« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020/05/29

傾斜地に家を建てるには

1__squ
「回の家」
 敷地全体になだらかな高低差があるため、地下を鉄筋コンクリートで作ることで
 コストダウンを図り空間を有効に使っている。


「傾斜地に家を建てたいのですが…」というご相談をよくいただきます。

特に、横浜は丘陵地。坂が多いですね。
だからこそ美しい街並みが育つのですが、果たして建物は建てられるのか、と。

たいらな土地であれば、みなさんもイメージがわくのでしょうが、傾斜地だと難しいですね。
私達建築家でも、たくさんの問題をクリアするために相当にアタマをヒネります。

しかし
デメリットばかりが目立つ傾斜地ですが、メリットもあるのですよ。
最大のメリットは、なんと言っても、眺望の良さを確保できることです。
また、南が開けていれば、陽当りも最高によろしい。

Mg_8674
「横濱和泉の家」
 前面道路より4.5m低い敷地が。
 正面から見ると、屋根の上に玄関ポーチが浮かんでいるよう。
 

例えば、こちらは横浜市郊外の住宅地に建つ「横濱和泉の家」
敷地が、前面道路より4.6m低いのです。上から見下ろすと怖い感じ。
一般的な住宅の高さは5~6mですので、屋根から入るイメージです。
さて、イメージできますか?^^;

 このような敷地の場合、おおよそは鉄骨階段などで玄関までのアプローチを作ります。
しかし、鉄骨階段は本体の住宅に比べると老朽化も早く、塗装などのメンテナンス費用がかかります。

Izuno01
「横濱和泉の家」
 玄関より1.5m下がったリビングへとアプローチされる。
 2階の屋内をはしる土間空間。通り抜ける風が心地よい。

そこで、ポーチと玄関を道路レベルに配置し、建物に入ってから2階リビングへ1.5m階段で降りる構成とした例です。
家の中でレベル差を解消するのです。
さらに、こちらは小さな屋上への階段も作ることができ、高低差というデメリットをメリットに変えています。

Izuo02
「横濱和泉の家」
 屋上へ抜ける階段。1階と2階を結ぶ階段と直行方向に上り下りする。
 断面計画が複雑で、子供たちが上がらないように工夫しているので、忍者屋敷のよう。
 

Mg_8605
「横濱和泉の家」
 リビングからの景色。撮影したカメラマン曰く「屋根が枯山水に見える」と^^

玄関からリビングへ見下ろした窓から広がる景色は澄み渡る広い空が広がります。
横浜市内で駅近の住宅街でこの眺望を自分のものにできるのです!
前面の敷地との高低差も3mありますから、隣家が迫っていても圧迫感がありませんね。

2-1
「回の家」
 地下へ続く階段:基礎を深くしたイメージで空間を構成していきます。


また、1枚めの写真の「回の家」も同様に
敷地内で2.5mほどの高低差がありました。
前面道路のほうが高く、小さな小川に向かって低くなります。
通常であれば、土留の擁壁を作って、土を入れてフラットに造成し、その上に2階建てなどを建てる発想となります。

しかし、造成する費用、かなりの高額なのです。
大きさや場所にもよりますが、その上に家を建てるとなると、数百万から2千万くらいまで。大きいですよね。
2m以上の擁壁ですと確認申請も必要となりますし、
大きく切り盛りすると地区地域によっては、開発申請が必要になったりもします。

そこで、基礎の一部分を深くするような発想でRC(鉄筋コンクリート造)地下をつくり、
その上に木造を立ち上げる、混構造という方法で解決した例です。

 
1
「北鎌倉の家」
 高低差を利用し、地下にインナーガレージと音楽室、ギャラリーのような玄関を持つ


「北鎌倉の家」も前面道路との高低差が2.5mあります。
基礎の一部を深くするようなイメージでRCで地下を作っています。

RCの壁を利用して藤棚の片持ちのバーを張り出した意匠。
5月のGWにはたわわに咲いた藤棚をくぐって「おかえりなさい」となります。
Photo_20200529131901

地下にあると良い空間もあります。
楽器を使う音楽室などは、コンクリートで囲まれますので、遮音効率は良いでしょう。
また、一年を通して気温、湿度の変化が穏やかであるため、それなりの設備は必要ではありますが、
貯蔵庫や保管庫には向いています。

