こどもとわたし

2015/09/18

息子が私を超えたとき

S20150918_090741

雨が続きますが、次第に晴れるようで楽しみですね。

秋のたかーい空と雲の造形が大好きなのでワクワクしています。

 

さて、来週はあるところの取材を受ける予定です。

 

キャリアについてのお話になるので、昔の写真を整理していたら

上の息子と映った写真を発見。

昔は写真を撮られるのが好きではなく、

あまり写真が残っていませんので

貴重なワンショット^^;

 

こんなにコロコロして可愛らしかった子も

あと数ヶ月で二十歳。

おかげさまで

先日 ようやく第一志望の大学編入試験に

合格することができました。

 

子供の受験。

自分が受験するわけではないのだけど

プレッシャーを感じたりするから不思議です。

「合格」の知らせを聞いて

やっと終わったーと

しばらく放心状態でしたもの^^

 

自分自身が受験というものにことごとく失敗し

ようやく一級建築士の受験の時に

受験のコツのようなものを得たワタクシ(成長が遅い!)

 

どうしたら失敗するかにかけてはプロ級だったので

なにかにつけて息子たちには

失敗談を話していました。

そして、だから、こうしたらいいんだよねって。

 

でも、これはあくまでもお母さんのこと

あなたたちはあなた自身の人生なんだから

自分の頭で考えて行動しなさい、と。

 

反面教師、役に立ったかなあ^^;

 

これでお母さんの役割も少し終わって

と ほっとしたいところですが

次は下の息子の受験がせまってきます。

 

お母さんになるって

身も心も 鍛えられますね。

休暇というものは皆無ですから。

途中で投げられない。

すべてを受け止めていかなくてはならない。

 

何よりも、

あるがままに受け入れることができるようになる

訓練所みたいなものでしょうか^^

 

でも、そのかわり

たくさんのご褒美を与えられますよね^^

ゆっくりでいいんです。

すこしずつ

がんばっていきましょう!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2015/07/02

たまご焼きに祈りを込めて

S20150702_055017

雨が続きますね。

最近ではすてきなレインブーツを履いている方多いですね。

私も今年からすみれ色のレインブーツを愛用しています。

傘も同じ色を見つけて。

おそろい。

思わずくすっと笑みがこぼれ、明るい気持ちになります。

 

さて、7月に入りました。

我が家では上の息子の大学編入試験のため

これから約10日間は受験期間。

 

今朝はお母さん(私のことですよ〜^^)

朝5時起きで

お弁当にサンドイッチを作り

*昔なつかしいたまご焼きサンドを作ってみました^^

朝ごはんを食べさせ

彼の心と身体の様子を観察し

無事に送り出しました。

あとは、祈るばかり。

 

ふと、今朝

子供達が生まれて

「祈り」というものが

とても身近になっているのだなあ、と

気がつきました。

 

最初は「無事に産まれてきてね」かしら。

次は「すくすく育ってね」となり

小学校に通う初日は

「無事に教室までたどりついて!」な〜んて。

 

会社勤めで保育園にあずけていたころは

「今日はクライアントとの大切な打ち合わせがあるから

どうぞ、保育園から呼び出しの電話がありませんように!」とか^^;

 

自分のことのように思う誰かのために

自分ではどうすることもできないので

ただ、ただ 

静かに

見守り、祈る。

 

精神力の静かな鍛錬になったなあ、と。

 

こうして「お母さん」は強く、しなやかになっていくのだなあって。

20年経って、ようやくわかるものかもしれない。

| | コメント (0)

2015/01/05

新年に~子育て20年で思うこと

1_2

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は昨年ギリギリまで仕事をしていましたが

年明けの1日から4日まで仕事のことは一切考えず

ひたすらプライベートを充実させることに専念した

4日間でした。

 

何よりも忙しいお母さんになってしまった昨今では

子供達と、日頃ゆっくりと向き合うことが出来なくなりました。

このお正月

共に過ごす時間は、

何にも変えられない貴重な時間となりました。

 

子供が小さな頃は必ず自分のまわりにいるものですが、

やはり時が刻々と経つに連れ、

自分の足で歩み始めるために、

ふと気がつくと、

すっかり親離れをしていたりします。

S20150105_155020

丁度 年末にいつも散歩コースの中に組み込まれている書店にて

丸谷才一氏の「文学のレッスン」という本を見つけ、

その中に、谷崎文学について書いてあるところに目が留まり、

するすると谷崎潤一郎の世界に浸りたくなって、

「猫と庄造と二人のおんな」という本を見つけ

谷崎文学の世界におりました。

 

人間の「隷属する」という習性について

深く深く考え

 

20代の頃は

自分の未来のことばかりを考えていたのに

 

いつの日か

そう、子供達との距離が大きくなるに連れ

女性として、母親としてどこからか

内側のほうからにじみ出てくる

「何かぼんやりとあたたかいもの」を

持つことができるようになったんだなあと

 

初詣で歩く息子達の背中を眺めながら

喜びをかみしめたり

感慨深いお正月となりました。

S20150105_155003

女性の美しさは

この隷属によって

育まれるような

違いますか?谷崎さん^^

| | コメント (0)

2011/03/04

子育ては大道芸

Ts350895

中学3年の息子の進学先が決まりほっとしています。

おかげさまで志望校に合格することができました。母親という役割のなかで「受験」を経験するのははじめてでしたが、思った以上に大変でした。というのも

続きを読む "子育ては大道芸"

| | コメント (0)

2009/02/07

インフルエンザと絵の関係性

Ts350712 とうとう体験することとなった。そう、今猛威を振るっているインフルエンザである。

息子が数週間前に体験していて、もちろんつききりで看病をする経験をしていたのだけれども、なんだかとても苦しそうだけど…と見守っていた。

いろいろな方からつらい、二度と味わいたくない、などと聞いていたのだけど……身をもってそう感じる。

つまり、なんとも言葉で言い表せないような痛みや苦痛がくりひろげられるものであったのだ。

敢えて表現するというならば、一日中カナシバリにあっているような感じ。

しかし、この表現はカナシバリにあったことのある人でないとわからない表現であり、かつカナシバリ事態もどんなものを指すのかは広義である。

そんなカナシバリの中、日も暮れかかる夕暮れ時、ウンウンとうなされながらある感覚に気づいた。

それは、私が7、8歳の頃、やはり風邪の高熱で寝ていた光景。やかんから蒸気が立ち上る音。どこか遠くで犬の鳴く声。そしてあの独特の夕暮れ時の「からすといっしょに帰りましょ~」という寂しげな感じ。

今では石油ストーブではないのでやかんから蒸気ではなく、加湿器なのだけど、数分間確実に三十数年の時を超えていた。私の意識は少女であり、そしてそれは現実だった。物質世界にだけ存在する「時間」のない世界を体験していた。

これは幻覚なのかもしれないけれど、もしかすると時間は存在しないのではないかというこちらが本当かもしれないとふと思ったりもする。なにが本当なのかはわからないのだから。

さらに、カナシバリ状態の時に頭の上の方に美しい絵が見えた。ああ、これはこれから私が描く絵なんだな~ということがわかった。

まだまだ本調子ではないので絵を描くエネルギーに至っていないのだけど、描き始めると多分止まらないだろうな~。今のところ三部作となる予定。(ところでIさん、美しい女性も構図に含まれているので自画像なのかもしれません^^)

しかし、夢で見たことが実際の空間として表現されることは今までの経験上よくあるのだけど、絵を描くとなるとカナシバリに合うことになるのかと思うと…。

 手洗い・うがい・乾燥を避け・そしてなにより自分の気持ちを大切にすること。これが健康の秘訣のようです。

 写真は自家製のパン。

| | コメント (2)

2008/11/29

豊かさとは?

P1013276

 今年の4月に下の子の担任の先生から電話を頂いて。

「広報委員さんがどうしても決まらなくて…多田さんがなっていただけないでしょうか」と。

今年も盛りだくさんの予定があったので一旦どうしようかと考えたのですが知り合いのお母様からお願いもあり、引き受けることに。

引き受けたからには楽しく出来たらいいな~と思っておりました。

続きを読む "豊かさとは?"

| | コメント (4)

2008/08/04

アリストテレス

100_0742

改修を行っている現場監督より「しろありがでました」との報告を受け、すぐに現場に出動。しろありとくろありが…

現場から家に戻るとお留守番をしていた下の息子が「ありがたくさんいるよ!」と。「ウチにもアリが?」

退治しても退治してもすぐにいろいろなものをみつけては行列をつくるので、今朝は普段我慢強く、おだやかな夫も「アリもここまでやってくれると考えちゃうな~」と。

アリは働き者であるなー。私みたい……ん?などと関心している場合ではなく、おとなりなどに迷惑にならないように巣を見つけて(アリの卵をたくさん発見してくらっときました)退治することに。

なるべく生態系を壊したくはないのだけど。アリとおいかけっこでは私達が壊れそうなので。

これじゃあ、「アリストテレスだよねー!(アリとストレス?)」というと、「冴えてるねー」と夫。

「ずうっと休みがなかったので今日は休んだら?」と。おおー、夫が仏様にみえたことよ。しかし疲れた感じはアリストテレスからか?

ということで、息子と二人で「崖の上のポニョ」を見に行って来ました~。帰りはポニョポニョ言いながら。

宮崎作品はむかーしから大好きで「紅の豚」は3回映画館に足を運んだほど。飛行機が好きなので…空を飛んでいる感覚や飛行機の構造「理論は解るけど…なんで飛ぶのー?」がなんとも好きなんですね~。

今回は「海」でしたが、じーんときてしまい…あと2回くらいは観に行きたいな~。

さて、その帰りに銀行によったのだけど…(休んでない?)

 

続きを読む "アリストテレス"

| | コメント (0)

2008/04/09

どこにいくの?

063

  とうとう今日からお弁当づくりが始まった。

上の子のお弁当。

「おにいちゃん、きょうはどこにいくの?」と下の子が聞く。

「学校」と答えると「???」

遠足だと思ったようである。たぶん学校に遠足に行くのだと。

続きを読む "どこにいくの?"

| | コメント (0)

2008/02/14

作品 #1

P1012592

 かひぬしを 首長くして待つ きりんかな   

| | コメント (0)

2007/12/04

キャンドル何本立てる?

P1012176_2

 昨日は誕生日でした。せめて誕生日までには免許の更新に行かなくては!と決めていたので行ってきました。警察に。

 若いころは車が好きで運転も良くしていたのですが、誰か運転してくれる人が近くにいて、しかもその人が自分で運転しないと気がすまないような人(悪口ではありません)だと、限りなく運転しなくなるようです。

 ということで今ではゴールデンカード、つまり身分証明書みたいなものですが、たぶん今でも運転は得意なほうだと思っています(自分ではなんとでも言えるのね)

 視力検査をしましたが、ちょっとかすんで見えたので「右ナナメ上!」と言ったら、「右ナナメ上はないのですよ~」と言われ、しまった…ここは眼科ではないのだ…

「では、上!」と言い、OKがでました。「ときどきいらっしゃるんですよね~。」と言われ、笑顔でごまかしたりして。誕生日だからねっ。

 夕食は家族で誕生日パーティを。テーブルデコレーションは夫が。

続きを読む "キャンドル何本立てる?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~