2009/03/03

grandes personnes  ~おとなたち

Photo_2 藤沢へ行く用事あり。予定よりもその早く用事が済んだので息子の数学の参考書を買うのを口実に有燐堂へ。暇さえあれば本を読む性質があるため本屋に行くと時間を忘れる。平行して読む性質もあるので今10冊近く読書途中の本があり購買欲を打ち消すのが大変。

さらに、画材道具を物色しに世界堂にも立ち寄ってしまう。画材や模型の材料、そして魅力あふれる文具たちを見ているとさらに何時間も経ってしまう。このような時は敢えて買わないのだけど、いろいろなものを見て想像するのが何より楽しい。幸せな時間。

学生時代は文房具や画材屋さんが随所にあったのだけど、ふと気がつくとだんだん小さくなってなくなっていくのが寂しい。手を動かして作り出すものにはパソコンでは出来ない何かがあるのよね~なんてと思うのだけど。手書きの図面なんかはそれだけで作品だったもの。

私は人間の心を幸せに、豊かにするのは「創作すること」だと思っていて、そしてこれからはいろんな分野における「アーキテクト」(建築家という意味ではなく広義な意味で)が必要な時代が目前に来ているとも感じていたりする。アートな時代。想像するとワクワクしますね^^

さてさて、話は変わってフランス語を学び始めて1年と5ヶ月。やっと「星の王子さま」が読めるようになった。もちろん「「星の王子さま」をフランス語で読む (ちくま学芸文庫) 」という参考書付き。最初はこの参考書さえもチンプンカンプンだったのだけど、ようやくヨチヨチ歩きでたまに(先生にはよく?といわれそう)後ろにさがっったりしながらも、原書で読む感動を味わえ、嬉しいことである。あと2年くらいで目標のガストン・バシュラール先生まで届くかしら^^語学の道も一歩から。そうそうさらに「星の王子さま-博多弁版・多田祐子訳」でも作ろうかしらと。

冗談はこのくらいにして

星の王子さま―オリジナル版 」にこんな一文がある。

おとなのひとたちに<桃色のレンガでできていて、窓にジェラニュウムの鉢がおいてあって、屋根の上にハトのいる、きれいな家を見たよ……>といったところで、どうもピンとこないでしょう。おとなたちには<十万フランの家を見た>と言わなくてはいけないのです。するとおとなたちはとんきょうな声をだして、<なんて立派な家だろう>というのです。P.27

この一文を読んだときふと……

作品をしっかりと見ずに開口一番「この家は坪単価いくらですか?」と聞かれ、なんだか寂しい気持ちになるのと同じなのかしらんと。

| | コメント (0)

2007/07/30

イタリア語かフランス語かギリシア語か。

 昨日本の整理をしていて村上春樹の遠い太鼓を見つけ、読み始めた。こういった整理整頓の仕方が一番非効率なんだけと・・・

 彼が40歳までに何かしなくてはという硬い決意で日本を離れ37歳から3年間ヨーロッパに行った時のエッセイ集。私はこの本を何十回となく読んでいるのだけど、こういったところが魅力的だからといった確固たる理由がさしあたってないのが不思議だった。(村上さんゴメンナサイ)

 

続きを読む "イタリア語かフランス語かギリシア語か。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/08

何を どのような空間で 誰と 食べるか

100_1569

 何を どのような空間で 誰と 食べるか。

 先日、ラジオから美味しいお店の情報が流れたので・・・「あっここ行ったよね~」と夫に言うと、「ソウだっけ?」と。「私は食べ物がまつわることは覚えているんだよね~。食いしん坊なのかな。」と言うと、「じゃあ、喰いいタンならず喰いケンだね。」だって。(食いしん坊建築家という意味)

続きを読む "何を どのような空間で 誰と 食べるか"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/14

自分の時間

100_1288

 全く予定のない日という一日はとても贅沢な時間。午後からは子供と夫で近くの公園に行ってしまったためひとりの時間となりました。

続きを読む "自分の時間"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/15

エジプトの香りにつつまれて

エジプト大使館でのアイシス監修の「オーガニックコスメ」の出版記念パーティ。大使館の中に入ると真っ白な大理石の空間を私の目が捉える以前にほのかに包まれる香油の香りに誘われました。

海外旅行の際、一番最初に感じるその国の印象はその空港の香りかもしれません。そしてそれはいつまでも記憶に残る最後の印象。

そんなことを考えながらレセプションルームでエジプト大使夫人のエジプトの化粧品の歴史や文化のレクチャーを受けておりましたが、お隣のダイニングルームからはエジプト料理の香りがしてきます。異国の思い出は香りによるものがなんと多いことでしょう。

ぴったりとした夜会巻をして知的そうな私の頭の形。しかし頭の中は実は食べ物のことでいっぱいでした(笑)

大使夫人はスレンダーでとても美しい方。スキンケアの秘訣は、正しい洗顔、そしてお食事の質に気をつけること、そしてダイエットは重要!ときっぱりとおっしゃていました。自分を節制すること、そして教養と姿勢やしぐさに気をつけること。簡単なことですがつい気を抜いてしまうこの地道な努力こそ素敵な女性へのステップに間違いはないようです。

Ts350393

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/24

香りについてのあれこれを

皆さんは「思い出の香り」はありますか。

私は・・・沢山あります。子供のころどろんこ遊びをした時の土の香り。小学校入学当初の沈丁花の香りは今でもその当時の緊張した気持ちまでも思い出させてくれます。また秋の遠足の頃の金木犀の香り。金木犀の香水を作ろうとして花をとっては瓶詰めにしていました。

最近、こんな本に出会いました。

Photo_2

恋だけではなく、香りというのは日常のひとコマを演出しているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

私の時間活用術の巻~!

昨日は表参道に行く用事がありました。多用な私はこのような際できる限りいろいろなことを重ねて行動するようにしています。

朝早く起きて段取りを組みます。超アバウトですが。いいのです。そのとおりにはいきませんから。そして一仕事終えます。

まず、予定時刻より1時間早く出て表参道の「TAG heuer」へ。夫とおそろいの時計が動かなくなったので二つとも修理をお願いしにいったのでした。出会った頃、同じ時間を共有する意味を込めていたのですが(たぶん私の思い込み)今は殆ど一緒にいますのでこれも思い?が叶ったというのかな~。よく止まるのだけど・・・(笑)

その後少しだけ表参道ヒルズでも。と思い信号を渡ったところで個展をされているギャラリーに惹かれ入ってしまい・・・作家さんやギャラリーのオーナーさんと話しが咲いてしまい、約束の時間ギリギリ。迷わず表参道から青山までをダッシュしてしまいました(笑)

そしてかけっこのゴールはご活躍中のモデルであり会社経営をされている由里子さん。由里子さんは心と身体のバランスがとれたとても美しい方。人としても女性としてもとても素敵な方です。日常のたわいもない話から始まって・・・お互いの夢をお話していくと夢の映像がパタパタと出てきて夢スパイラル!のような魔法が現れます。由里子さんいつも温かいお心をありがとうございます。

その後、夢をどんどん実現化させている高橋氏(日経Associeの11・21号に掲載されています)にお会いする予定になっておりましたが、「ミーティングが入ってしまったので赤坂見附まできていただけますか。」とメールがあり・・・「銀座線に乗って・・・」と細かく説明してもらって赤坂見附へ。30分という短い時間でしたが、近況報告ややりたいこと、そしてそれに対するアドバイスをお互いにプレゼンするというなんとも画期的な時間でした。プレゼン力ついたな~(笑)しかも帰り方までしっかり教えて頂きました。高橋君ありがとう~!

教えて頂いた新橋に到着し、やりたい仕事を電車の中でやりながら東海道線に乗ったのですが、ラッキーアクティだ~!と思ったら「戸塚」は止まらなかった・・・結局藤沢まで行き小田急線に乗りました。結果的に長い時間やりたい仕事ができたのだけど(笑)そして小田急線の電車の中で偶然に息子のお友達のお母さんと偶然出会い、家まで永遠とお話して帰りました。

中身の非常に濃い一日だったなあ~。出会えた方もすべて素敵な方ばかり。こういった日があるとひたすら図面を書く作業もはかどるのよねぇ~。

などど超いいように考えながら明日は一日CADだ~と気合を入れつつ家族と一緒に夕食を食べたのでした。その時、あっ!お昼食べるの忘れてた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/31

存在感

先日都内に用事があったので久しぶりに友人のTさんとお会いすることができました。彼女が私にぜひとオススメしてくださったカフェに行って参りました。

そこはCassina-ixc.のPRIVATE。カッシーナの家具のショールームとカフェをMixした空間。店内には建築家とそのクライアントらしき人々のミーティングが随所で行われていました。

そんな空間でお茶を飲むことは大変贅沢なことであるなあと思いながらも、家具との相性を気負いすることなくゆっくりと決めることができるショップとしてはとても良い発想だなとも感じました。

新しいカタログを受付の方に事務所まで送ってもらいました。じっくりとカタログを眺めて感じたのは「家具」が私に語りかけてくること。まるで「絵」を鑑賞するかのような「存在感」がそこにあるのです。

本物は「存在感」があるのだと再認識したのでした。

私の欲しい椅子もこのカタログの中にあります。やっぱりいいなあ~。と思いながらも、この椅子を置くのはやはり海の見えるアトリエしかないのよねぇ。と。しかも私の中で海はエーゲ海。いつ購入できることやら(笑)

存在感は人でも物でもそのものの「深み」であるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/29

音楽と空間

空間はそこに人が存在することによって始めて生きる。と私も思うのです。

そしてその空間にさらに深みをもたらすのは音楽でしょうか。私は自分の作品ごとにいろいろな曲の思い出があったりします。それは私が空間を生み出す際に「音」を通して作り出すゆえかもしれません。

ある時はラジオから流れる曲からインスピレーションを得、またある時はオペラやクラシックなどの曲が重なる時も。

本当に自分の世界に入り込んでエスキースを行うときは学生のころからの習慣ですが、「これ!」と思った曲を聞きながらが多いですね~。

最近はダイアナ・ロスのアルバム「I Love You」がお気に入り。彼女の歌声は私の五感に響きます。

Photo_1

バロック建築を見るとバロック音楽が流れる。音楽も建築も社会の反映、そして文化なんですね。文化として残るもの。大切に創造していきたいと。

・・・そう彼女の愛のある歌声のように人々にエネルギーを与えるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

洗練とスタンダード

最近ピンとくる雑誌がなくて困っていたところに・・・見つけました。EWという雑誌。

Photo

今まで一番読み応えのあったトランタンがなくなってしまって残念だったので思わず購入してしまいました。

私のような固い仕事をしているとあまりにも流行を追った服装は好まれません。しかしセンスよくないといけないので難しいのですが・・・清潔で洗練されたつまり上質でスタンダードなクラスのファッションが一番だと最近思っています。お客様の大切な夢や財産に大変失礼だと思ってしまうからです。(プライベートではファッションでもいろいろと楽しみますが)

実はそういったクラスのものを情報として得るのは難しいものがあったのですが、このEWはいろいろな情報が満載でとても重宝しています。ぜひ続いてほしいな~と思っております。

さて、もうひとつ。これは夫が買ったもの。TITLeという雑誌。11月は建築が特集でした。建築雑誌やインテリア雑誌とはまた違った視点での「建築」。結構面白いのですよね~。私も以前「女性建築家」としてある男性雑誌の取材を受けたことがありますが、男性雑誌は夢とロマンがあります。変わらないセンスとスタンダードなところをとても大切にしているような気がします。生き方をモノに感じてしまいます。

女性誌でもEWをはじめ、かっこいいクラスを感じさせる雑誌が増えることを願っています。

100_0520

先日、息子が木製ブラインドとガラスのお掃除をしてくれました。

光がとても気持ちがよく、テラスで家族とオープンサンドを楽しみました。

とても簡単ですがとても豊かな気分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)