問題が多岐にわたり、終わりの見えないような傾斜地の建設。
デメリットばかりではなく、多種多様に使える環境を作ることができることが
最大の魅力といえましょう。

建築家には吸い寄せられるような魅力のあるお仕事でもあります^^

しかし、傾斜地の場合、山奥などが多いため、
インフラ(電気・水道・ガス・接道)が整っていないことも多々あり、
建築本体以外で、
思わぬコストがかかることがあります。
また、市街化調整区域の場合は建築が制限されることがあるので、特に注意が必要です。

傾斜地を購入して建築したいけど…不安ばかりで…とお悩みの方
購入前にまずはご相談くださいませ。(土地探しのご相談は無料)
↓こちらのフォームより、お気軽にお問い合わせください。

https://www.arttada.com/contact

参考作品 設計監理:多田建築設計事務所
「回の家」https://www.arttada.com/portfolio/project-title-4
「横濱和泉の家」https://www.arttada.com/portfolio/205
「北鎌倉の家」https://www.arttada.com/portfolio/project1

 

| | コメント (0)

2020/05/27

白旗の長屋へ行く~過去から未来へ~

05_27_5

先日、2005年に竣工した「白旗の長屋」へ。
15年を経た今後のメンテナンスの方法のご相談と
工務店の不対応による新しい工務店のご紹介です。

工務店の不対応や、倒産によるメンテナンスの対応は心底困ります。
家は建てれば終わりではなく、手入れは必要ですから。
このご時世です。倒産していく会社が本当に多いです。
きちんと対応できる施工者を選ぶことは大切ですね。
でも、先のことは誰にもわかりませんが…^^;

05_27_0
 
さて、気をとりなおして。
間口5m×奥行き20mの敷地に立つこの住宅は、正面から見ると1階建てですが、
奥にいくに従って高くなり18m先は2階建て。

05_27_2

ホソなが~ぁいのです^^
中庭を挟んでお母様+夫婦とお嬢さんのゾーンを分けています。

05_27_9

中庭は木製デッキ。ヒメシャラの木を植え、夜はライトアップされます。
竣工してすぐに、このデッキでビールをごちそうになった記憶が蘇ります。
美味しかったなあ。
あれから15年経ち、幹も太く成長し、鳥が巣を作り、自然の生態系が出来ていました。
ステキなことですね。
こういう姿を見るのが嬉しい限り。

05_27_7

設計当初は2歳だったお嬢さんも今では高校2年生のティーンエージャー。
ちびっこかった記憶で止まっていたので、
再開した際、思わず「はじめまして」と言いそうになりました(笑)

美術系に進まれたようで、お伺いした日に
このダイニングテーブルで一心に課題作成に取り組んでいらっしゃいました。

当時、細長い敷地の特性を活かし、また、ローコストにも取り組んだ設計でした。
いかにお金をかけずに豊かな空間をつくるか?
それには、私達建築家の知恵も必要ですが、
施主さん自身のライフスタイルでの断捨離も必要なのです。

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

そこで、
大きな大空間で家族が壁や建具で仕切られない、
心理的隔てという空間構成のみで
適切な距離を持って住まう空間を作り出しました。

お母様のみ個室で、夫婦とお嬢さんは個室を持ちません。
だから、この住まいの内部建具はお母様の個室、トイレ、浴室の3つのみ。
将来的に、お嬢さんのエリアは個室にできるようにしていましたが
この日まで、個室にはされていません。

なぜかというと、壁や扉を作るコストを減らすことになるからです。
その代わり、住み手のライフスタイルの確立と決心が最も重要なのですが…

また、設計時、北欧家具などのスタイリッシュな家具はお持ちでした。
ですから家具からデザインされた空間ともいえます。

05_27_10

洗面器は理科室の実験用流しを利用してます。
使い勝手上、いろいろと制約がある素材ですが、
それも承知の上でのデザインです。

お風呂の扉は透明で、トイレの扉は半透明。洗面所は扉なし。
全くいろいろとアクロバティックなことをしています(笑)
いやはや今と違っておおらかで楽しい時代でした。

こういう空間で育ったらどのような感性になるのかとても興味深くて。
デザイナー志望のお嬢さんの成長が楽しみです。

「環境が人に与える影響は思っている以上に大きい」
学生時代から30年言い続けてきた
この持論を証明できる時が来るのは、そう遠くないように感じました^^
楽しみが増えたなあ。

| | コメント (0)

2020/05/26

コロナ禍の後で求められる建築とは?

Scn_0010

昨年11月に「豊かになるライフスタイルラボ」という場を作りました。

心と身体、そして衣食住、つまり「生きること」を探求していく場です。

今日はコラムを書きました。

「コロナ禍の後で求められる建築とは?」です。

ご興味のある方は、こちらから ご覧くださいませ。

↑新聞記事の意味もわかりますよ^^

 

| | コメント (0)

2020/05/20

お施主さんの声~梓川の家~長野県松本市

Azusa01
今年新春に登壇した渡辺篤史さんとのトークショーにて、
「梓川の家」を紹介しようと思い
お施主さんにお伺いしたところご丁寧なお便りをいただきました。
-----------------------------

ご無沙汰しております。

年賀状を頂きありがとうございます。

多田さんにお世話になり、家が完成をし早2年が経ちました。

とても居心地がよく安らぎの空間です。当時はいろいろ無理難題を要望してしまいましたが親身になって妻や私の要望をかなえていただきました。

とても感謝しております。

子どもたちも大きくなり5歳と2歳です。多田さんの話になると多田さん多田さんと言って会話に入ってきます。

1月26日は所要の為お伺いすることはできませんが、メールでの内容の写真や経緯等についてお話しされることには問題ありません。承知致しました。

逆に多田さん紹介してもらうだけで嬉しいです。

これからもお身体に気を付けてご活躍されることを願っております。

PS 多田さんのブログを楽しみに見させてもらっています。

---------------------------
Azusa05

ご自身の山や庭から採った木を使い、建てた住まい。
完成までに4年半の歳月をついやしました。
家づくりの原点ともいえるコンセプトは、私共も貴重な経験をさせていただきました。
カメラマンも撮影を楽しんでくれた様子でなんと100枚ものカットを撮ってくださいました。

Azusa04
至るところに原木で見ていた木が、第2の命として生かされているのを見ると
感慨深いものがあります。

Azusa02
これは玄関の奥にある家族専用の玄関。
ホウキやちりとりを掛けたり、コートを掛けるスペースなど、
とても便利よくまとまりました。
式台のケヤキの木目がなんとも美しいですね。

Azusa_03
南西の角には脱衣場に続くサンルームがあります。
冬は外に洗濯物を干すと凍るので、室内の物干し場を作りました。
夏はお風呂上がりに涼んだりしていいですね。

今にもお子さんたちの笑顔と楽しい笑い声が聞こえてくるようです。

100枚の写真を1枚1枚見ながら、思いを馳せるのも楽しみのひとつ。
次期、ホームページにアップしますね。

設計監理中の行き帰りに虹をたくさん見ました。お引渡しの時には彩雲が!

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/cat23945113/index.html

| | コメント (0)

2020/05/16

お施主さんの声~紅花居~神奈川県横須賀市

2
奥様からお便りをいただきました。

97265364_272981437077532_239590246475156

--------------------------------------------------------
シンボルツリーはピンク色のサルスベリ。
また、前面の道路は春には桜並木のトンネルとなります。
だから、この住宅の名前を「紅花居」としました。

6
日々を丁寧に過ごされている穏やかなご夫妻。
ライフスタイル・価値観がしっかりと決まっているお二人でした。

食事も寝室もすべて畳での生活を望まれ
無駄やホコリのない清潔な暮らしをされているのを伺っていたので、
1フロア、お風呂やキッチン周りなどの水周り以外はすべて畳でのご提案でした。

横須賀方面に向かう時、時々前を通るのですが、
設計当時は、お二人だったところに、
いつの日か、子ども用のお布団がバルコニーに並んで干されているのをみて
たいへん微笑ましく思いました。

住まいは住む人と共に生きていくのですね。

紅花居 https://www.arttada.com/portfolio/project-title-6
設計監理のストーリー http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/cat21650629/index.html

| | コメント (0)

2020/05/15

お施主さんの声~東海岸の家~神奈川県茅ヶ崎市

 04
奥様よりお便りをいただきました。

----------------------------------------------

97084315_1082243812160141_70836113800031

----------------------------------------------
茅ヶ崎の海側、雄三通りに面する敷地。
築90年の母屋の奥に計画した二世帯住宅です。
中庭を囲むコの字型の配置は、
世帯間のプライベートを守りつつ かつ
気配を感じることができる構成となっています。

子世帯はお子さんが4人。
子供たちがそれぞれの感性で育つような空間配置としています。
また、内装などはオーガニックなものを厳選しました。

現在、母屋は湘南サドベリースクールとして使用され
子供たちのにぎやかな声が楽しい空間となっています。

湘南サドベリースクール
https://shonan-sudbury.org/

設計監理の様子はこちらから
http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/cat21645650/index.html

| | コメント (0)

2020/05/14

お施主さんの声~大草の家~愛知県小牧市

_mg_4766
お嬢様からお便りをいただきました。
----------------------------------------
97959331_282143556281048_316820453881754
葉書オモテ
97512225_2546392845674513_16892086661268
葉書ウラ❤

-----------------------------------------
名古屋市から車で20分ほどの郊外。美しく豊かな緑が広がる場所。
このような市街化調整区域での建築は都市計画による建築規制が多く、様々な諸条件をクリアしなくてはなりません。
ご家族には度々お時間をいただき、完成することができました。
完成した際に、お嬢さまには完成記念トークショーに出演していただき、建主さんの想いをお話いただきました。

 

 

https://youtu.be/3nqWhD7dB6A

たくさんの壁を乗り越えるためには、施主、設計者、施工者の3者の信頼関係が大切です。
一つの目標に向かって歩んだ道のりはそれぞれの宝物となって建築という形に現れます。

事務所設立20年ですが、いつでも「三方よし」の気持ちで参りたいと思っています。

大草の家 https://www.arttada.com/portfolio/ookusa
設計から完成までのストーリー http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/cat23945115/index.html


*葉書ウラの猫は「チャコ」。打ち合わせにはすべて参加するという熱心さ。玄関にはチャコ用玄関も作りました。
完成までのストーリーにチャコ大先生がたくさん登場します!
_mg_4989


| | コメント (0)

2020/05/12

お施主さんの声 アーカイブ

Voice-bana1

お客様からいただいたお便りをまとめています。

7)お施主さんの声~梓川の家~長野県松本市

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2020/05/post-a904db.html


6)お施主さんの声~紅花居~神奈川県横須賀市

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2020/05/post-ca2d98.html


5)お施主さんの声~東海岸の家~神奈川県茅ヶ崎市

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2020/05/post-0ad0f7.html


4)お施主さんの声~大草の家~愛知県小牧市

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2020/05/post-7f5a11.html


3)お施主さんの声~黒部丘の家~神奈川県平塚市

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2020/05/post-df8d63.html 


2)お施主さんの声~弥富の家~愛知県弥富市

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2020/05/post-81f041.html


1)お施主さんの声~つばさの家~岐阜県美濃加茂市

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2020/05/post-6ad3e1.html






| | コメント (0)

お施主さんの声~黒部丘の家~神奈川県平塚市

_mg_6522
完成後、お引越しされて、奥様よりお便りをいただきました。

------------------------------------
多田様

こんにちは。ご無沙汰しています。

部屋の片付けは・・・少しずつ、スペースができてきましたが、まだまだ・・・。
それなのに、居心地がとっても良いんです。
お天気が良い土日でも、一歩も外へ出ないで家で過ごすこともあります。
それでもたいくつじゃないなんて、前の家では考えられませんでした。

料理の腕は上達はしていませんが、キッチンに立つ頻度が断然高くなりました。
何もしてないのにリビングの床に転がったりするだけでも落ち着きます。
なんだろうこの快適感!
家が居心地いいってこんなにステキなのかと実感しています。

------------------------------------
共働きの場合の家事の分担は難しいことが多いですね。
こちらのご夫妻は、どちらかというとご主人のほうが味付けなどがお上手でということで、
自然な流れで、ご主人がお料理担当されていました。
しかし、奥様は、心の中でひっそりと
新しいキッチンができたら、お料理を勉強したい。
ちゃっちゃっとお料理をしながら、
家族との会話を楽しんでいる自分の姿に夢を描いておられたのです。

そこで、キッチンをメインにしたリビング・ダイニングとし、子供部屋も併設。
どのようにキッチンを使いたいか、細かに(しつこいくらいに!笑)ヒアリングを重ね、設計しています。
出来上がってからは、
自分だけの家事動線を実現したキッチンに立つのはとても嬉しい!楽しい!と仰っていました。

また、毎年夏にはご家族で江ノ島水族館に行かれた際のおハガキが送られてきます。
98201021_2634862686832672_27568057620208
ご家族が増え、楽しく暮らされているご様子が伺えて嬉しいです^^
夏はポストを覗くのが楽しみなのです。

「黒部丘の家」https://www.arttada.com/portfolio/kurobeoka
設計から竣工までのストーリー http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/cat23563704/index.html



| | コメント (0)

2020/05/11

お施主さんの声~弥富の家~愛知県弥富市

69833851_2276534619135456_92764069029111
「弥富の家」愛知県弥富市のお施主さんからいただきました。

-----------------------------

多田先生、
皆さま、

昨日は、ありがとうございました。

先生方をはじめ職人の皆さまが、
小さな家にもかかわらず、
細部に渡って丁寧に作ってくださったことが
伝わってきて感謝で一杯です。

母も、実際の家を見たことで、
各部屋の使い方のイメージを膨らませ始めました。
脳の活性化に役立っているようです(笑)

一方で、新しい家に戻るに当たっては、
いろいろな物の整理の必要性も改めて感じています。

せっかくの素敵な家ですので、
快適にシンプルに暮らせるよう、
自分たちの意識も変えていかなくてはと思っています。

取扱説明、入居清祓の日程についてはもう少しお待ちください。
よろしくお願いいたします。

まずは、取り急ぎお礼まで。
------------------------------
お母様と娘さん3人の住まいです。

女性が建主となる場合、
「誰と家づくりをするか?」がとても大きなカギとなるようです。
お嬢さんは社会的地位も教養もおありの方でしたが、
悲しいかな日本では、未だにどんなにキャリアを積んでいても世間からは
「オンナ(=男より劣っている)」というレッテルを貼られます。

女性が社会で生きる難しさを暗黙で共有していることから、最初から私のことを信用してくださいました。
だから私も全身全霊でお仕事させていただきました。
それが、良い連鎖をうみだし、ステキな仲間を呼び寄せ、最後まで順調に完成することができたのでしょう。

弥富の家の設計から竣工まで
http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/cat24235774/index.html

| | コメント (0)

2020/05/10

お施主さんの声~つばさの家~岐阜県美濃加茂市

Hirayama_gaikan
お引渡しの2年後にお便りを頂きました。

---------------------------------------
多田先生

つばさの家に住んで、丸2年になりました。
住んでからの感想などお伝えしたいと思っていましたが、私の中で、1,2年は住んでみないと感想をしっかりお伝えできないと思っていました。
丁度2年たち、自分の中で色々感じていることなど、率直にお伝えしたくて、メールさせていただきました。
とりとめもなく、書かせてもらいますね。

・リビング、キッチンは広いですが、なんとなく区切られているようで、なんとなくつながっているようでいい感じです。家族が同じ場にいますが、自分のしたいこともできます。

「3畳あれば、十分」とおっしゃていたことが実感しています。天井も高さがあり、落ち着くサイズで私の部屋は、お気に入りの場所です。よく寝れます。

・家の向きですが、「南東の光は贅沢で一番いい」と言ってみえましたね。屋根など色々な計算もあるとは思いますが、住んでみて、本当に贅沢なんだなぁとありがたい限りなんです。夏は昼間涼しく、朝は、朝日が入る。そして、暗くない。

…そして、風が気持ちよく抜ける家です。有難いです。

・お風呂は、マットなシンプルな白壁ですが、正解でした!光沢や柄もいいかな、と思っていましたが、きっと飽きていただろうと今なら思います。

空間が、気持ちよく、美しさも感じます。家の中を眺めるときれいだな、としつらえを見て感じています。

・子ども達がのびのびゆったりと過ごしています。

住むにつれ、先生たちにお願いできてよかったと、縁に感謝です。

大切に住んでいきたいと思います。

子どもの友達が来て、「この家落ち着く。僕の家よりいい!」うちより新しい家に住んでいる子が言ってくれました。

9月から物置小屋を作ることになりました。(ようやくです!)この家に合うような物を、と1年半かけて主人と探したり、話合ったりしてようやく契約までにたどりつきました。主人は、こだわりが、強いので大変です・・・。

庭は、畑だった土地の分、草が育って仕方がないです。草引きも頑張らないとって感じです。のれん、作りました!気分転換に変えたりしていますよ。

とりとめもないメールでごめんなさい。お忙しいと存じますが、どうぞお体を大事にされ、素敵な家をこれからもどうぞたくさん作ってください!楽しみにしています。また、ブログチェックさせてもらいますね。

では、また、お会いできるのを楽しみにしています。

----------------------------------------------------
「つばさの家」
https://www.arttada.com/portfolio/project-title-3
出会いから完成後までの記録はこちらをご覧ください。
http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/cat23898934/index.html



| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »