家具づくり

2019/07/04

ライフスタイルの劇的な変化~多治見の家

Photo_20190701103702
リノベーションを行うにあたって
私が重視しているポイントの
3つめは、ライフスタイルの劇的な変化への対処です。


40年くらい前までは、 
台所は北側でお母さん一人で作業する場所。
食事は畳の上のちゃぶ台で。
浴室はモザイクタイルで冬は寒くてお掃除が大変。
電話は一家に1台玄関に黒電話が鎮座する。。。
といった時代。
令和となった今、昭和レトロな話とも言えましょう。

Photo_20190624140307

しかし、今では、
家族皆でお料理して、ダイニングの椅子に座って食べる。
浴室はいつでも暖かいお湯が沸いている。
1人1台スマートフォンを持ち、LINEで会話する。

Photo_20190624135804

大工さんが独りで現場も監督して、
職人をまとめながら
家を建てる。
今までの作り方では、クライアントの期待する家は
到底作れません。
あまりにも多様なライフスタイルとなり
また、住まいの持つ機能は電力を使い複雑になっています。

住宅設備をはじめとし、
多種多様な業者が関わらないと現在の住まいは完成しません。

また、出来上がるまでに、選択肢も無限にあります。
建築確認審査機関の目も厳しくなっています。


さらに、専業主婦という言葉もなくなってしまうほど
共働きのライフスタイルが増えています。
専業主婦のいる家と共働き夫婦の家では
家事動線が違ってくるのは当然。
また、畳の生活から椅子に座る生活になりましたので
昔ながらの間取りでは使いづらいのは周知のとおり。

400pxmaslows_hierarchy_of_needs

そして、寿命が長くなり、
セカンドライフという時間軸ができました。
おおよその人が、自己実現を目指していきている時代。
それをバックアップする機能も必要です。


Photo_20190624140302
しかし、今は忘れられている日本の住まいの良さもあります。
土壁や土間空間、和室や障子などの和の意匠。
日本人のDNAに組み込まれている
京都や鎌倉へなぜか行きたくなる心理。

Photo_20190624140306

その両方を兼ね備えた住まいを作ること。
それには、日本古来の意匠を知り、
現代の生活スタイルに沿ったデザインにしていくことが必要です。
つまり、住まいのイノベーションですね。

Photo_20190624135702

それと、私が最近、切に感じるのは
「女性」が主体の建築をつくることへの面白さ。

女性の時代は底辺からジワジワと押し寄せているようです^^








 

| | コメント (0)

2012/02/08

案ずるより産むが易し

120208_135501

家具の扉のサンプルをかずちゃんが持ってきてくれました。この家具は私にとってこれからの人生の師匠とさせていただいきたいと願っている方の住まいのものです。

今回、恐れ多くもこのように家具デザインの機会を頂きました。在り難き幸せ。

冷たい雨の月曜日に師匠と細かい仕様やデザインを決めました。これから製作に入ります。

このように 

続きを読む "案ずるより産むが易し"

| | コメント (0)

2011/05/20

無垢材のテーブルは食卓の背景にどうぞ

Sh3k00940001

今日はとても良い天気。晴れ女の私が晴れ女のお客様のところにお伺いする日は効果は二乗となるようでいつも快晴。

「お住まいになって見て考えましょう」といっていたものを今、検討しています。こうしてお声かけいただけることはとても有難いことです。

そして、手がけた建築に出会えることは我が子に会いにいくのと同じくらいワクワクします。設計をしている時、図面を描きながらこう考えています。自分の心の中だけのことですが…「ここに花を活けると素敵だな~」と思う箇所を作るのです。

おじゃました時に、どんぴしゃり、そこにさりげなくお花が活けてあったりするのを見ると、感動です。うるうるします「あ~、言葉でなくても空間であい通じるものがあるのだ」と。

今日は

続きを読む "無垢材のテーブルは食卓の背景にどうぞ"

| | コメント (2)

2011/05/19

神は細部に宿る

P5176065_2

ダイニングテーブルの天板の加工が完成したということで見てきました。

このダイニングテーブルは2m70cm×1m10cmの大きさ。天板の板は4cmの厚さ。

樹種はメープル。とても女性的な肌で透明感のある色白美人。

お客様からの要望は、ゆうゆうと8人掛けられること。さらに人数が増えても足がテーブルの足に当らないこと。それでいて美しく、堅牢であること。との厳しい条件。

さらに私自身の美学も厳しいので、いばらの道です。

実はこれは第2案。随分と悩み、デザインしている間は深い井戸の中をさまよい歩きましたが、こうして出来上がってくると、いやはや美しく仕上がっており、感動。

今回はCADで描けない線を表現したくて、私の手書きのスケッチをもとに、1ミリ2ミリのせめぎあう指示で職人さんにはかなり無理を言ってお願いしました。

近代建築の巨匠の一人であるミース・ファン・デル・ローエが「神は細部に宿る」という言葉をよく使っていたようです。私も、ものづくりという世界で生きていく中で、辛くて、苦くて、すっぱくて、あ~まい経験を重ねることに「実にそのとおり」と、ディティールの大切さを痛感しています。

