« 2017年4月15日オーナーズボイスセミナーにて登壇します。 | トップページ | 「松本梓川の家」完成見学会のお知らせ »

2017/04/26

バランスが美しさを決める

20170422_152507

桜、山吹、ハナミズキ。賑やかさを際立たせているのは実はとても美しい若葉色の新緑。こどもの頃のお花畑のイメージに色どられた日本列島は今や桃源郷。

1月後半より休む間もなく走り続けて参りました。地方を廻り、はなさかじいさん(ばあさん?)のように、皆さんの夢の空間を実現するタネをまき、育て、そして花を咲かせる。

3月末には名古屋で一輪の香しいスイセンの花が咲きました。そして、今、松本では5月末に大輪の牡丹の花が咲こうとしています。

スイセンの花(名古屋・希望の家)が咲いた経緯はこちら↓

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2017/04/post-3a02.html

20170422_154450

先週末、現場監理に訪れた時には内部の大工工事が終わっており、塗装、左官工事の下準備が始まっていました。

客間である日本間も造作完了です。天井も出来ていました。一部折り上げ天井になっているのは、意味があります。外観の軒の高さを低めにしたかったため(そのほうが見栄えがいいので)内部にそのまま構造体を見せ、また、木造の重量感と迫力を出したかったから。これは隣に続く、リビングとも連続しています。

設計図はお客様と間取りを決める平面図の次にこの部分の納まり(矩計図)を描き始めた記憶があります。和の意匠は構造体を美しく組んでいかないと美しく仕上がりません。

20170422_152423_4

先ほどの和室の天井の意匠は、玄関ポーチまで連続しています。

20170422_152408_hdr_3

和室縁側にも連続させています。

手前の柱は、いちいの木。このお庭に茂っていた木を使いました。根を生やしていた時と同じような位置に使用することは、昔からの宮大工たちのセオリーだったようです。私もここで、こうして叶えることができるとは、感無量です。

20170422_133355

南西にある洗濯物干しのための部屋です。現場は松本市内でも上高地の麓。少し標高が高いため、とても寒いのです。冬は洗濯物を外に干せません。一番日当りの良い場所に。天井、ひのきの縁甲板貼り。贅沢です^^

実は、ここの断面から検証しはじめました。軒の高さを出来るだけ低く抑えながら、太陽の光を効率よく入れる高さを決めるためです。悩んでいる時は苦しかったなあ^^;

20170422_154611

和室とリビングの境にある鴨居の建具溝。こうやって見上げる人は作った人くらいなんだろうけど、私はこういうところの造形に惹かれます。そして、このカタチを見て、次の全く違う場所の意匠がひらめいたりします。だから、作れば作る程、アイディアが湧いてきます。これが「手からモノを生み出す人」の特徴だと思います。自分で言うのも何なのですが^^;

20170422_151914

玄関に鎮座するケヤキの柱。30cm角。肌が素晴らしいです。
この現場監理の楽しみのひとつが、お施主さんと木の話をすること。木の価値観は日本の中でも地方によってマチマチ。これは、地形や微気候などが木を育てるため、樹種は同じでも、色、カタチ、特徴まで変わってくるからなのでしょう。
やはり、山と共に生きている人の話はとても興味深いのです。自然と対峙し、共に生きていくことは智慧が必要ですし、それを自然な形で継承していくフトコロの深さに、感心し感動します。
梓川の家は施主さんの山の木を使ったプロジェクトです。
経緯はこちらから↓
 
自然とは、原生林のように、自然のままよりもむしろ人間の手が加わることでよりよく生かされることも多くあります。人工物が悪のように捉えられていますが、人命や他の生物同士の共存を助けることもあるのです。すべてはバランスなのです。バランスの良いものは美しいものです。

20170422_152521

向いの林檎畑の木々も芽吹き始めました。お客様と出会ってから4度目の春。4年の歳月をかけてようやく来月竣工です。
そして、花咲じいさん(ばあさん?)は、また次の現場を廻り続けるのでしたとさ。
 

|

« 2017年4月15日オーナーズボイスセミナーにて登壇します。 | トップページ | 「松本梓川の家」完成見学会のお知らせ »

梓川の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年4月15日オーナーズボイスセミナーにて登壇します。 | トップページ | 「松本梓川の家」完成見学会のお知らせ »