« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021/03/13

自分の頭脳に命をかける、それが生き切るということだ。

159346901_269618668002239_66308388925323

今日は朝から激しい雨が降っています。
雷の中、朝イチでオンラインでの打ち合わせ。
NPO法人のロゴの方向性が決まりました。
新月の嵐の中で出来るとは、なんだか劇的な誕生です。

さて、私の頭の中には「芸術とは?」「建築とは?」「デザインとは?」という問いが
24時間、365日あり、常に考えている状態なのですが、
先日、私のモノづくりのこだわりは何だろう?という問いに答えがでてきたのです。

それは、「知性がある」ことは絶対的な条件だと。
つまり、作った目的や意図がはっきりとしている、ということです。
また、私の好きな作家さんも皆、それがはっきりしています。

では、「知性」とは何でしょうか?
それは、「自分の頭で、死ぬ最後まで考え尽くす」ということだと思っています。
知識の量や学校の優劣ではありません。

さて、今年の初めに、どうしても太陽の塔を見たくなり、行ってきました!
岡本太郎さんは大好きな芸術家で、彼から学ぶものはすべて学びたいと、
日本にある彼の作品はほぼこの目で観ました。
太陽の塔だけは、名神高速の通過中に見上げたことしかなくて^^;

ところで、この太陽の塔、現在、中に入ることができるようになったのはご存知ですか?

159935791_1130329830748506_6032007271043

エントランスは、スロープになっていて地下から入ります。
中はぜひ入ってからのお愉しみ。
ということでネタバレしないように写真は載せません。
TAROワールドが満開ですよ。

私の場合、腕のようなところはどのように構造的にもたせているのかに大変興味がありました。
中に入ってその部分に到達した時、度肝を抜いたのですが、
この腕の先端までエスカレーター据え付けられていて、外に出られるようになっていたのですね。
あ、バラしてしまった^^;
50年前の日本は、なんだか希望にみちみち溢れていたのだなぁと思いませんか?

そして、彼のすべての作品の命題は「意外性」だと私は認識しています。
そう、それをここでもやりきっていた!
エスカレーターですよ。腕に。それも50年前に。

159523317_146661137329372_31060903436673

さらに、3つの顔は、過去、現在、未来を表しています。
彼は日本文化においては、縄文時代の研究をしており、非常に博学な人でもあります。
たくさん本も出していますよね。
日本庭園についてや人生論もあります。
とても面白いですよ^^

そのすべての思考がこの作品には練り込まれているのを感じることができます。
つまり、彼の費やしてきた時間と思考の全てをこの作品にあらわしていると言える。
そう言えば、なんとなく、この佇まい、埴輪(はにわ)を彷彿しませんか?

「芸術は爆発だ!」という言葉が独り歩きしてしまい、
氏の作品の本質が語られないのは残念なのですが
こうして大阪の街に飄々として趣で、鎮座しているのを見ることができた時は感無量でした。

岡本太郎、ピカソ、ゴッホ、ガウディ然り
「知性」のある作品は、表現がどのような手法であれ
古くなることなく、存在するかぎり、
作者が亡くなってもその作品そのものが考え続ける。

作品は、作家の手から離れると、
個としての意志を持ち、生き続ける。
それが、鑑賞者にインパクトを与え
「深く考え続ける」よう訴えかける。

それが芸術なのだ、と。
芸術とは生きることそのものなのだと。

その現象を目の当たりにした今年の年初。
私もそんな作品を作りたい、これからも作り続けたい。
命ある限り。








| | コメント (0)

2021/03/06

コロナ禍でも出来る!想いは距離を超える!

157344179_455899808989744_30088808322661

啓蟄を迎えましたが、
1都3県では緊急事態宣言が延長となり春が遠くなったよう。

さて、私もいろいろなことがようやく一区切りとなりました。

ひとつは、節分の頃、とあるNPO法人の理事としての事務局長に仰せつかり
昨日まで、法人設立に向けて、昼夜問わず、東奔西走しておりました。
4日に、無事、設立を迎え、少しほっとしています。

2つめは、とある大手メーカーさまよりローンチ(新製品開発)における
専門家(建築家)として具体的なエビデンスなどの作成をするなどの
助言などをしておりまして、こちらも先日、FACTBOOKができあがりました。
商品は今春に発売予定です^^

3つめは、三重県で個人所有の音楽ホールを設計していましたが、
ようやく現場着工となりまして、基礎工事が始まりました。
即座に下記のような写真報告がLINEで上がってくるため
状況を早く把握できます。
これは距離に関係なく、メリットです。

45758


これら3つは、コロナ禍中で始まったものばかりです。
コロナ禍で、仕事の進め方や営業方法が過渡期の中、
オンラインでの打ち合わせがほとんどでした。

電話、メール、FAX、LINE、Zoom、slack、その他のアプリ…
毎日、これらのツールを使いながら、物事を進めてきました。
一日に最低5名~10名の方と話をしている日々で、
アトリエに籠もりながらも、なんだか始終人に会っているような感じ^^;

しかし、オンラインでは不可能な
役所などへのヒアリングや現場での打ち合わせは
当然、出向くことになります。

その移動中でも
音が出せない電車の中では、スマートフォンでLINEやslack、メールを使い
歩きながら、または車の助手席では、音声メインの電話で打ち合わせる
という、なんとも複雑多岐にわたる行動をしている状態。

朝は鳥取の方と打ち合わせして次は宮城の方…次は愛知…など
距離を感じることなく、仕事を進めることができるのは
文明の力だなあ、とあらためて感心しています。

設計についても、7年ほど前から愛知県をカワキリに
遠方での設計監理を始めたのですが、
最近では、オンラインが一般化してきたのもあり
みなさんもあまり距離を感じずにいてくださるので
とてもありがたいなあ、と思っています。

三重県、愛知県へはご縁が途切れることなく
最近では、現場にピンポンダッシュするように
車で日帰りするのも、当たり前のようになって参りました^^;

想いは距離を超えるのだと、
なんだか、いいなぁ、なんて
忙しい中、ふわっとそんなことを感じています^^

冒頭の写真は三重県いなべ市にあるカフェ「イシオノ」のランチパスタ

https://tabelog.com/mie/A2402/A240203/24017066/

津市内で設計監理していた時は津市内にあり、
あまりの美味しさによく通いました。
その後、いなべ市に移転され、
嗚呼もう行くこともないなあと落胆しておりましたが
その移転先がなんと!今の現場のすぐ近くだったのです!
なんというご縁なのでしょう!!
まるで、私が追っかけているようです^^

もう、行くしかない!
シェフ自ら育てた野菜と三重の海で採れた魚介でできたパスタ。
大きな牡蠣とホタルイカ、それとなばな、それな、マジ三重やん。
おごちそうさまでした。
三重ピンポンダッシュ日帰りの楽しみです^^




| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »