« 2017年3月 | トップページ

2017/04/26

バランスが美しさを決める

20170422_152507

桜、山吹、ハナミズキ。賑やかさを際立たせているのは実はとても美しい若葉色の新緑。こどもの頃のお花畑のイメージに色どられた日本列島は今や桃源郷。

1月後半より休む間もなく走り続けて参りました。地方を廻り、はなさかじいさん(ばあさん?)のように、皆さんの夢の空間を実現するタネをまき、育て、そして花を咲かせる。

3月末には名古屋で一輪の香しいスイセンの花が咲きました。そして、今、松本では5月末に大輪の牡丹の花が咲こうとしています。

スイセンの花(名古屋・希望の家)が咲いた経緯はこちら↓

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2017/04/post-3a02.html

20170422_154450

先週末、現場監理に訪れた時には内部の大工工事が終わっており、塗装、左官工事の下準備が始まっていました。

客間である日本間も造作完了です。天井も出来ていました。一部折り上げ天井になっているのは、意味があります。外観の軒の高さを低めにしたかったため(そのほうが見栄えがいいので)内部にそのまま構造体を見せ、また、木造の重量感と迫力を出したかったから。これは隣に続く、リビングとも連続しています。

設計図はお客様と間取りを決める平面図の次にこの部分の納まり(矩計図)を描き始めた記憶があります。和の意匠は構造体を美しく組んでいかないと美しく仕上がりません。

20170422_152423_4

先ほどの和室の天井の意匠は、玄関ポーチまで連続しています。

20170422_152408_hdr_3

和室縁側にも連続させています。

手前の柱は、いちいの木。このお庭に茂っていた木を使いました。根を生やしていた時と同じような位置に使用することは、昔からの宮大工たちのセオリーだったようです。私もここで、こうして叶えることができるとは、感無量です。

20170422_133355

南西にある洗濯物干しのための部屋です。現場は松本市内でも上高地の麓。少し標高が高いため、とても寒いのです。冬は洗濯物を外に干せません。一番日当りの良い場所に。天井、ひのきの縁甲板貼り。贅沢です^^

実は、ここの断面から検証しはじめました。軒の高さを出来るだけ低く抑えながら、太陽の光を効率よく入れる高さを決めるためです。悩んでいる時は苦しかったなあ^^;

20170422_154611

和室とリビングの境にある鴨居の建具溝。こうやって見上げる人は作った人くらいなんだろうけど、私はこういうところの造形に惹かれます。そして、このカタチを見て、次の全く違う場所の意匠がひらめいたりします。だから、作れば作る程、アイディアが湧いてきます。これが「手からモノを生み出す人」の特徴だと思います。自分で言うのも何なのですが^^;

20170422_151914

玄関に鎮座するケヤキの柱。30cm角。肌が素晴らしいです。
この現場監理の楽しみのひとつが、お施主さんと木の話をすること。木の価値観は日本の中でも地方によってマチマチ。これは、地形や微気候などが木を育てるため、樹種は同じでも、色、カタチ、特徴まで変わってくるからなのでしょう。
やはり、山と共に生きている人の話はとても興味深いのです。自然と対峙し、共に生きていくことは智慧が必要ですし、それを自然な形で継承していくフトコロの深さに、感心し感動します。
梓川の家は施主さんの山の木を使ったプロジェクトです。
経緯はこちらから↓
 
自然とは、原生林のように、自然のままよりもむしろ人間の手が加わることでよりよく生かされることも多くあります。人工物が悪のように捉えられていますが、人命や他の生物同士の共存を助けることもあるのです。すべてはバランスなのです。バランスの良いものは美しいものです。

20170422_152521

向いの林檎畑の木々も芽吹き始めました。お客様と出会ってから4度目の春。4年の歳月をかけてようやく来月竣工です。
そして、花咲じいさん(ばあさん?)は、また次の現場を廻り続けるのでしたとさ。
 

| | コメント (0)

2017/04/11

2017年4月15日オーナーズボイスセミナーにて登壇します。

Photo_2

オーナーズボイスセミナーにて登壇します。
「夢の家づくりが完成した秘訣」
「希望の家」建築主/金築美衣子さん×建築家/多田祐子
2017年4月15日(土曜)
午前の部/11:30〜13:00 午後の部/13:30〜15:00
会場:愛知県名古屋市吹上ホール
参加費:無料
お問い合わせ・お申し込みは
0800−200−9055/名古屋本山スタジオまで

| | コメント (0)

2017/04/05

当たり前のことだけど、成功したければ肚をくくること。

20170331_152156

今年の春は少しのんびり屋さんなのでしょう。この時期は車窓から見える景色も桜色に色づいているのですが、まだまだ先のようです。

この数ヶ月は中部地域に月の3分の1程滞在しています。

さて、名古屋市瑞穂区「希望の家」のお引き渡しを終えました。

 

「普通の家ではなく面白い家にしたい」というご希望があり

設計から約1年間、一緒に「面白い家」を作って参りました。

いやはや、楽しかったです。

お仕事柄もあるのでしょうが、そのお人柄が何よりも素晴らしく

「無意味な常識」や「張っても無駄な見栄」など

瑣末なことにとらわれて生きているということが

どれだけバカバカしいことなのか!

と考えさせられる仕事となりました^^;

20170331_155033

「中に緑がたくさんある家」、という希望もあり

かつては洋間だったところを土間にして、さらに外部空間まで作ってしまいました。

20170402_1306021

浴室、といっても仕切りはなく、身体のサイズに合わせてタイルで作った浴槽が部屋の一角にあるのみ。

発想としては、バリ島やフィリピンなどの郊外にあるリゾートスパのコテージのようなイメージで作りました。

だからといって、日本でよく作られている「バリ風」というスタイルではなく、デザインはあくまでもニュートラルなもの。

では、何がバリなのでしょう?

それは、空間構成。建築の本質です。

バリ島などで見られる、美しく自然の中に調和して作られた建築は、ディテールは多らかなのだけど、光と影のコントラストの表し方や風景の切り取り方は実に繊細に作られています。

どこに佇んでいても心地よい風と光があり、そして建築と調和した美しい景色が目に飛び込んできます。

それは、南の島の気候は、強い太陽光や突然のスコール、また強風など、自然という力の強さが人に強く影響する為です。また、暑い中でいかに「涼」をとるか。も課題。

これらの地域では「暑さや風雨」から人の命を救い、心には潤いを与えるためにある、というのが建築の本質といえるでしょう。

ということで、

夏、暑いといわれる名古屋地域でいかに心地よく過ごすか、ということに重きを置いた時、バリ島などで見る建築は解決の糸口となるのです。

 

 

では、冬は?と疑問に思われるかもしれませんが、冬は2階の南側の日の当たる場所に居心地の良い居場所を作ってあります。猫がいたら絶対に陣取ってしまいそうな^^

 

 

面白さの中にある建築の本質を貫いたリノベーションの完成。

よりよく生きていくためには、日々のコツコツとした努力の積み重ね

そして何よりも、ユーモアが大切なんだと教えていただきました。

これが、古い建築をリノベーションする際に成功させる秘訣だと感じています。

リノベーションはそうそう簡単なことではなく、費用もかかりますし、新築よりも難しい仕事になります。

なぜなら、建築は表層的なところよりもむしろ中身、つまり構造、どのように作られているかが大事なところです。それらは、壊してみないと状態がわからないのです。

ここが新築と大きく違うところ。

新築は新しくイチから作るため、設計時に紙の上での喧々諤々でOKなのですがリノベーションはそうはいかないのです。

たとえ設計図が残っていたとしても、その通りに施工されているかはその時、作った人にしかわかりませんし、その場でどう解決して行くか、を設計者、施工者の考察をもとに、

最終的には施主が決めて先に進まなくてはなりません。

だから現場で状況を確認しながらの密なやりとりがとても重要です。

この住宅のリノベーションも、本当にいくつもの課題を乗り越えて出来上がったものです。そうです。何度も何度も現場で打ち合わせを行いました。

しかし、こうして関わった人々が一丸となって最後までしっかりと仕事を終えることができたのは、なによりもクライアントの肚をくくった潔く素早い決断力と本当の意味で自立した生き方が表れた考え方にあるのだと、あらためて。

寸分の媚もないのに、施工者に大人気のクライアントさんなのでした^^

本当に人は仕事で磨かれるなぁ。ありがとうございました。

 

4月15日(土曜) オーナーズボイスセッションを行います。

「夢の家を成功させる秘訣」

11:30〜と13:30〜の2回開催。

場所:名古屋市吹上ホール

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