« 日本の女神たちは美しい | トップページ | 手はその人の生き様を写す。 »

2016/09/23

建築が生きています!

_mg_8894

雨が多く、少しでも晴れ間がでてくると

とてもありがたい気持ちになります。

 

さて、最近、建築家展やお客様とお話をしていて

よく言われるコメント。

 

それは、

「 多田さんのつくる建築は、なんだか生きている感じがします。」

「ジブリっぽいです」

「トトロがいそう」

 

_mg_8936

ふふふ、トトロ、見つかりましたか?(笑)

 

とても嬉しいコメントです。

なぜかというと

裏(自分だけの)コンセプトを捉えていただけているから。

 

建築の道を志したころから

自分が手がけるものには、必ず

哲学を練り込む。

という信念がありました。

_mg_8963

X軸、Y軸、Z軸の三次元の中に

観念という螺旋状の次元を練り込むのです。

 

哲学のない建築は、

小手先のデザインテクニックに走っただけのものだったり

どこかのものをそのまま表面だけ模したものであったり

 

そのようなものが良しとされている現代の日本の風潮には

悲しみすら感じます。

アカデミックな場でさえも。です。

一部では、薄っぺらいものが良しとされ

誰かの営利のためだけに、誰かが利用されていたり。

 

私はその中には入りたくないのです。

 

では、「生きている建築」とはどのようなことなのでしょうか。

それは、

存在する人の状態によって変化する空間である、ということです。

 

人間にはいろいろな心とカラダの状態があります。

毎秒、毎秒、刻々と変化していますね。

その変化に応じてくれるような空間なのです。

 

疲れている時は、そっと包み込んでくれるような

元気いっぱいの時は、一緒にワクワク喜んでくれるような

悲しい時は、涙を拭いてくれるような

 

そう、イメージは「母のように」。

もっと言うと、

私の作る空間は「母の子宮」なのです。

 

実はこれ、私にとっては

学生時代からの大きなテーマでした。

卒業設計ではA1の大きな紙に24枚の

オイルパステルのコラージュ画を描きました。

 

当時は2次元の絵だったものが、

25年もの時に磨かれ

今こうして3次元の建築で表す事ができるようになりました。

 

そういえば、

「祐子さんの旦那さんはジブリの映画に出てきそうですね」と

言われたことが数回あります。

 

どこまでも

宮崎駿ワールドを引き寄せるワタクシのようです^^;

_mg_8991

「生きている建築」

これからも研磨して参ります。

 

 

写真は「つばさの家」

 雨宮秀也氏の撮影です。

|

« 日本の女神たちは美しい | トップページ | 手はその人の生き様を写す。 »

つばさの家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の女神たちは美しい | トップページ | 手はその人の生き様を写す。 »