« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016/11/16

梓川の家・地球循環プロジェクト 開始!

Img_6999

10月18日 梓川の家の地鎮祭でした。予報では雨だったのに、ご覧のように快晴。お願いした猿田彦神社の神主さん、晴れ男だと仰っていました。私もそうだからこのとおり。

設計がスタートして3年半が経ちました。とっても楽しくお仕事させていただいています。

Img_7005

その理由のひとつは、向こうに見える山並みがご自身の山であり、そこで育った木を切って使う、という現代に至っては壮大なプロジェクトであったからです。

Img_6420

山から切り倒して乾燥させます。木は繊維の中にたくさんの水分がありますから、充分に。強度を出し、反りや割れを防ぎます。

Img_6412

反っているもの、曲がっているもの、また虫食いなどがある場合は材料として使えません。そこで、荒く製材した状態で使えるか使えないかをお施主さん、製材所のオーナー、棟梁、現場監督、そして私たちが目で見て決めます。ここでようやくどのくらいの量の材があるのか?がわかりました。

Img_6419

これは1尺(33cm)角くらいある材。思ったより太くとれました。こちらは玄関に鎮座する化粧柱(木の肌を見せる柱)となる予定です。
 

私の事務所では構造材を含め、約80%は無垢材を使います。(一部大きな梁などは集成材)なぜか?というと、家の中を森の波長で満たしたいから。自然の摂理を活かしているシンプルなこだわりです。

Img_6547

しかし、現在の住宅は本物の木を使っているものが少なく、多くの人が「木」だと思っているもの。これが、実はプリントであったりするものばかりです。本物の木に触れ、木のエネルギーを感じることがなくなっています。自然から切り離された生活になり、心が疲れた状態になっていたり、自然から学ぶ多くのことを知らないで不安になっているのではないかな、と感じています。危機感に近いです。

 

Img_6585_2

「無垢材を使うと高いでしょう?」と言われます。確かに、めちゃくちゃ安くはありません。でも、めちゃくちゃ高くもないのです。特に、木に触れ、心に安らぎをもたらす効果は、化学物質でできたようなものなど、他の何ものにも変えられません。そうです。安心を買う保険やお守りのようなものとお考えになってみてはいかがでしょうか。その価値は充分なほどなのは、その空間にいると解ってきます。

森にいると清々しく、安らかな気持ちになりませんか?

 

Img_4574_2

家を森にすることは木を山から伐採し、また植林して育てる、という「地球の生命を維持するための循環というシステム」が成り立ちます。生命というものは常に振動し動いていなくてはなりません。止まることは「死」を意味するのです。

Img_4572

伊勢神宮も20年に一度、遷宮を行い、新たにお宮を作ります。これは「循環」という生命の本質を表しているなにものでもないでしょう。

木で家を作るということ。

それは、「地球環境のシステム」に参加することなのです。私は今生では、そのお手伝いをして生きています。

Img_7003

完成は5月。上高地が美しい季節です。ワクワクです^^

ご感想などFacebookのコメント欄で受け付けています。「梓川の家・地球循環プロジェクト」応援いただけますとお施主さん、施工者(職人さん)たちも喜びます。「いいね!」で応援ください✨よろしくお願いします!

Yuko  Tada | バナーを作成

| | コメント (0)

2016/11/15

大人だからこそ感性の合う仲間とリアルに会いましょう!

Img_7073

空が美しい季節です。だんだんと晴れ間がのぞく空を見ていたら

12月3日の会には何とか参加出来るよう調整したいと思います」

とメッセージが!えっ!とびっくり!

驚く理由は、送り手の方、神奈川県にお住まいだから。

今回の会場は名古屋です。

彼女は、以前からVie cafe (ヴィカフェ)という生活を豊かにするために

感性を磨く月に一度の会にいらしてくださっていた方。

お仕事もされていてお忙しい中。本当にありがたいことです。

思えば、叶うのです!

本当はとっても行きたいのに

「料金高い」だの「遠い」だの「子供がいる」など(←いくつやねん?)

何か理由をつけて断念してしまうクセのあるワタクシ。

彼女を見習おう!と思いました。

行動しないと運も良くなりません!


こちらのイベントです^^

123_3

大多数の方が

「音楽も美術も難しそうだから」

「私が行ってわかるのかしら」

「どんな人が来ているの」とか、思われているでしょう。

そうですよね。日本ではよっぽどの愛好家かプロでないと芸術なんて生活とは密接ではありませんね。

「何の役に立つの?」と思われるのもわかります。直接的には立ちません。

 

しかし、時間はかかりますが、確実に効果はあります。

そのためにも、 この場では、リラックスしていただきたいのです。

いつもいつも頭の中にあるCPUを120%までに使用している方にこそ、来ていただきたいのです。

ワインでも飲みながら、ライヴで音楽を聞き、普段使いすぎている頭を休めるために来ていただきたいのです。寝てしまってもOK!

 

音楽だけだと映像でイメージしにくいでしょうから

関連した建築、絵画の絵を見ながら、

あたかも旅行しているように空間をイメージの中で体験していただきたい。

 

演奏していただく楽曲はバッハですから、なんとなく耳にしている曲もあるかと思います。

さらに私からヨーロッパの美術様式と音楽について少しだけお話します。

なぜなら、「知る」ということは不安をなくす「癒し」への入り口だからです。

「不安」は「知らない恐怖」のことを言います。

 

お話もできるだけ、丹田(お腹)で感じていただけるように配慮します。

ほんの90分の旅により

感性が豊かになり、それぞれが何らかのAHA体験をすることになるでしょう。

さらに、そこで気の合う仲間と巡り会うことができたら最高の夜ですね。

そのために

「 ぜひ、ライヴでお会いしましょう!」

イベント終了後に、姉妹店の欧風料理のお店

trentottoにて出演者を交えての懇親会を予定しています。

http://www.trentotto.net

こちらのお料理、めちゃくちゃ美味しいのです!

大勢集まれば、鷲見さんからアンコールが頂けるかもしれません!

こちらも素晴らしい出会いのためにご活用くださいませ。

 

参加ご希望の方はすぐにご予約を!

ご予約はこちらまで↓

https://www.facebook.com/cafe.miel.NAGOYA/

電話:052-782-0083

| | コメント (0)

2016/11/11

人は光っているものに惹かれます。虫だってそうですね。

Img_7046

肌寒い日が続いています。お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、今年の9月末、秋分の日前後にして私の世界は大きく変わりました。ガラリと。

 

もちろん、日々の生活は変わりません。いままでどおり、朝から子供達にお弁当作ったり、掃除や食事の準備などに忙しくしています。生きていく上で必要な日常は何ら変わりません。それらは、淡々と過ぎ去っていきます。

何が?と言えば、ひとつは仕事の質と種類。もうひとつは周りにいる人々の人間性。

では、なぜ変わったのか?というと、

今年はじめに「自分の魂が喜ぶことを選択する!」と決めたこと。

ひらたく言うと「良い妻、良い母、良いビジネスマンになるために、がんばるのや〜めた!」ということです。

いやはや、何でも続けてみるものです。

数ヶ月後、本来自分の持っていた「素の能力」のようなものが、奥深いところからあらわれはじめました。感情も精神も肉体的要素もすべて。

「本来の私そのもの」でいると、内側からにじみ出てくるのでしょう。

人は光っているものに惹かれます。虫だってそうですね。

だから、自然に自分と波長が合う人が集まってくるのです。さらに、光り続けているとありがたいことに周りの人達が、それを引き出すのを手伝ってくれるようになります。

今までは「がんばって、がんばって、がんばって、達成したけど、だれもわかっちゃくれない!世間はおかしい!」などとどこかで否定するような感もあったりしたのですが。今思うと、「いやなヤツだったなあ」って。(笑)でも、この経験があったからこそ、今がめちゃくちゃ充実しているのでしょう。

今思うと、がんばっているほうが、ラクだからそうしていたのかなって。だって、自分と対峙するのって怖い部分もありますよ。鏡を見るのとか、体重計に乗るのが怖い!というのと同じような感覚なのかしら。

でも、その怖い!を乗り越え、肚をくくり、奥深いところが望んでいるものを大切に行動していると、がむしゃらに何かを求め、奪いに!(笑)行かなくても、必要なものが必要な時に、向こうからやってくるようになりました。「あ、また来た!」っていうくらいに簡単に。受け取って、感謝して「楽しい楽しい!」と面白がっていると、同じように共感してくれる人が次々と集まってきて、さらに面白いものをもってきてくれたり。

Img_7065

9月くらいから、この繰り返しで生きています。もう、毎日毎日遊んでいるような感覚。時々、以前の私のがんばり屋さんのクセがでてきて「こんなに遊んでばかりいると後で困るのでは?」と思うのですが、「いかん、いかん、鏡を見なくちゃ!」と打ち消します^^;

あ、でもね、本当に遊んでいるわけではなく、仕事をきちんとしているのですよ。ただ、肩に力を入れなくてもサラリとでき、とにかくワクワクと楽しいのです。そんなことで「遊んでいる」と表現しているだけです。

自分の想像を超えた仕事が次々と与えられます。週の半分は今まで「ありえない!」と思っていたことに遭遇します。

「一生会えないすごい人!」と思っていた人にすんなりと会えたり。「一生行く事ない場所だ!」と思っていた場所に招待されたり。もう、ワクワク、ドキドキ続きです。遊園地のアトラクションに乗っている感じといったらいいのかな。

どこから見ても、自分を自分以外の何かに見せようとしていないので、どこに行っても、誰と会っても動じなくなりました。だからいつでもだれとでも「わーい!」って楽しめるようになりました。

 

そんな中、この流れに導かれて、新たにブログを書き始めました。

音楽を奏で空間を創造する設計手法

音を視覚化する建築家

http://aqua-marine.tea-nifty.com/yukotada/

20万人にひとりしかいないであろうといわれる共感覚の中でも特殊な能力を使って設計する手法についてです。自分では当たり前だって思っていたことや、センシティブと言われるのがいやだなと見て見ぬ振りをしていました。

数年前に当たり前ではないことに気づき、今年は、繊細とは時として役に立つのだという自分の弱さを受け入れることができるようになりました。

まだまだ、まとめるのに時間がかかるのですが、ボチボチと更新して参ります。こちらのブログもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »