わたしの設計心得

2021/04/17

全く疲れない働き方

173820719_3654163581376709_1338325036925
雨の日が続きます。
私の場合、雨の日はイメージが湧いてきて、企画などを考えるのにとても都合がよろしい^^;
おそらく、気が下がるといいますか、出かけたくならないから落ち着いていられる(笑)といいますか。
先週などは、ほぼ一週間、アトリエに籠もりきり、かかえている数件のプロジェクトの図面をパチパチと(CADなのでマウス)作図していました。

今日も雨。だからひっそりとしていて。
いつもどおり雨の音でイメージがわくので、ひたすら出てくるものを手書きでスケッチしたり言葉で書き留めたり。

今、宿泊施設の計画にも取り組んでいます。
イメージを具現化するために、素材集めに忙しい時。
山のようなサンプルに埋もれながら、素材を活かすデザインをあれこれ考えています。

今日は、使用する外壁材のサンプル作成をお願いするために
塗料メーカーの担当さんにお願いするお手紙を書きました。

既製にある色とイメージが違うので、調合して作ってもらいます。
特に、木部に塗る場合は、下地の木の色によっては出来上がりの色が全く変わるため、
必ず使用する材でサンプルをつくります。

いやあ、無いものを生み出そうとしているから、作りたい色を伝えるのがとても難しく、
イメージを書き始めたら、おとぎ話のように長くなってしまった(汗)
こんがらがっている私の背中を見て、たまりかねたのか、夫が似たようなイメージのものを探してくれたので、
そこから説明していきました。百聞は一見にしかず、ですね^^;

これ、私がどこまでもこだわっているように思われるかもしれませんが、
決して私がこだわっているのではなく、
実は出来上がる建築そのものから言われているような感じなのですよ。
私自身が建築と一体となるといいますか…でもやはり私がこだわっているのか(笑)

「あーまた、祐子さん不思議なこといってる」と言われそうですが、
私の大好きな画家 中川一政さんも野口晴哉さんとの対談でおなじようなことをおっしゃっているのをみつけました。
なので間違いないと思います(言い切る)

-----------以下抜粋

中川:ああいうふうな山を描いていても、山と自分とがこう一緒になっちゃう……普通の絵描きが描くと、山は山、自分は自分と分かれちゃっている。僕なんかのやり方だと、山と一緒になっちゃうんですよね。

野口:それで絵になるんですね。

中川:それでね、こっちはちっとも考えないんですよ。山がね、命令するようになる。で、その通りに描いていればいいわけです。

-----------抜粋ここまで(野口晴哉公式サイトより抜粋

もう、全く同じような状態になります。

だから、ある意味、全く疲れないというか、
無心でやっているから、気づいたら夜になっているというか。
しかし、こうなってくるといいのですねぇ。
かなり面白い作品が生まれるのですよねぇ。

ということで、今日も明日も明後日も
私は無心でこだわり、働いています。

 

| | コメント (0)

2021/03/13

自分の頭脳に命をかける、それが生き切るということだ。

159346901_269618668002239_66308388925323

今日は朝から激しい雨が降っています。
雷の中、朝イチでオンラインでの打ち合わせ。
NPO法人のロゴの方向性が決まりました。
新月の嵐の中で出来るとは、なんだか劇的な誕生です。

さて、私の頭の中には「芸術とは?」「建築とは?」「デザインとは?」という問いが
24時間、365日あり、常に考えている状態なのですが、
先日、私のモノづくりのこだわりは何だろう?という問いに答えがでてきたのです。

それは、「知性がある」ことは絶対的な条件だと。
つまり、作った目的や意図がはっきりとしている、ということです。
また、私の好きな作家さんも皆、それがはっきりしています。

では、「知性」とは何でしょうか?
それは、「自分の頭で、死ぬ最後まで考え尽くす」ということだと思っています。
知識の量や学校の優劣ではありません。

さて、今年の初めに、どうしても太陽の塔を見たくなり、行ってきました!
岡本太郎さんは大好きな芸術家で、彼から学ぶものはすべて学びたいと、
日本にある彼の作品はほぼこの目で観ました。
太陽の塔だけは、名神高速の通過中に見上げたことしかなくて^^;

ところで、この太陽の塔、現在、中に入ることができるようになったのはご存知ですか?

159935791_1130329830748506_6032007271043

エントランスは、スロープになっていて地下から入ります。
中はぜひ入ってからのお愉しみ。
ということでネタバレしないように写真は載せません。
TAROワールドが満開ですよ。

私の場合、腕のようなところはどのように構造的にもたせているのかに大変興味がありました。
中に入ってその部分に到達した時、度肝を抜いたのですが、
この腕の先端までエスカレーター据え付けられていて、外に出られるようになっていたのですね。
あ、バラしてしまった^^;
50年前の日本は、なんだか希望にみちみち溢れていたのだなぁと思いませんか?

そして、彼のすべての作品の命題は「意外性」だと私は認識しています。
そう、それをここでもやりきっていた!
エスカレーターですよ。腕に。それも50年前に。

159523317_146661137329372_31060903436673

さらに、3つの顔は、過去、現在、未来を表しています。
彼は日本文化においては、縄文時代の研究をしており、非常に博学な人でもあります。
たくさん本も出していますよね。
日本庭園についてや人生論もあります。
とても面白いですよ^^

そのすべての思考がこの作品には練り込まれているのを感じることができます。
つまり、彼の費やしてきた時間と思考の全てをこの作品にあらわしていると言える。
そう言えば、なんとなく、この佇まい、埴輪(はにわ)を彷彿しませんか?

「芸術は爆発だ!」という言葉が独り歩きしてしまい、
氏の作品の本質が語られないのは残念なのですが
こうして大阪の街に飄々として趣で、鎮座しているのを見ることができた時は感無量でした。

岡本太郎、ピカソ、ゴッホ、ガウディ然り
「知性」のある作品は、表現がどのような手法であれ
古くなることなく、存在するかぎり、
作者が亡くなってもその作品そのものが考え続ける。

作品は、作家の手から離れると、
個としての意志を持ち、生き続ける。
それが、鑑賞者にインパクトを与え
「深く考え続ける」よう訴えかける。

それが芸術なのだ、と。
芸術とは生きることそのものなのだと。

その現象を目の当たりにした今年の年初。
私もそんな作品を作りたい、これからも作り続けたい。
命ある限り。








| | コメント (0)

2021/02/15

ローコストの本当の意味、知っていますか?

5-1 

立春を過ぎ、清らかな気分になるかと思いきや
緊急事態宣言の延長で、な~んとなく気分が真冬のまま…のような^^;

でもね、道端に水仙の花がしゃんと咲いていたりすると
嗚呼、もう春が来るのね、と、勇気をもらったり。
そして私はいつもと変わらず、モーレツに仕事しています^^;


さて、最近ではインターネットを通して多くのご質問をいただきます。
その中で、とても多い質問のカテゴリー。
それはズバリ
「ローコスト」

このローコスト、とても響きが良いのか、どこかがうまく使っているのか
本来の意味合いと違う、勝手な独り歩きをしているように感じています。

ローコストの本来使われていた意味合いは、
「条件を整理し、優先順位を明確にして、無理無駄のないデザインに仕上げる」
という意味だと思うのです。

それが最近では、単純に、
「自分たちの要望するものを安く作ってくれればそれでよい」
となっているように感じます^^;
この場合、ローコストとは言わないと思うのです。
また、深く突き詰めては、それはデザインとも言わないでしょう。

さて、Pros and Cons(プロコン)分析という方法があります。
これは、物事を進めるにあたって、メリット・デメリットをだして
優先すること、やめることを決めて物事を進めていく方法です。
「比較表」と言えばわかりやすいでしょうか。

前職、の組織設計事務所の企画をおこなっていた頃、
この「比較表」を必ず作ってから、クライアントへプレゼンしていました。
もう、これまでいくつの比較表を作ってきたでしょうか。

建築をこの世に具現化させる最初のおこないが「設計」です。
ものを作るにあたっては、いくつもの要素について整理し
優先順位を決めてかなくてはなりません。
先に言う「比較表」を何十枚も作っているようなものです。

私が「デザインは引き算である」と言っているのも
この作業のことを言っているのです。

すぐれた美しい建築は、このプロコン作業の引き際をどこにするかで
決まるといっても過言ではないのです。

私にとって
本来の意味でいう「ローコスト住宅」を作るのは楽しいですし、大好きな仕事です。

そう、この辻堂東海岸の家やKATADA Lodge&Villa のような…

Katada3

| | コメント (0)

2021/01/21

ストレスのたまる家に住んでいませんか?

Katada11
                        人とモノの距離感を繊細に検討しつくして作ったKATADA Lodge&Villa/津カントリークラブ
                           客とバーテンダーとのさりげない距離感が心地よい会話を生みだすように
                カウンター、椅子の高さや幅を決めている。


寒い日が続きます。
暦の上でも大寒を過ぎ次の立春まで
日本の四季では今が一番寒い時。

緊急事態宣言も首都圏に引き続き各県も発令され、
街では、人とすれ違う時にお互い最大限に距離をとってすれ違ったり。

リモートワークについても、オンライン上での打ち合わせはできますが
やはり、顔を突き合わせて話すのとはちょっと違うかなあ、と思ったり。


今、あらためて人との距離感について考えさせられています。

そんな時に、学生時代から何度も繰り返し読んできた本を思い出すのです。

41ncleaw9il_sx351_bo1204203200_

人類学者であるエドワード・ホールの「かくれた次元」

動物にはスペーシングと言い、
自分自身のテリトリー(領域)を持っています。
人間だけが他の動物と違い
文化という新しい次元をつくった、という発想です。

例えば
人間は脳の延長でコンピューターを、
声は電話、足は車、言語は体験を作り出し、
これを新しい次元=文化として、
新たに作り出し、その作り出した領域を生きている、と彼は言います。

そして、こうも言っています。
「人間は文化を発達させるとともに、自分自身を家畜化した」と。
つまり、自ら作った文化に支配されてしまっている。

だから、人間的に生きるためには
今こそアメリカの都市は、
この感覚的距離感を理解する建築家によって作り変えねばならない、
とまでこの出版された1970年代に、すでに言いきっている。

便利だけど、いずれ動物としての感覚を忘れてしまう、ということを。

さて、以前にも「建築の本質は間を設計すること」という記事を書きましたが
私の作る空間は、単なる広さを取り、見栄え良くするためにデザインをしていません。
見えない部分であるモノとモノの間にある「空」
これを、この動物的な感覚である距離感できちんと計算しています。

わかりやすく言うと、
使いやすさ、居心地の良さ、を十分に検討してあらゆるものを決めている、ということです。

エドワード・ホールもこの本の第5章で言っています。
空間の過ごしやすさは、視覚的な体験より筋覚的な体験が大切であると。
筋覚的とは、つまり、
目で見る広さだけではなく、
その部屋で何か行動する時にスムーズに行動できるか、
動作の一連が心地よいか、ということです。

ここで、彼の例えを文中より引用してみましょう。

ーーーーー以下引用ーーーーーー
女性は、ふだんは陽気で社交性に富む人物であったが、あるとき、近代的ではあるが設計の悪い彼女の台所のせいで、十何度目かのかんしゃくをおこし、こうどなったーー。
「私はたとえ親しい人にでも触れられたり、ぶつかられたりするのが大きらいです。だから私はこの台所にいると気がちがいそうになるんです。だって食事のしたくをしようとすると目の前に必ずだれかがいるんですからね。」
ーーーーー引用ここまでーーーー

これは極端な例なのですが、
普段意識していないからこそ
人のこの動物的感覚はとても重要なものです。
なぜ、不愉快に思うのかーーーーー。
それは、ストレスを感じるからです。
究極にいうと、命を守るためのストレスです。

さて、建築の第一の使命は、「あらゆるものからいのちを守ること」です。

講演でも、いつもお話していますが、
人は、無意識のレベルでかなり敏感に環境をキャッチしています。
そして、その感覚によって多かれ少なかれ感情を動かされています。

高所恐怖症や閉所恐怖症などは顕著にあらわれた例かと思います。

ストレスのない空間にいることが、一番に大切なことなのですね^^

| | コメント (0)

2020/11/24

結論:死を迎えることのできる住まいは、よりよく生きるための住まいなのである。

126898587_369387144125179_63117485138580

いよいよ晩秋となり、師走の「し」が見え隠れするように。
先週までは暖かい日が多く、今年は秋を長く感じられたように思う。

そんな麗らかなある日、とあるメーカーの女性が初めて営業にみえる。

名刺交換が終わるやいなや
「さて、先生、HPのプロフィールで見たのですが…」
彼女は同じ大学出身だとおっしゃる。

学年も3つ違いであるので、どこかで会っているはずだ。

…そうそう、当時の建築学科は6階に製図室があり、
EVもなくて、階段での往来、女子トイレも3階にしかなくて…
研究室に積まれた製図台で寝起きし、そこで炊事をし、学校近くの銭湯に行き…

もう、あたかもオンナであることがいけないことのような
いやいや、オンナであることを思い出してはいけないような
そんな環境であったけれども、
それがまた愉快でもあったね、という昔話にハナが咲く。

しかし、今、彼女にも娘がいて、私にも息子がいる。

さらに「自宅で死を迎えることのできる住まい」の大切さを
S教授の1年生の最初の住宅設計の講義で教わったね、と。

数年前、先生のご自宅での葬儀に出席し、
先生の棺を担ぎ、ご自宅から運び出した彼女は、
運びながらも、再び目を開けることのない先生に向かって

「いやぁ、先生、めちゃくちゃ棺が運びづらい設計なんですが!」と言いましたわ、と。

「それは、設計がいけませんわ」な~んて。

そんなことを、笑って言えるほど、
気さくで愉快で優しかった先生のご自宅の記憶がよみがえる。

私も就職したての頃、
女子大生ブームでチヤホヤされた学生の頃とは打って変わり
男尊女卑(今は死語?)の実態に直面し
自分の将来について真剣に悩んでいた。

その時、学生時代の友人と共に
先生の箱根のご自宅に伺い、清流釣りや食事をご一緒させてもらい、
元気を取り戻すことができた一人だ。

ということもあり
私にとって大学1年生の時のS先生の授業が一番心に残ることとなる。

授業中、はじめて「死」について思案したとも言え
また、はじめて「生きること」に真摯に向き合ったのだ。

それから私は、暇を見つけては、哲学書をむさぼり読むことになる。
そして、思想をカタチにしたいと思い、出された課題にぶつけていった。
他の講師陣ともディスカッションを繰り返した。
ある講師に、
「君の言ってることはすごいことだ。素晴らしいよ。でもこれをカタチにすることができるのか?」
と言われ、悔しさあまり、EVの無い校舎の屋上で、涙が枯れるまで泣いた。
そして、決心した。「いつか必ず作ってみせる」と。

授業として建築の設計を学習するべくの学生生活であったが
自分の建築のテーマを「よりよく生きるための空間の創出」として
哲学と心理学を独学し、多面的に追求し続けた。

あれから30年経った今でも、ひとつもぶれてはいない。
暇をみつけては、哲学書などをむさぼり読み思惟する。
しかし、まだまだ、死はともかくとしても「生きる」ことすらわからない。

ただ、実生活を通して子供を産み、育ててきた中で
なんとなく、腑に落ちるキラキラと光る優しい一筋の光を見つけたようには思う。

そして、今までご縁をいただいた施主さんも皆、
「生きる」ことに真剣でそしてそれを楽しんでおられるのを見ると
書籍から学ぶことはできない、
仕事の中にこそ、金色に光る美しい光がたくさんあるように思う。

「私はあの時の想いをカタチにできているのだろうか?」
日々、自問自答しながら、今日も一本の線を決める。

死はいつ訪れるかわからない。
そして、
幸せとは、幸せな死を迎えることではないかと。

結論:死を迎えることのできる住まいは、よりよく生きるための住まいなのである。

生と死。
生は死の中にあり、死は生の中にある。
離反することはできない。

きっと、日々の曖昧模糊な中の優しい光が答えなのだ。

だからこそ日々、素敵な方々の仕事をさせていただけることに、心より感謝している。









| | コメント (0)

2014/07/03

神様のお国はどこ? ~齋藤裕氏の講演会~

009

夕方になると涼しい風が吹き、日中の疲れを少し和らげてくれます。

そんな初夏の夕暮れ時、

東京田町にある建築会館にて行われました齋藤裕氏の講演会に行って参りました。

案内状を頂いた時は嬉しくて。

といいますのも

続きを読む "神様のお国はどこ? ~齋藤裕氏の講演会~"

| | コメント (0)

2014/06/08

一生懸命からしか生まれないもの

001

ここ 2,3日雨模様。雨の日は喧騒がやむためでしょうか

心が落ち着きます。

さて、私の中の喧騒もようやく落ち着くかと思いきや、

まだまだ慌しいのは続きそう。

「焦らず、目の前のことをひたすら丁寧に仕上げよう」 と

日々 念仏のように唱えながら過ごしております。

まあ、どんなことがあってもマイペースなのですが^^;

続きを読む "一生懸命からしか生まれないもの"

| | コメント (0)

2011/02/16

未来のワタシのスガタはね

P2155889

ワークスペースにカウンターを設置します。

家具屋さん作成の型紙で原寸大検討中。三畳ほどのスペースにこのカウンター。

ですから迫力あります^^

北鎌倉の家をご覧いただいた際、お客様に「このようなカタチのものが好きです~」という有難いお言葉を頂きましたので

第二弾を作ります。さらに今回は、

続きを読む "未来のワタシのスガタはね"

| | コメント (0)

2010/12/20

美しさの持つ力~こころをひとつに

Pc145767

現場定例へ。

まず、現場監督と連絡事項の確認をし、その後職人さんからの質問を受けます。

この日は大工さんから。

続きを読む "美しさの持つ力~こころをひとつに"

| | コメント (0)

2010/05/25

始末して 受け継がれるよ エコごころ

Ts350829

葉付きにんじんの季節。洗ってすぐに葉をとり甘辛いふりかけを作ります。

おふくろの味は大根のはっぱの味噌汁だという上の息子はこれでごはんをモリモリと食べます。

先日、お客様のお母さまから手作りの「ちまき」をおみやげに頂きました。

続きを読む "始末して 受け継がれるよ エコごころ"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~