あまりに細部の神様にお願いしたので、出来るかな~、大丈夫かな~とドキドキしておりました。

工場で養生を取ってもらい、天板を見た瞬間

うわぁ、出来てる~、スケッチどおりだ!とそれはそれは感動しました。本当に有難いことです。

さてこれから、血と涙と汗の結晶である人数が増えても邪魔にならない足!の作成です。

出来上がりは今週の日曜日。とっても楽しみなのです^^

そして、また今、テーブルのデザインを考え、深い井戸の中で細部の神様を探しているところ。

| | コメント (0)

2011/05/11

葉山一色の家 完成見学会のお知らせ

Sawa02

葉山一色の家 完成いたします。

震災の影響で遅れていたキッチンが無事に入り(写真のキッチンではなく、実はもうひとつヒミツのキッチンがあるのです…)いよいよ完成します。

今日は植栽の位置や照明器具、家具工事の最後の打ち合わせをしました。

手前に映っているワゴンも作ったもの。取っ手の部分は既存に植わっていたサクラの木を使っています。下の部分は引き出しになっていて、クロスやふきんなどの収納に便利です。このワゴンは奥様のワークスペースのカウンターにぴったりと納まるように作られています。また追々ご紹介して参ります~^^

実はこの発想、長いことあたためていたモノなのです。

むか~し昔、私がまだ博多少女だったころ、トムとジェリーというアニメをやっておりました。30分の中で3つのストーリーになっているのですが、その真ん中のお話の中に、、、いろいろな仕掛けのあるキッチンという内容のたいへん面白いものがありました。それを見るたびに胸をおどらせて「私もこんなに便利で面白いものを実際に作ってみたい!」と少女ながらにも夢を描いていたわけです。(この中間のお話をまた見たいのですが…どなたかご存知の方いらしたらぜひ教えてください)

そしてその夢を約30年後に実現することができました。30年間あたためていたアイデアです。

よく「どこからこのような発想が次々と生まれるのか?」ですとか、「いったい何をしているのか?」とか「多田さんの頭を割って見て見たい!」とまで言われます。

頭は割られたくないので、理由を考えてみました。

私は小さい頃から建物やら家具やらが好きで、マンガからでも自然からでもなんでも吸収していました。また想像することがとても好きでしたので、普段の生活の中で知らず知らずのうちにどんどん蓄積されているようです(でも、試験勉強は大の苦手でした^^;)

また、「面白い!」と感じたものは、自分の美学にあてはめ、その場で「私だったらこうして作るなあ」とイチイチ検討します。つまり物心ついてからこれまでずぅっと頭の中で何かをデザインし、作っている感じです。これだからアイデアは枯れないのでしょうか。モチネタは90歳くらいまでは枯れずにいることでしょう^^(←それまで生きているつもりなのか?)

実際に試行錯誤して作ってくださった家具職人の佐藤さん、谷口さんに感謝すると共に、私のこの頭の中にあるプランを信じて託してくださった建て主さまには心よりお礼申し上げます。

その建て主さまの御厚意によりましてこのたび完成見学会をおこなうこととなりました。

頭は割ってお見せできませんが、出来上がったモノをぜひご覧ください~。

家づくり・リフォームなどをお考えの方、どうぞお越し下さいませ。

日時:5月27日(金)・28日(土)10:30~15:30(完全予約制)

見学ご希望の方はメールにてお申し込みください。

*お申し込みの際は必ずお名前・ご住所・お電話番号・ご希望の時間帯を明記してください。

*12歳以下(小学生以下)のお子様連れのお客様はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2011/02/25

作ること 考えること

P2225894

家具が現場に入りました。

しっかりと養生されているので中はまだ見ることが出来ませんが…

こうして少しずつ出来上がってくると

次々とイメージどおりに出来ていくのが面白い。

この収納

続きを読む "作ること 考えること"

| | コメント (0)

2011/02/16

未来のワタシのスガタはね

P2155889

ワークスペースにカウンターを設置します。

家具屋さん作成の型紙で原寸大検討中。三畳ほどのスペースにこのカウンター。

ですから迫力あります^^

北鎌倉の家をご覧いただいた際、お客様に「このようなカタチのものが好きです~」という有難いお言葉を頂きましたので

第二弾を作ります。さらに今回は、

続きを読む "未来のワタシのスガタはね"

| | コメント (0)

2011/01/22

手は口ほどにモノを言う 目じゃないのか?

Ts350883

テーブルのデザインを考え中。建築の神様が降りてきたのがおとといのこと。

スケッチをおこして、昨日の午前中にCADで図面に。

工場と打ち合わせをしてどのように製作するかをご相談

うまく出来そうでよかった。

「あの~、この35mmはこちらの40mmに合わせられませんか?」

「できれば35mmで作りたいのですが、出来ませんか?」

「むむむ…

続きを読む "手は口ほどにモノを言う 目じゃないのか?"

| | コメント (0)

2010/10/01

イケアとの再会

Ts350854

初めてイケアに行ってきました。かなり出遅れていますか?

私がイケアを知ったのは ビジネスモデルから。

カール・へンリク・ロベール氏のナチュラル・チャレンジという本。

この本の中でひとつのビジネスモデルとして事例が出て それで。

こんなに身近なものとなるとは思ってもみませんでした。

 

しかし 最近になって 仕事でもプライベートでも 家具の話になると

必ずといっていいくらい「イケア」という言葉と出会うようになり。

続きを読む "イケアとの再会"

| | コメント (2)

2007/04/25

美術品酔い

100_0149

昨日はある住宅のリビングに置く予定であるテーブル使うカウンター材を見に出かけました。

続きを読む "美術品酔い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~