ごあいさつ

2021/01/09

年頭所感2021~生活基盤を最重要事項に。その上で生きる目的を明確化する。

1_20210109140301

新しい一年が始まりました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
神奈川県は7日より緊急事態宣言が発令され
湘南の街はしんとしています。

2020年の昨年は新型コロナウィルスによる影響で
今まであたりまえであったことが出来なくなったり
外出する際のマスク着用、手の消毒などが日常となりました。

また、ステイホームをすることで、家族といる時間も増え
暮らし、そして、住まいは生きる上で最も大切にしなくてはならない場なのだ、
と痛感しておられる方、多いのではないでしょうか。

さて、感染症といえば、実をいうと、
私にとって、かなり身近であるものなのです。
なぜなら、私の父は幼い頃に天然痘にかかり、
福岡県で奇跡的に治癒した子供だったからです。
完治した時は、地方の新聞にまで載ったという話を小さな頃から度々聞いていました。

この話を耳にする度に、

「奇跡的に助かった父から生まれた私。それはかなりの確率の奇跡ではないか!」
「だとすると、何の目的で生まれたのだろうか?」
「こうして生まれてきたからには、絶対に何かやらねばならないことがあるはず!」

と、子供ながらにも小さな頭で、ぐるぐると考えていました。
だから、19歳で単身で福岡から関東へでてきて
今まで子育てと仕事に一心に頑張ってこれたのも
この内から湧き上がる何か衝動があったからです。


また一方では、そんな経緯があるためなのか
幼少期には、「清潔と栄養」についてはとても注意深くしつけられました。

・整理整頓や掃除の徹底
・滋養となる食材を自炊し、必ず家族全員そろって食べること
・手洗い、洗濯など、身の回りのモノを常に清潔にすること
・むやみやたらに素手で目や口などを触らないこと
・先祖には常に手と心を合わせること などなど。

今ではもうあたりまえとなった幼少の頃の厳しいしつけが
このコロナ禍では、生きていく基本中の基本ともいえる整った生活の基盤づくり
これが身についていることが、とても役立っているのではないかと。
昨年一年間は、しつけをしてくれた両親に改めて感謝の念が沸き起こりました。

同時に、「人間として生まれた目的」についても
ステイホームの時間利用し、より一層、探求いたしました。
オンラインで必要な講座を勉強したり、本を読んだり。
そして、昨年秋頃より、ブログやSNSに綴り続けたことで
いろいろな方面からのお声がけが続き、少しずつカタチとして現れ始めました。
現在、多方面に向けてスタートしております。

建築家としての仕事については、
住宅の枠を超えた、多用途の建築設計のご依頼を方々でいただくようになりました。
こちらも事務所としてのコンセプトを明確にすることで、
同じ価値観をお持ちの方とのご縁をいただくようになりました。
引き続き頂いたすべてのみなさまの夢を具現化し実現できるように尽力する次第です。

また、昨年暮れには、私にとっての兼ねてからの望みであった出版も決まりました。

これから今までとは違う、全く新しい世界への門出ともいうべき2021年。
ようやく奇跡的に生まれてきた目的を明確に出来た今だからこそできることを
一歩一歩を踏みしめて進みたいと思っております。

決して私の力ではなく、生かしていただいていると
出会う方々とのすべてのご縁に感謝して。

2021年 1月 
同い年の太陽の塔を仰ぎ観ながら

多田祐子

| | コメント (0)

2020/11/07

「新しい私へ」と向かっています

122052666_572899670340145_51309088266908

ブログやSNSの投稿に費やす時間がなく、
最近、「元気にしているのか?」
というお便りを多々頂いてしまい恐縮しております。
おかげさまで元気です。
ということで少し近況報告を。

一つは、思わぬ分野よりお声がけ頂き
新しい立場での仕事をすることになり、
まだまだ暗中模索の中におります。
(来春リリース予定です)

また、三重県にて
個人所有の小さな音楽ホールの設計も始まりました。
昨日は音響の確認をしに、
秋葉原サウンドセンターにてクライアントと打ち合わせでした。

世界でもご活躍されてきた音楽家ご夫妻との創作は
とても学ぶことが多く、
ホールの設計は建築と音楽の創作ダンスと言えるでしょう。
素材やディティールなどの些細なことで一つの音が決まってしまうと思うと
身も心も引き締まります。
さて、ホールの設計をしていると、
ピアノを弾いていた頃の記憶から、
前職時代に携わっていた美術館やホールなどの公共建築設計への
メモワール(記憶)が浮かんできます。

