日本人の感性

2019/07/04

ライフスタイルの劇的な変化~多治見の家

Photo_20190701103702
リノベーションを行うにあたって
私が重視しているポイントの
3つめは、ライフスタイルの劇的な変化への対処です。


40年くらい前までは、 
台所は北側でお母さん一人で作業する場所。
食事は畳の上のちゃぶ台で。
浴室はモザイクタイルで冬は寒くてお掃除が大変。
電話は一家に1台玄関に黒電話が鎮座する。。。
といった時代。
令和となった今、昭和レトロな話とも言えましょう。

Photo_20190624140307

しかし、今では、
家族皆でお料理して、ダイニングの椅子に座って食べる。
浴室はいつでも暖かいお湯が沸いている。
1人1台スマートフォンを持ち、LINEで会話する。

Photo_20190624135804

大工さんが独りで現場も監督して、
職人をまとめながら
家を建てる。
今までの作り方では、クライアントの期待する家は
到底作れません。
あまりにも多様なライフスタイルとなり
また、住まいの持つ機能は電力を使い複雑になっています。

住宅設備をはじめとし、
多種多様な業者が関わらないと現在の住まいは完成しません。

また、出来上がるまでに、選択肢も無限にあります。
建築確認審査機関の目も厳しくなっています。


さらに、専業主婦という言葉もなくなってしまうほど
共働きのライフスタイルが増えています。
専業主婦のいる家と共働き夫婦の家では
家事動線が違ってくるのは当然。
また、畳の生活から椅子に座る生活になりましたので
昔ながらの間取りでは使いづらいのは周知のとおり。

400pxmaslows_hierarchy_of_needs

そして、寿命が長くなり、
セカンドライフという時間軸ができました。
おおよその人が、自己実現を目指していきている時代。
それをバックアップする機能も必要です。


Photo_20190624140302
しかし、今は忘れられている日本の住まいの良さもあります。
土壁や土間空間、和室や障子などの和の意匠。
日本人のDNAに組み込まれている
京都や鎌倉へなぜか行きたくなる心理。

Photo_20190624140306

その両方を兼ね備えた住まいを作ること。
それには、日本古来の意匠を知り、
現代の生活スタイルに沿ったデザインにしていくことが必要です。
つまり、住まいのイノベーションですね。

Photo_20190624135702

それと、私が最近、切に感じるのは
「女性」が主体の建築をつくることへの面白さ。

女性の時代は底辺からジワジワと押し寄せているようです^^








 

| | コメント (0)

2019/07/03

デザインの本当の意味~多治見の家リノベーション

Photo_20190624135805
リノベーションを進めるにあたって
大切にしていることの
2つめは断熱です。
Img_0034
断熱に関してもここ10年ほどで大きく価値観が変わりました。

以前、
日本では、
「家は夏を基準に建てる」とされていました。

ですから、築40年以上経った家は
きちんと断熱されていないものが

ほとんどです。

築50年、60年の古民家では
床板一枚の下は土であることは普通です。

また、このように竹小舞といって
竹で編んだ下地に土を練りつける壁が主流でした。

Photo_20190624140305

しかし、
暑さ寒さが極端になってきている気象状況、
また、花粉やPM2.5などの空気の汚れ
さまざまな事情で

冷暖房を入れる期間が長くなりました。

窓を開けて、風が涼しい、
という時間が極めて少ないのです。

このようなスタイルですと
断熱することで冷暖房の効率を上げる
必要のほうが重要となっています。

断熱で重要なことは
断熱材の密度と厚みをしっかりとること
そして、きちんとした施工。

Photo_20190703141401
多治見の家では断熱材を入れたのはもちろんですが
土間空間を設け、建具で可変できるようにして
夏と冬の住まい方を変えるご提案をしました。

プラン(間取り)での工夫は重要です。
デザインとは、おしゃれにする、
と日本では使われていることが多いのですが
本来の意味は、知恵を出して問題を解決すること、なのです。
これが昨今話題のデザイン思考です。

ですから、
表面だけの意匠を真似て作ったものは
デザインとは言えません。

真の美しさは
そのモノの本質を表した時にだけ
感じられるものなのです。

それがデザインです。

Photo_20190624140301

多治見の家では玄関土間に
竹小舞の土を露出させ
掛け軸に見立て仕上げました。




 

| | コメント (0)

2014/09/03

歴史はあなたの中にある ~ヴィ・カフェ ご感想~

06

8月29日(金)14:00より恒例になりましたヴィ・カフェを行いました。

今回は「ルネサンス様式」 

食卓芸術の発祥についてでした。

カギとなる人は、そうこの人

続きを読む "歴史はあなたの中にある ~ヴィ・カフェ ご感想~"

| | コメント (0)

2014/07/16

簡単にちゃちゃっとでは良いモノは絶対に作れない

015

暑い日が続きますね。夕方の雨あがりに漂う草のかおりが

日本の夏が来たな、と感じさせます。

さて、「まいおかの家」 だんだん出来て参りましたよ。

続きを読む "簡単にちゃちゃっとでは良いモノは絶対に作れない"

| | コメント (0)

2014/06/08

一生懸命からしか生まれないもの

001

ここ 2,3日雨模様。雨の日は喧騒がやむためでしょうか

心が落ち着きます。

さて、私の中の喧騒もようやく落ち着くかと思いきや、

まだまだ慌しいのは続きそう。

「焦らず、目の前のことをひたすら丁寧に仕上げよう」 と

日々 念仏のように唱えながら過ごしております。

まあ、どんなことがあってもマイペースなのですが^^;

続きを読む "一生懸命からしか生まれないもの"

| | コメント (0)

2012/07/12

上を向いて歩くと出会えるもの

1

北見方の家 

屋根工事が進んでいます。垂木(たるき)がかかりました。

垂木とは屋根を直接受ける材です。屋根面の強度を高める役割もあります。

垂木越しにみえる7月の空が一段と力強く感じられ

美しさを感じる瞬間。おなかの底にずぅーんと響くような。

刹那的

これが魅力を感じる理由のひとつ。

それと…もうひとつ

続きを読む "上を向いて歩くと出会えるもの"

| | コメント (0)

2012/03/14

フェルメールと出会い そして降参

120314_094001

ようやく先週の雨の朝、フェルメールの絵に会うことができました。

この日は午後から都内で打ち合わせの予定があり。しかし朝から雨。

平日、午前中、雨

この3つ条件であれば人も少ないでしょうと思い、渋谷に到着。

しかし、入り口の前に行くと、なんと長蛇の列。

込んでいる美術館が大の苦手の私にとっては究極の選択でしたが、ここまできたからには見ていこうと。

続きを読む "フェルメールと出会い そして降参"

| | コメント (2)

2011/05/16

あっぱれ 新緑でござる

Sh3k00770001_3

清清しいお天気が続きます。今春から上の息子が静岡の学校に行ってしまったことから、静岡まで出かけることが多くなりました。

行きは東名でササッと。帰りはのらりくらりと箱根を超え、西湘バイパスを経てとちょっとしたドライブとなります^^若葉の黄緑色のグラデーションが美しく、緑色の色巾の多さに感動します。

途中道端で茶ツミをしている人の姿も見られ、嗚呼、ここは静岡だと。

 

上の子とは産んだ時から友達のようなさっぱりとした関係なのですが、とはいってもやはり母としては日頃から目で観察できないので…と行った先は三嶋大社。そう、神頼みです^^

 

三嶋大社は権現造りだということで建築探訪をしたかったのだけど、本殿のほう(奥)には入ることが出来ず、残念。

宝物殿は重厚な雰囲気の建物。遠景でみると極めて微妙なむくりのある曲線がとても繊細美しく、おっとりとした静岡らしい街並みを形成しています。

しばし夫と建築談義を。こうしてどこに行っても最終的には建築ツアーになるのです。これでは建築見学したついでに参拝しているようなもの。

三島の美しさはなんといっても緑と水。街のいたるところに透明度の高い水が流れていて、富士山を背にした風景が日本の豊かさを物語っています。鎌倉とはまた少し違っていておおらかさや雄大さを感じるのは富士の裾野であることが大きいのでしょうか。

Sh3k00800001

 

4月から寮生活を送っている息子。寮食で出る魚の美味しさに感動して「うまい、うまい」と言っていたところ、元来静岡県民である友人達に「おれっち、そんなの普通だら」とあっさり返されたそう。

 

| | コメント (0)

2010/12/11

静かなる魅力 それは重力

Pc085746

垂木(たるき)を架けた架構を見上げる時

L'architecture est le jeu savant, correct et magnifique des volumes aseemblés sous la lumière. (Vers une Architecture)

この ル・コルビュジエの言葉を思い出します。

続きを読む "静かなる魅力 それは重力"

| | コメント (0)

2010/09/29

失われた時を求めて

2010928

アトリエの近くに長谷川逸子氏設計の湘南台市民センターあります。

そこに公的手続きなどをする時に行くのだけど、待ち時間の間に

ふと ちらしを目にして

「勤労者のための女性セミナー」 ~和を楽しむ~

香道と万葉集と和菓子作りと3日間の講習。

香道の話が聞きたくて申し込みしました。3日間で1000円。

続きを読む "失われた時を求めて"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~