で建築家展

快晴。展示するパネルや模型を設営するために10時到着予定。

かなり早く着いたので、テイクアウトでコーヒーと夏目漱石の虞美人草を手に港に向かう。

学生時代、設計の課題に行き詰った時は必ず、関内界隈を歩いて、海を見にいったもの。

その時は夕日を背にしていることが多かったのですが…こうして清々しく朝日を見るのも良いものだなあって。

世界一美味しい朝食は私にとっては朝日かも^^;(赤レンガには、そう、あの ビルズもあります…)

続きを読む "充実した時間は高価な美容液よりも効果が"

| | コメント (0)

2011/06/14

願えばかなうって本当なんだね。

Sh3k01070001

海岸から吹く心地良い南風。

香辛料の芳しい香り。

時がゆっくりと流れるため?それとも

続きを読む "願えばかなうって本当なんだね。"

| | コメント (0)

2011/06/07

葉山一色の家 ご紹介いただきました。

先日の見学会にお越しくださったDharmaさんがご自身のブログに葉山一色の家の記事を書いてくださいました。

雨の中、渋滞の中ご主人とお二人で起こし下さいました。

来てくださっただけでも有難いこと、さらに素敵な記事にしてくださって。。。

感無量です。

オープンハウス 〜 葉山・一色 お料理教室

Dharmaさんのブログはセンス抜群で面白いので、ぜひどうぞ!ガーデニングやインテリアのお話など盛りだくさんです^^

続きを読む "葉山一色の家 ご紹介いただきました。"

| | コメント (2)

2011/05/31

葉山・一色の家の見学会ではお世話になりました。

Photo_3

葉山・一色の家の見学会を無事に終えることができました。

あいにくの雨、さらに葉山までは渋滞に出会うことが多いのですが、お帰りの際には笑顔で「来て良かった」という言葉をたくさん頂きました。お茶もお出しするとこが出来ないのに、本当に有難いです。

 

この見学会は、家づくりをお考えの方に参考に見ていただくという目的のほかに私達が大切にしていることがあります。

それは

続きを読む "葉山・一色の家の見学会ではお世話になりました。"

| | コメント (2)

2011/05/24

祝!竣工 葉山一色の家

P5216103_4

葉山一色の家が完成しました。

お客様との出会いが1年3ヶ月前。

最初に出会った瞬間は今でもしっかりと記憶に残っています。

そして

続きを読む "祝!竣工 葉山一色の家"

| | コメント (0)

2011/05/11

葉山一色の家 完成見学会のお知らせ

Sawa02

葉山一色の家 完成いたします。

震災の影響で遅れていたキッチンが無事に入り(写真のキッチンではなく、実はもうひとつヒミツのキッチンがあるのです…)いよいよ完成します。

今日は植栽の位置や照明器具、家具工事の最後の打ち合わせをしました。

手前に映っているワゴンも作ったもの。取っ手の部分は既存に植わっていたサクラの木を使っています。下の部分は引き出しになっていて、クロスやふきんなどの収納に便利です。このワゴンは奥様のワークスペースのカウンターにぴったりと納まるように作られています。また追々ご紹介して参ります~^^

実はこの発想、長いことあたためていたモノなのです。

むか~し昔、私がまだ博多少女だったころ、トムとジェリーというアニメをやっておりました。30分の中で3つのストーリーになっているのですが、その真ん中のお話の中に、、、いろいろな仕掛けのあるキッチンという内容のたいへん面白いものがありました。それを見るたびに胸をおどらせて「私もこんなに便利で面白いものを実際に作ってみたい!」と少女ながらにも夢を描いていたわけです。(この中間のお話をまた見たいのですが…どなたかご存知の方いらしたらぜひ教えてください)

そしてその夢を約30年後に実現することができました。30年間あたためていたアイデアです。

よく「どこからこのような発想が次々と生まれるのか?」ですとか、「いったい何をしているのか?」とか「多田さんの頭を割って見て見たい!」とまで言われます。

頭は割られたくないので、理由を考えてみました。

私は小さい頃から建物やら家具やらが好きで、マンガからでも自然からでもなんでも吸収していました。また想像することがとても好きでしたので、普段の生活の中で知らず知らずのうちにどんどん蓄積されているようです(でも、試験勉強は大の苦手でした^^;)

また、「面白い!」と感じたものは、自分の美学にあてはめ、その場で「私だったらこうして作るなあ」とイチイチ検討します。つまり物心ついてからこれまでずぅっと頭の中で何かをデザインし、作っている感じです。これだからアイデアは枯れないのでしょうか。モチネタは90歳くらいまでは枯れずにいることでしょう^^(←それまで生きているつもりなのか?)

実際に試行錯誤して作ってくださった家具職人の佐藤さん、谷口さんに感謝すると共に、私のこの頭の中にあるプランを信じて託してくださった建て主さまには心よりお礼申し上げます。

その建て主さまの御厚意によりましてこのたび完成見学会をおこなうこととなりました。

頭は割ってお見せできませんが、出来上がったモノをぜひご覧ください~。

家づくり・リフォームなどをお考えの方、どうぞお越し下さいませ。

日時:5月27日(金)・28日(土)10:30~15:30(完全予約制)

見学ご希望の方はメールにてお申し込みください。

*お申し込みの際は必ずお名前・ご住所・お電話番号・ご希望の時間帯を明記してください。

*12歳以下(小学生以下)のお子様連れのお客様はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2011/04/26

