2013/11/29

「ストレスフリーな同居で幸せな暮らし」講演無事終了しました

050_2

金沢、行って参りました。

24日の講演でしたので、前日23日夕方に金沢入り。

23日は朝イチバンで厚木にて「高齢者のための住まい」のセミナーでした。

子育ても終わり、自分の人生をじっくりと味わうことのできる時期に、どのような住まいが適切なのかをお話させていただきました。

セミナーが終了し、駆け足で自宅に戻って厚手のコートと荷物を取替え、すぐに羽田空港へ。

続きを読む "「ストレスフリーな同居で幸せな暮らし」講演無事終了しました"

| | コメント (0)

2011/12/06

整理整頓は自分と向き合う大切な時間

Dsc05349

4日にリビングスタイルKにて整理整頓セミナーを行ないました。

皆さんとても熱心に受講いただきありがとうございました。いただいたアンケートを拝見させていただきましたが、私が一番お伝えしたかったことを良く理解してくださったようでとっても嬉しかったです。

ここで少しばかりご紹介させてください。

続きを読む "整理整頓は自分と向き合う大切な時間"

| | コメント (0)

2009/05/18

俯瞰 客観 おかん

Photo

15日 朝から所内でプランの打合せ。相変わらず「インドにいる私」は言葉少な。珍しく夫がマシンガン並みに話しているのを見て「もしかしたら、あなたもインドにいる?」と心の中で思いながら「あいづち」を打つ。

この手の打合せは時の経つのを忘れる。ふと、我に返ると数時間経っており、午後からの講演の時間が近いではないか。乗り換えする戸塚駅では猛ダッシュであった。

昼食もとらず、登壇。セミナー参加してくださった皆さんはとても穏やかで楽しくお話させてもらった。毎回学びがあり、とても有難い。その後経師屋さんと左官屋さんの実演があって。講師であったので最初は遠慮がちであったものの、ようよう最後まで居残り、一度やってみたかった「くしびき仕上げ」を体験。今は無きドラフターに線を描いている、そんな緊張感がいとをかし。

続きを読む "俯瞰 客観 おかん"

| | コメント (0)

2007/10/31

夢に向かう時

100_0775

 講演会を無事に終えることができました。ご来場くださった皆さん、とても熱心に聴いてくださってありがとうございました。

 たくさんメモをされていらっしゃる方が多く、嗚呼……素敵な住宅がたくさん増えるといいなあと嬉しくなりました。またお客様の中でも「多田さんの講演会を聞いてみたかった~。」などと有難いお言葉を頂戴しさらに嬉しく思います。みなさんにより生かされているなあと思い胸が熱くなります。

 講演の帰りに夫から「随分と腕を磨いたね~。なんだかいきいきとしていたよ。」と内部でも有難いお言葉を。活きのいい金目鯛といったところでしょうか…目が身体のワリに大きいので^^

 そうそう、私の「講演者」としての目標は語らなくても訴えかける「仏像」なのです。先は長そうです。 

続きを読む "夢に向かう時"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/27

やんごとなきことありて…

100_2076

 明日の講演会で使う模型を夫に頼んで作ってもらった。かぼちゃ君もお手伝い。

 

 

続きを読む "やんごとなきことありて…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

住まい作りの講座

Asjs121201

 以前、住まいに関する講座を行ったときの写真を見つけました。

懐かしい・・・です。皆さん一所懸命でとても嬉しかった思い出です。

特に、休憩時間に私をつかまえて近況報告してくださった方など。

お元気ですか~!

続きを読む "住まい作りの講座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/24

信念をつらぬく

昨日、ある雑誌の監修をしているMさんより電話があり、住空間でのオーガニックについてのコラムを書いてみませんか?と。今回はWeb上での記事となる。こうして依頼をいただくことは大変ありがたいことである。

実はMさんは私が中学生のころ大変憧れていた女性。今こうして一緒に活動をしている自分が信じられないと思うこともある。ご一緒に海外取材をさせていただいたこともあるのだが、とても美しく、ピュアな方。そしてかなり聡明な方なのだ。有名な方とはこういったことかと感じたことがある。

私の友人より「面白い建築家がいる!」とMさんに紹介していただき4年が経つ。それからはお互いがお互いのすべてを認め合うというお付き合いをさせてもらっている。お仕事でなくてもたまに電話で情報交換などさせていただいていた。

私の信念などを聞いてもらったりしていたのでいつも気にかけていただいていたのだろう。その私の特に建築家としてのひとつの信念についてが早速Web連載コラムという媒体でひとつカタチとして世の中にデビューする。

縁とは不思議なもの。大切にあたためていきたいと思う。これからも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

見直され始めた日本のホスピタリティ

昨日は講師を行っていました学校の卒業式でした。
横浜駅すぐの会場。
窓からはみなとみらいの街並みが素晴らしくパノラミックで
昔、横浜博覧会の中にみなとみらいの模型が展示されていたのを思い出しました。
人間の想像力とそれを実現させるパワーは凄いなと思いながら。

今日は自分達の作品の模型を展示して頂いてますギャラリーに出向きました。
色々な建築家の方の模型を拝見し、
またエネルギーを頂いた気がしてます。

街に出かけるとその時の旬なものをいろいろとリサーチする私ですが、
その一つに大きな書店の平積みの本をチェックすることがよくあります。
どういった人がどのような本を手にとっているか等をよく観察するのです。
ちょっとあやしいですけど。かなり?

それで先日目についたのは「ホスピタリティ」という言葉。
この言葉、今まではあまりメジャーではなかったと思います。
実はこの言葉、私のテーブルデコレートの基本の3つのひとつなのです。
「真心を込めておもてなしをする」と私は解釈しています。

このホスピタリティというもの。
実は日本人は得意だったはずなのです。

最近では家庭での躾がしっかりとされていない
核家族化で人との接点が薄くなっている
携帯電話やメールなどの発展に伴っている
その他いろいろな理由が混在しているかと思いますが、

ホスピタリティの本が取り上げられるということ
また、マニュアル化しているという現象は
良い方向に向かっているのではないのでしょうか。

ホスピタリティを言葉で表すのは難しい作業だと思います。
言葉使いや身だしなみ、姿勢や歩き方等。
マニュアルではあらわせない奥深さ。
人間と人間がアナログで接することで生じる思いやりや顔の表情。
これは実践あるのみです。

人間は楽なほうに向かっていきますので、
私もあらためて気を引き締めて参りたいと思います。

| | コメント (0)