美について考えること

2019/07/19

デザイン手法がヨガ哲学と同じだったと悟った日。

67496144_448103479106505_335833357125628
今年1月からヨガをはじめました。
昨年までの激務により、また、年齢的にも
気をつけないといけないなあ、と思いたち。

特に、建築士は身体的な疲労はともかくとして
精神的なストレスがかなり大きく
それをきちんとケアするために
呼吸法をマスターしたかったためです。
*精神疾患は病院では絶対に治らないから。

4月からはティーチャートレーニングに入門し
ヨガ哲学からアーサナ、瞑想法までを学びに
月に一度、鵠沼海岸のヨガスタジオに通っています。

昨日はそのティーチャークラスの日。
ヨガスートラ(詩・哲学)の講義でした。
スートラの中の第1章15節と16節の
講義を聞いていた時
なんだかすごーく自分が日々行っている
引き算の建築の設計手法と
リンクしてしまい、
ピカーン!と頭の中で
電球が光ったのでシェアしたいと思います。

67248461_2363135873932890_81464131363211

1-15
Drstanusravika-visyayavitrsnasya-
vasikarasamja-vairagyam

1-16
tatparam-purusakhyateh-
gunavaitrsnyam

ヨガスートラは第1章から第4章まであります。
サンスクリット語です。
読むのも難しい。。。ですね^^;
(1、2章合わせて106節を暗唱できなくてはなりません。
 この宿題がつらすぎます〜^^;)

スートラは
生きるための智慧が満載。

第1章では

より良く生きるためには、

「1点に集中し続けること」  そして

「自分自身の真実を知ること」

と語ります。

では、どのようにしたら
真実を知ることができるのでしょうか。

それには、
五感から入ってくるモノや事象に対する
あらゆる執着を断ち切ることだと言います。

そして、その執着を断ち切るために
アーサナ(ポーズ)や瞑想の練習を続けるのです。

ヨガの本来の目的は
アーサナ(ポーズ)をうまく決めることではなく
よりよく生きること、なのです。

だから
「日常の生活をヨガ的に生きること」
これがとても大切。

ヨガのポーズの練習に明け暮れて
日常の果たすべき役割から逃げているのは
本末転倒なこと。

さて、執着ってやっかいですね。

一旦身体に馴染んでしまうと、
今は不要であり
捨ててもいいのに
無意識的に
持ってしまっていたりします。

執着をなくすためには

「自分にとって何が必要で
何が必要でないか?」

「人間として最終的にどうなりたいか?」

などと問いかけながら練習をして行くこと。
日常生活を送って行くこと。

しかし、フツーの人間にとって
おおよそ執着は無くすことは不可能に近いこと。

だから
より高い執着に変換していくようなイメージで
執着のグレードを上げていき
最終的には自分の中の真実に近づいていきます。

はい、この過程が
デザインを行う際に使う思考回路と
同じだったのです。

例えば、住宅の場合、

「この家族、そしてこの敷地条件で
何が必要で、何が必要でないか?」

この問いを繰り返し行い
(おそらく何百回くらい)
削って削って
現場でも削って

そして
唯一のデザインを生み出していく。

出来上がったものは
彫刻のように削られてできたもの。
イメージとして。

だから、真実というものは
とてもクリアでシンプルなはずなのです。

言い換えると、
クリアーでシンプルでないものは
真実ではない。
ということでもあります。

シンプルなモノほど作るのが難しいのは
このためなのですね^^

感覚的にわかってはいたのですが
ロジックをなかなか組み立てられなくていたので
昨日は、自分でもかなり腑に落ちたのでした。

ヨガ、恐るべし。

そして、人生をデザインする、という意味は
執着を断ち切るということに他ならないことだと。

ーーーーシンプルすぎる^^ 

 

67327922_354176341932303_573059653171570
「食」への執着も食べるものの質を高めていくこと、かな。

何のために、食べるのか?と意識して、いただきます。

| | コメント (0)

2014/10/21

人も花も野にあるように

20141021_1116

雨の北鎌倉もいい と、

雨降りの本日 「日々花」

雨宮ゆかさんに会いに

東慶寺ギャラリーへ。

東慶寺ギャラリー 二人の花展

http://tokgallery.exblog.jp/23600918/

大好きなゆかさんの手がけるお花

続きを読む "人も花も野にあるように"

| | コメント (0)

2014/09/16

モディリアーニに出会ってから

03

天高く、清々しいお天気。

どこかへお出かけしたくなる季節ですね。

3連休いかがお過ごしでしたか?

私は現場に行ったり、打ち合わせに出かけたりとあまりいつもと変わらない日々を過ごしていましたが、

15日に真鶴町で打ち合わせがあったので、夫にお願いし、その足でポーラ美術館へ行って参りました。

真鶴から小田原まで、渋滞に合ってしまいましたが、ゆっくりと相模灘を眺めながら、車を走らせると、頬を伝う風が心地よく、さらに強羅からポーラ美術館までは森の中を走るルート。この上ない温度と湿度。とても快適なひと時。

「今ここ」

続きを読む "モディリアーニに出会ってから"

| | コメント (0)

2014/09/04

私が輝く”Life&Fashion”スタイルの創り方プレセミナー開催!

Style01

私が輝く”Life&Fashion”スタイルの創り方 プレセミナーを8月30日に行いました。

ご参加されたみなさま、とても熱心に、そして和気あいあいと盛り上げてくださって、とても実りの多いセミナーとなりました。ありがとうございました。

 

続きを読む "私が輝く”Life&Fashion”スタイルの創り方プレセミナー開催!"

| | コメント (0)

2014/08/05

【募集】私が輝く“Life&Fashion“スタイルの創り方プレセミナー

0804lifefashion_2
暑い日が続きます。どこまで続くのかしら、と思っていても…時の過ぎるのは早くて…

来週はもうお盆。それを過ぎると、晩夏。

そして

そうです。

おしゃれの秋!がやってきますよ^^

そこで、待望のパーソナルスタイリストの三好凛佳さんとコラボレーションプレセミナーを行います。
凛佳さんとは10年来のお付き合いですが、いつもお話をお伺いしていて住まいと装いには共通項が多いな、と思っていました。

私くしの開催する整理整頓セミナーをでは、お洋服の管理についてのお悩みが多く寄せられます。
いつかこれを解決したいな~、といろいろな手立てを考えていました。

センスの良い方はたくさんいますが、「美学」と信頼のおける人はこの方だ!と決めていたのが凛佳さん。

7月はじめに凛佳さんとお会いした際、いつもお忙しい方なのですが、思い切って「一緒にセミナーをやってみたいのですが…」とお願いしてみましたら、ありがたいことに「是非!」ということで、この度実現することとなりました。

ライフスタイルとファッションがいっぺんにステキになるって、想像するとワクワクしますね。
私くしも、凛佳さんのお話は楽しみなんです。
ご興味のある方はぜひ30日いらしてください^^

今回はプレセミナー、本講座も控えています。

すでに本講座へのお問い合わせもあり、ワクワクしています^^

 

横浜ランドマークタワーから見下ろすみなとみらいの景色も抜群なのです^^

「美しいものは美しいもので磨かれる」

ぜひ、身体全体で体感してください。

続きを読む "【募集】私が輝く“Life&Fashion“スタイルの創り方プレセミナー"

| | コメント (0)

2012/07/12

上を向いて歩くと出会えるもの

1

北見方の家 

屋根工事が進んでいます。垂木(たるき)がかかりました。

垂木とは屋根を直接受ける材です。屋根面の強度を高める役割もあります。

垂木越しにみえる7月の空が一段と力強く感じられ

美しさを感じる瞬間。おなかの底にずぅーんと響くような。

刹那的

これが魅力を感じる理由のひとつ。

それと…もうひとつ

続きを読む "上を向いて歩くと出会えるもの"

| | コメント (0)

2012/05/29

充実した時間は高価な美容液よりも効果が

432064_218138158279423_100002497222

23日 赤レンガ倉庫で建築家展

快晴。展示するパネルや模型を設営するために10時到着予定。

かなり早く着いたので、テイクアウトでコーヒーと夏目漱石の虞美人草を手に港に向かう。

学生時代、設計の課題に行き詰った時は必ず、関内界隈を歩いて、海を見にいったもの。

その時は夕日を背にしていることが多かったのですが…こうして清々しく朝日を見るのも良いものだなあって。

世界一美味しい朝食は私にとっては朝日かも^^;(赤レンガには、そう、あの ビルズもあります…)

続きを読む "充実した時間は高価な美容液よりも効果が"

| | コメント (0)

2011/05/16

あっぱれ 新緑でござる

Sh3k00770001_3

清清しいお天気が続きます。今春から上の息子が静岡の学校に行ってしまったことから、静岡まで出かけることが多くなりました。

行きは東名でササッと。帰りはのらりくらりと箱根を超え、西湘バイパスを経てとちょっとしたドライブとなります^^若葉の黄緑色のグラデーションが美しく、緑色の色巾の多さに感動します。

途中道端で茶ツミをしている人の姿も見られ、嗚呼、ここは静岡だと。

 

上の子とは産んだ時から友達のようなさっぱりとした関係なのですが、とはいってもやはり母としては日頃から目で観察できないので…と行った先は三嶋大社。そう、神頼みです^^

 

三嶋大社は権現造りだということで建築探訪をしたかったのだけど、本殿のほう(奥)には入ることが出来ず、残念。

宝物殿は重厚な雰囲気の建物。遠景でみると極めて微妙なむくりのある曲線がとても繊細美しく、おっとりとした静岡らしい街並みを形成しています。

しばし夫と建築談義を。こうしてどこに行っても最終的には建築ツアーになるのです。これでは建築見学したついでに参拝しているようなもの。

三島の美しさはなんといっても緑と水。街のいたるところに透明度の高い水が流れていて、富士山を背にした風景が日本の豊かさを物語っています。鎌倉とはまた少し違っていておおらかさや雄大さを感じるのは富士の裾野であることが大きいのでしょうか。

Sh3k00800001

 

4月から寮生活を送っている息子。寮食で出る魚の美味しさに感動して「うまい、うまい」と言っていたところ、元来静岡県民である友人達に「おれっち、そんなの普通だら」とあっさり返されたそう。

 

| | コメント (0)

2011/04/26

木とのお見合い

Sh3k00710001

植栽に使う、ヒメシャラの木とオリーブの木を選びに植木屋さんへ朝一番で出かけてきました。

木にもそれぞれ個性があるので、ひとつひとつ見ながら、建築と街並みに調和する表情のものを探します。木美人を探すのです。

そして気に入ったものを見つけたら、造園屋さんとどの向きに植えるかを決めます。木にも裏表があるから。木をじっくり観察すると面白いですよ~^^

Shara_2

ひめしゃら美人。みつかりました。婚約指輪の意味をもつ赤いリボンが巻かれました。

それにしても空気はおいしいし、お天気は良く(晴れ女ですから^^)すがすがしい朝。丹沢の山々を背にしてとても気持ちの良いところでした。このひめしゃら美人の下にアマガエルがいるのを発見。アマガエルって環境の良いところにいるんですよね~。

ちょうど新緑の季節なので緑は黄緑色から深緑までのグラデーションで美しく、花は白や薄紅色でたわわに咲いていて。嗚呼、自然ってやっぱりいいな~。お弁当持って遠足に訪れたいくらい。楽しい仕事の中のひとつです^^

 

このように建築を仕事にしていると、自然とのかかわりを考える機会が多いのですが、

都会の生活と自然の生活、どちらが人類にとって良いのだろうか。と5、6年前まではぐるぐると考えていた時期もありました。でも今ではどちらも良いし、どちらも必要だと思っています。

都会は都会での楽しみ方があります。同じように自然の中では自然の中の楽しみ方があります。もちろん、それぞれのデメリットも同じようにありますから。

そのメリットとデメリットをしっかりと踏まえたうえで、ルールを守りながら楽しむことが一番大切なことなんだな~と。その良さをしっかりと味わうのに必要なものは、自分の軸をしっかりと持っていることでしょうか。つまりどちらが良いかではなく、自分がどう捉えるかなんですね。

さて両方がバランスよくうまいこと味わえる国といえば、イタリアでしょう。国内だとやっぱり故郷である福岡県かな~。

都会と自然とがうまく合わさっている地域は文化などの質が高いように感じます。他の動物とは違って「文化」というものを持つ生き物「人間」にとって、おそらく気候や地形などが良い按配なのでしょう。伝統を大切にしながらも最先端を生み出すところは共通点があります。ヒューマンスケールな点など。さらに言えば明るく楽天的で情にもろい、とか^^

そうそう、この植木屋さんの親方は代替わりしたようでスマートな感じの好青年。案内してくれた造園屋さんも若くてとてもしっかり者。そんな好青年達の後ろを私はひょこひょことついていったのですが(楽しい仕事のひとつ?長生きしよう~^^)彼らの歩く後ろ姿が時代劇で見る武士のように腹の据わった美しい歩き方だったのを見て、「日本男子も頑張っています!どうぞ地を揺らすのを静めてください~」とおもわず手を合わせたのでした。

| | コメント (0)

2011/01/18

一期一会

Photo

1月15日にお茶会のお席に招いていただきました。

今までに3つ程お茶室を設計したことがありますが、お恥ずかしながら、お茶に関しては建築的な知識のみが増えるばかりで……

これではあたまでっかちだな~ と

設計する度にお茶の世界をのぞいてみたい、さらに老後(老後とはいつ?)の楽しみにしたいと考えておりまして

ようやくその願いがかなったというわけです(子育てもようやくひと段落ですし)

続きを読む "一期一会"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~