木とのお見合い

Sh3k00710001

植栽に使う、ヒメシャラの木とオリーブの木を選びに植木屋さんへ朝一番で出かけてきました。

木にもそれぞれ個性があるので、ひとつひとつ見ながら、建築と街並みに調和する表情のものを探します。木美人を探すのです。

そして気に入ったものを見つけたら、造園屋さんとどの向きに植えるかを決めます。木にも裏表があるから。木をじっくり観察すると面白いですよ~^^

Shara_2

ひめしゃら美人。みつかりました。婚約指輪の意味をもつ赤いリボンが巻かれました。

それにしても空気はおいしいし、お天気は良く(晴れ女ですから^^)すがすがしい朝。丹沢の山々を背にしてとても気持ちの良いところでした。このひめしゃら美人の下にアマガエルがいるのを発見。アマガエルって環境の良いところにいるんですよね~。

ちょうど新緑の季節なので緑は黄緑色から深緑までのグラデーションで美しく、花は白や薄紅色でたわわに咲いていて。嗚呼、自然ってやっぱりいいな~。お弁当持って遠足に訪れたいくらい。楽しい仕事の中のひとつです^^

 

このように建築を仕事にしていると、自然とのかかわりを考える機会が多いのですが、

都会の生活と自然の生活、どちらが人類にとって良いのだろうか。と5、6年前まではぐるぐると考えていた時期もありました。でも今ではどちらも良いし、どちらも必要だと思っています。

都会は都会での楽しみ方があります。同じように自然の中では自然の中の楽しみ方があります。もちろん、それぞれのデメリットも同じようにありますから。

そのメリットとデメリットをしっかりと踏まえたうえで、ルールを守りながら楽しむことが一番大切なことなんだな~と。その良さをしっかりと味わうのに必要なものは、自分の軸をしっかりと持っていることでしょうか。つまりどちらが良いかではなく、自分がどう捉えるかなんですね。

さて両方がバランスよくうまいこと味わえる国といえば、イタリアでしょう。国内だとやっぱり故郷である福岡県かな~。

都会と自然とがうまく合わさっている地域は文化などの質が高いように感じます。他の動物とは違って「文化」というものを持つ生き物「人間」にとって、おそらく気候や地形などが良い按配なのでしょう。伝統を大切にしながらも最先端を生み出すところは共通点があります。ヒューマンスケールな点など。さらに言えば明るく楽天的で情にもろい、とか^^

そうそう、この植木屋さんの親方は代替わりしたようでスマートな感じの好青年。案内してくれた造園屋さんも若くてとてもしっかり者。そんな好青年達の後ろを私はひょこひょことついていったのですが(楽しい仕事のひとつ?長生きしよう~^^)彼らの歩く後ろ姿が時代劇で見る武士のように腹の据わった美しい歩き方だったのを見て、「日本男子も頑張っています!どうぞ地を揺らすのを静めてください~」とおもわず手を合わせたのでした。

| | コメント (0)

2011/04/22

かっこいいの先にある優しさ

Sh3k00450001_2

葉山一色の家に光がさしていて思わずパチリ。

この後、外構工事を行ないます。門扉をつくり、緑をたくさん植えますよ。

建物はいろいろな角度から見るとそれぞれに面白い表情があります。イメージしていたとおりのものができたなぁって。毎回毎回ですが、感動します。作ってくれたすべてのひとにありがとうって感謝しながら。

自分の住んでいる建物をマジマジと見る人はあまりいないでしょう。日本は寂しいなあと思います。自分の住んでいる街の風景のある一部分を形作っているのは実は自分の住まい。愛着のある魅力的な街を作るためには、そう、ひとりひとりの建物に対する想いが大切なのだけど…。

このようにつらつらと考えていた夜、テレビにて。安藤忠雄氏が、「エコタウンというのは何も近未来の建物を作るのではなく、住む人ひとりひとりの慎んだ生活がエコタウンをつくっていくのだ」というようなことを言ってました(かなり要約しています)

ほうほう、これは私も同じ意見だな~と。次の日夫に話すと、「そうだよ、ぼくも同じように考える」と言っていました。

例えば、オーケストラでどんなに優秀な指揮者がひとりで指揮棒を振っても楽器を演奏する人が音を出さないことには音楽にならないのと同じこと。

また、誰にでも出来るエコって慎み深く生活することだと思います。自分の働きで出来ることは不精せずに動くとか。運動不足解消といって、車で冷暖房完備のスポーツクラブに行き、電気を使って動くマシンの上で走るのではなく、家の周りを掃除するとか、窓拭きするとか。

そうそう、そのテレビを見ていてとても感じたのが

建築家が作る建築は「なにかカッチョイイモニュメントのようなもの」と考えている人が多いのだな~って(一部このような意識の建築家もいますが)実はそうではなくて、そのカッチョイイモニュメントの間にある空気とか人間の営みや意識を作っているのだけどね~^^安藤氏もこの点をしきりに語っていましたが、結局聞き手の方には届かなかったみたい。

| | コメント (0)

2011/04/07

みんな幸せになりたいんだ

Sh3k00250001

未来の竜宮城にイタリア製のガラスモザイクタイルが貼られました。

こうしてひとつひとつ出来上がってくると、最初に頭の中に描いていた空間が現実となるので、不思議な気分になります。

続きを読む "みんな幸せになりたいんだ"

| | コメント (0)

2011/03/31

葉山の竜宮城

P3295969

先週の中くらいからやっと「普段の生活」に戻りつつあるようです。

葉山一色の家も地震後は納期未定のものがたくさんあり、心配していました。

それでもだんだんと揃ってきて少しずつ通常業務にもどりつつあります。

待ち望んでいたキッチンが無事に設置されました。

続きを読む "葉山の竜宮城"

| | コメント (0)