« ストレスのたまる家に住んでいませんか? | トップページ | ローコストの本当の意味、知っていますか? »

2021/01/28

いとしさをみつけることは人生を愉しむ術である

Img_3951

ここ数日、送られてくる経営者の方のメルマガなどを読んでいますと、
このコロナ禍で急速にオンライン化が進んだことは
未来が早く来たのだ、ということを書いてある方が多いようです。

私くしも2度目の緊急事態宣言が出てからというもの
更に、人とお会いする機会が少なくなりまして
もっぱら、ZoomやSlack、LINEなどでのやりとりとなっています。

そんなある日、
とても親しくしている友人から業務連絡でメールをもらいました。
このコロナ禍に陥る前までは、一番頻繁に会っていた女性なのですが
すっかり会えずにいて、もっぱらLINEでのやりとりが主でした。

さて、そのメール、たった数行だったのですが、
業務連絡の他に一言、二言、
彼女自身の日々の気づきから、
私への気遣いがふわりと言葉にしてあったのです。

彼女の紡いだ言葉をじっくりと味わい、
そして、時間をかけて生まれてくる言葉をそっと返す。
そしたら、数日後に、つと返信がくる。
そのリズムも、言葉も、
心にほのかな春の光が差し込むように、心地よいのです。
そんな柔らかいやりとりが続く中で、ふとこう思いました。

今まで、LINEでやりとりしていた時は気づかなかった
この心地よさは何だろうか、と。

思い返した時、
それは、昔なつかしい、文通や交換日記に近い感覚だなあ、と。

そこで、長年の愛読書である清川妙先生の
「心をむすぶ美しい手紙」の中のこんな一文を思い出しました。

51759kcb98l_ac_uy218_

「いいことばがいい人生を創る」という章の中に

ーーーーここから引用ーーーーー


小さなもののいとしさをみつけることは、
生きることの愉しさをいつけることなのだ。
小さなものだけでなく
小さなことば、小さな思い
ーーーーそんなものすべてを、大切なものとして扱うことから、
私たちの心の世界は、ゆたかに息づく気がする。


ーーーー引用ここまでーーーーー


思い返せば、ものづくりも
ことばを通じてようやく
はじまるのだ。

お客さまともメールでのやりとりの中の小さな小さな心づかいから
加速度を増して
大変価値のあるものとなっていくのだ、と。

会えない時だからこそ
オンライン化だからこそ
いいことば、あたたかい、やさしい言葉を丁寧に紡いでいきたいと思う
今日このごろ。

「だれが正しいとか間違いだとか、そんなことは横において
 大切な誰かににあたたかい言葉を紡いでいたい」

その他のことは、「美意延年」でこの時期を生き抜くとしましょうか^^;

清川妙さんの素敵な言葉はこちらの記事にも書いています。
↓↓↓

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2017/06/post-fcfa.html





|

« ストレスのたまる家に住んでいませんか? | トップページ | ローコストの本当の意味、知っていますか? »

オンライン化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストレスのたまる家に住んでいませんか? | トップページ | ローコストの本当の意味、知っていますか? »