« 美しくいのちを使い切る | トップページ | 奇跡の積み重ねが人生というものなのかもしれないと思う時 »

2017/06/16

成し遂げるとは、丁寧に仕上げること。

20170602_1554271

 

紫陽花、ヒメシャラ、君子蘭。

梅雨空が似合うと思っていた花々も、

爽やかな青空の元では違った魅力を

見せてくれることに気付いた今年の初夏。

 

先日、長野県の安曇野の先、

大町市まで足を伸ばして参りました。

鷹狩山の展望台まで行くと、

黒部の山々が神々しく、

まるでレイヤで重なっているように見えます。

 

20170602_1436351

 

植物は力強く、岩山は穏やかで、水は清らか。

観光名所ではないところに、心が揺れ動く場所はあるのです。

それは、自分がどのような視線でモノを捉えているのか、

というように、客観的に自分と対峙するくせをつけると、とよいようです。  

 

20170615_1332292

 

さて、絵を学び始めてから半年が過ぎました。

週に一度だけ、2、5時間の間、じっくりと絵に向かいます。

アトリエに向かう直前まで、CADで図面を描いていたりするので

頭の切り替えが大変。

 

さらに技術という手業が少ないため

なかなか自分の中のイメージを表現していくことは難しく

何度も何度も書き直しをしています。

そのプロセスは他人から見るととても面倒くさいことに思えることでしょう。

 

「まったく何の為に?」と。

 

しかし、その面倒くささの中からひょっこりと、

まるで偶然の産物のように

「これだ!」と思える表現に気付いていきます。

 

そんな時、至福の喜びが生まれます。

「あ、これは私がいつも講演で重要!といっている

アブラハム・マズローの欲求の5段階の頂点なんだ!」と。

 

1280pxmaslows_hierarchy_of_needs

 

現代社会ではとかく「効率」が重要視されます。

だから、ワタクシ、社会とは真逆を走っています。

大胆な逆走ですが^^;

 

20170608_1333052

 

自然と芸術、そして音楽は私の中では「ひとつ」です。

自然も芸術も「わたし自身」

それは「いのち」という言葉が一番近い表現かもしれません。

 

絵を描くこと、また、生業である建築を設計すること自体が

私のいのち、つまり生きること、なのです。

 

20170603_1105122

 

「毎日 丁寧に生きる。

 そのために必要なものは、意志である」

 

これは、大好きな清川妙さんの言葉です。

 

丁寧に生きることは

日常の面倒くさいを克服することなんですね。

 

何かを成し遂げる、とは丁寧に仕上げることだと

私は感じています。

 

20170603_0902442

大町市では「北アルプス国際芸術祭」が行われています。

自然と芸術。

 

私が訪れたのは開催日前だったため、

準備の様子しか見れなかったのですが

安曇野から大町まで「アート」が点在していましたよ。

http://shinano-omachi.jp

|

« 美しくいのちを使い切る | トップページ | 奇跡の積み重ねが人生というものなのかもしれないと思う時 »

生きること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美しくいのちを使い切る | トップページ | 奇跡の積み重ねが人生というものなのかもしれないと思う時 »