プルーストよろしく香りも記憶を呼び起こしますが、
音楽も記憶を鮮やかに呼び起こすものですね。
さらに、このホールを作る仲間においては、
昨年より今年の夏まで起こったいろいろな出来事の中で、
散り散りに途切れてしまった縁が、
なんと、再びピタッとつながったのです。
自分の中にある「義」を守り続けてきたことで再縁となったこと、
判断は間違っていなかった、と感極まる想いでおります。

芸術に触れることがままならなくなった昨今、
これからの芸術の未来に少しでもお役に立てるよう益々尽力する日々なのです。

また、このコロナ禍を生き抜くために
身を決して立ち上がった方々とのご縁も頂いております。
一緒に切磋琢磨し、改革案を思案する日々です。
今こそ建築に何ができるのか?と。

それは自分自身との戦いであり、
さらに志高き仲間と共に、じっくりと前を向き、
生きていきたいと、願いを込めて。

| | コメント (0)

2020/07/22

設立20年を迎えました。感謝。

Img_3577
 

2020年7月19日をもちまして事務所設立20年となりました。
これもひとえにクライアントをはじめとし、支えてくださるみなさまのおかげです。
感謝申し上げます。

事務所登録をした日は、はっきりとした記憶があります。
当時、夫はまだ組織設計事務所に勤務していました。
20年前のこの日の朝、たまたま仕事で伊勢佐木町に行くというので
出がけに
「だったらついでに建築事務所協会で事務所登録の書類出してきて」
と玄関で書類を渡しました。

「ついで」だった(笑)

そうなんです。私、独立することが全くの他人事でした^^;
しかし、事務所を経営しはじめたら面白くなって
いつの間にか一生懸命になっていたら忙しくなって…
だから最初は無駄な力が一切入っていなかった(笑)

写真の事務所登録通知書は5年ごとに更新の手続きをすると発行されます。
手続きは今回が一番感動を覚えました。
いやはや20年間、良くやってきたぞ、と。
当時妊娠中で、まだお腹にいた下の息子は20歳だぞ、と。
妊娠中に設立してるのですよね^^;

さて、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
事務所の登録番号が「11734」なんです。
そう、「いい波よ」湘南らしい^^
サーファーの方だったら狙ってお金出しても欲しい番号なのでしょうね。
いいのか?私で?スンマセン^^;
しかし、思い返すと、確かにいい波で運営させていただいているなあ、と
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

Img_3638

さて、20年のお祝いは小さなお食事会をごくごく親しくしている方とご一緒させていただきました。
横浜関内にある老舗のスパニッシュ。カサ・デ・フジモリです。
本当はみなさんをお呼びして、といろいろと計画していたのですが、このコロナ禍でははばかれまして
オリンピックと同様に来年に延期することに決定いたしました。

Img_3642

そして、設立20年の抱負といたしましては

現在、オンラインを主軸とした新しいビジネスモデルを構築しています。
これは、単にコロナ禍の対策ではなく、
私自身が3年前から、詐欺のような出来事に巻き込まれたり、
現場で職人にパネルを当てられ足を骨折したり、
今年はじめにもトラックに当てられ頸椎を骨折したりと
何か現在進む道を軌道修正させられているかのような出来事が続き
(これを天中殺とも言うのでしょうね)

また、2年くらい前から
数年後にはガラリと世の中が変わると察していたので
その頃から、かなり真剣に
マーケティングとブランディングの勉強を再度開始したのです。
病院の待合室でスキマ時間に本を読み、
料理をしながら、オーディオブックを聞き、
実際に検証もして毎朝PDCAを振り返り、作業を繰り返しながら
マーケティングの本質と海外で最先端を行くビジネス書(洋書)を読みこんで
自分の中に落とし込んで、具現化しています。

あえて再度と書くのは、10年前も同じく、ブランディングをしたのですが
時代の変化が早く、すぐに使えなくなってしまうことがわかったからです。

さてさて、本当に辛い3年間でしたが(誰もが慰めてくれました)

しかし、このコロナ禍を迎え、
発表する時期が随分前倒しとなりそうです。
オンライン化が進み、世代を超えた素晴らしい仲間との出会いがあり
今や、デザイナーやエンジニア、クリエーターと共に
第一弾の秋のリリースに向けて作業を進めています。

さらに…

私自身は、事務所運営と並行して、次の目標に向けて歩み始めました。
大学4年の春にふつふつと思い描いていた「建築を生業とした私の一生」
つい先日まですっかり忘れていたのですが、
名古屋でお仕事をご一緒している女性とオンラインで話をしていて
あっ、と、思い出しまして(まだ、内緒です)

やっぱり、最後まで貫き通さないと私らしくない、と^^

で、祐子さんのそのモチベーションの高さの秘訣はなんですか??と聞かれそうですが^^;
それはもちろん、
クライアントやファンのみなさんの声です!に決まってますよ!
最近では毎朝、こちら↓を見て、ニマニマしております^^;

ありがとうございます。

Houzz

| | コメント (0)

2016/01/04

謹賀新年

S_mg_1707

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
おかげさまで実り多き一年となりました。

本年も日々やることを
コツコツと丁寧に、と心して。

日本中を旅をしながらのびのびと
業務して参る予定です。

お母さんとしては、
成人式、受験、息子二人の卒業式と
またまた盛りだくさんの年ですが

すべてをうまくやろうと力まずに
その雑多な中にある何気ない喜びを
感受性豊かに受け止めていこうかな、と。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2015/05/19

いつもご覧いただきありがとうございます☆

オンラインセッション開始による特別企画!

住まいをミカタに輝く未来にしよう!

「新築もリノベーションも予定がない」

「だけど、今のライフスタイルを変えたい!」

と思っている方へ!


豊かになるコンサルティングセッション 特設ページ

http://www.campaign.you-allabo.com/

詳しくはこちらの記事から



Lp_20200911101601



あなたは変わらなくていい。

   住まいがあなたを変えてくれる」


共働きで子供を育ててきた経験より
「シンプルに住まうことが豊かな人生をもたらす」
住まいが重要なことを、世の中の困っている人にも伝えていこう!と、
夫婦で2000年、多田建築設計事務所を設立しました。
同時に、より良く住まうための「暮らしの癒やし」というサロンを主宰。
今では多くのファンの方に支えられています。
(現在は豊かになるライフスタイルラボに改名)

20年経った現在まで、住宅は50棟以上、また、サロンや講演などで
お話を聞いてくださった方は1000人に登ります。
しかし、単純計算すると、住宅設計は、年間3棟です。
多くても1年に6棟以上はお受けしていません。
この数字からおわかりの通り、決して大きな事務所ではありません。

それは、一級建築士の資格を持つ夫婦2人で、常に共に1件の設計案件に向かい、
お客様に寄り添うようにして、1棟1棟を丁寧に作り続けていきたいから。
今まで多くのお客様が、出来上がった住まいを心から気に入ってくださり、
仕事でもプライベートでも充実した人生を送っている喜びが、
少しずつ日本中に広まっていったのだと思っています。

お客様には共に歩んでいただき、心より感謝しております。

素敵なみなさまともご縁をいただけますと嬉しく存じます。

多田祐子

多田祐子の

現在を知るClubhouse アカウント→@yukohany
思考を知るtwitter アカウント→@hany_18love
歴史を知るfacebook
感性を知るinstagram
を知るnote

芸術家の視点からの発信しています。
感性を高めるツールとしてお役立てください。
*フォロー頂けると嬉しいです!

 

多田建築設計事務所共同主宰
https://www.arttada.com/

豊かになるライフスタイルラボ主宰
http://you-allabo.com/

一級建築士 /講演家/画家/セラピスト

福岡県生まれ
共感覚保持者

ビジネスプロフィールはこちらから →

トークショー、セミナー、講演等の実績はこちらから 
講演内容はこちらをご参照ください。→ 講演依頼.com多田祐子プロフィール 

 

藤沢市湘南台 5丁目, 神奈川県, JPのHouzz登録専門家多田 博多田 祐子

_mg_6476_2

Photo

Img_0194

2013年7月 北鎌倉の家「渡辺篤史の建もの探訪」 にて放送され、
2015年1月、2020年1月と渡辺篤史×多田祐子トークショーを2回させていただきました。

また、多治見セラミックパークにて。
大草の家のお施主さんの声を伺いました。
当日の様子をスライドショーYouTube にてご覧ください。
_mg_4766

https://youtu.be/3nqWhD7dB6A

講演・執筆依頼、ご相談・お問い合わせは
お問い合わせフォームもしくは
お名前・ご連絡先を添えてPCメール受信できるアドレスから

info@arttada.comまで。
-----------------------------
当事務所で建築されたお施主さんの声です。
↓からどうぞ。

Voice-bana1

事務所を設立して20年となります。
ふたりの息子たちを育てながら切磋琢磨している様子を綴っています。
作品別アーカイブとなります。
こちらからどうぞ↓

Photo_20200508140801

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013/01/07

日本を大人の女でいっぱいにしよう

_mg_7527_web

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2013年が始まりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私くしはと言いますと

facebookには書きましたが、昨年の29日夜より高熱が出始め、

意識朦朧としている間に年を越してしまいました。

続きを読む "日本を大人の女でいっぱいにしよう"

| | コメント (0)

2012/01/07

あけましておめでとうございます

Sh3k02830001

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年になって、7日経ちました。

みなさま お正月はいかがお過ごしでしたか?

私は

続きを読む "あけましておめでとうございます"

| | コメント (0)

2010/01/05

箱根より あけましておめでとうございます。

P1034981

 あけましておめでとうございます。

2010年が始まりました。元旦の夜は素晴らしい満月でした。

 

昨年末に何か忘れている気がする…という気がしてならなかったのですが「箱根神社へ行く」という言葉がイメージで浮かびお参りに。

続きを読む "箱根より あけましておめでとうございます。"

| | コメント (0)

2009/10/03

丸ビルで朝食を

Photo

2日 朝5時半に家を出て「丸の内朝大学」の会場へ。6時半過ぎに東京駅についたのだけど平日のお昼くらいの人がいてびっくり。みなさまお疲れさまです。

今回のこの講座では無垢の木のサンプルに自然塗料を塗ってもらうことも取り入れてみようかな~と思い、私が好きな材料を営業の方々にお願いして準備して頂きました(頭であれこれ考えるよりも身体全体で感じ取ってもらうことが大切だと考えているので)

続きを読む "丸ビルで朝食を"

| | コメント (0)

2009/09/01

実りの秋に向けて

Rose02

29日・30日と小田原にて「夏の建築家展」に参加させていただきました(事前告知が間に合わずゴメンナサイ)

短い時間の中でしたがお越しくださる方々の「住空間」に対する意識が数年前にくらべるととても高くなっていると感じ、嬉しくなりました。

また、建築家を目指したいという学生も多く、彼らと話をしているととんがっていた自分の若かりし頃を思い出したり…今の学生さんは礼儀正しく穏やかなのですね。

さらに今回参加された先生方は神大(神奈川大学)出身の方が数名いらして、あの学食や中庭、さらになつかしいサークル名が出てきたり。

続きを読む "実りの秋に向けて"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おはなしのおはなし お悩み相談 お施主さんの声 お知らせ きぃちゃん家 こどもとわたし ごあいさつ つばさの家 なかじゅくの家 まいおかのいえ ものがたり わたしのこと わたしの設計心得 エコなこと オススメの旅 オンライン化 セミナー タイ旅行記 ポエム メディア掲載 メルマガサンプル メンテナンス リノベーション リフォーム 事務所の歴史 京都・出雲・天橋立の旅 京都・奈良の旅2020 伝えること 住まいの基本 住宅とお金 傾斜地に建つ家 北海道旅行記 北見方の家 北鎌倉の家 収益物件 名古屋出張 「明治村」ほか 回の家 回顧録 多治見の家 多田祐子 連続講座 大人の女性に 大草の家 季節とインテリア 家具づくり 希望の家 平塚・黒部丘の家 幸運体質環境講座 店舗設計 庭のこと 建築ウンチク 建築家のお仕事 弥富の家 感性を磨く 手づくり 整理整頓とお掃除 新しい生活スタイル 日本人の感性 映画 本日のおすすめ 桑名音楽ホール 梓川の家 横濱和泉の家 浄明寺の家 湯河原の家 生きること 癒し 白い家 白旗の長屋 相模大野の家 空間と心 紅花居 美について考えること 美容 美濃加茂の家 美術館巡り 職人魂 葉山・しおさいの家 葉山・一色の家 葉山・下山口の家 語学 読書 講座・セミナー 豊かになるライフスタイルコンサルティング 雄三通りの家 casa la mar K動物病院のこと Vie Café ~お茶会~