« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016/03/09

覚悟決めた女性は美しい

20160218_120613

三寒四温というとおりに気温やお天気の激しいこの頃。

すてきな春をお過ごしですか?

 

今週末はいよいよ岐阜県美濃加茂市の「つばさの家」の上棟です。

写真は前回現場に訪れた時の写真。配筋検査の様子。

敷地の形状、周辺建物、太陽の位置、動線などを考えて

135度折れている形状となっているのお分かりでしょうか。

 

この建て主の奥様は自分の生き方を変えるために

私共に設計をご依頼されました。(ブログ過去記事へ

 

講演でお伝えしている

「住まいは生き方を変える」という言葉が心に響かれたそうです。

 

私自身も

生活を変えることで人生をガラリと変えることができたことや

数十棟の新築やリノベーションをして感じたことを根拠としています。

 

では、なぜ私の設計する住まいは生き方を変えるのでしょうか?

それは、詳しいヒアリングを元に

7年先までのライフスタイルを設計し

それに沿った住まいを作るからです。

そこには、たくさんの経験から得たアイディアが盛り込まれています。

 

夢や願い事を叶えるために

「こうなりたい」や「これが欲しい」と言うのではなく

もうすでに「こうなっている」や「これを持っている」と言え!

というのはもはや当たり前とされています。

 

まさに、この原理です。

この原則を半強制的に住まいの動線として行動してしまうように計画します。

特に、私の場合は無意識に共感覚で波動を見ながら見極めていきます。

(波動についてはまた別の機会に)

当然、毎日否が応でもおこないますから

習慣化されるというわけです。

 

うまくいく方法を知っている人はたくさんいます。

しかし、実際に行動に落とし込むことが出来る人は

とても少数。

行動しないと何も変わりませんから。

 

では、行動する人としない人の違いは何でしょうか?

それは

「覚悟を決めるか決めないか」です。

 

この配筋検査の日、奥様が

「私は設計をお願いした時、覚悟を決めたんです。

小さな頃から夢だった自分の家を作ること

そして、それで生き方が変わるのだったら変えてみようと。

だから多田先生にお願いしたのです」とおっしゃいました。

 

そう、変化を求めて、行動するには

この覚悟が必要なのですね。

 

その時

ふと見た奥さまの横顔は、きりりと引き締まった大人の女の顔でした。

それはそれは とても美しいものでしたの。

 

覚悟を決めた人の姿は美しいのですね。

金色に見えるのですよ。

まさに

その姿はこれから訪れる人生をあらわしているのでしょう^^

すてきなお話です。ありがたいことです。

 

上棟も晴れるといいなあ。  

| | コメント (0)

2016/03/02

樹齢130年の木で造る家がつなぐ縁

20160227_102046

2月が終わり、3月になりました。

風は冷たいですが、空からは春の日差しが。

それだけで有り難く、ワクワクします^^

 

2月は公私共に慌ただしい日々でした。

下の息子の志望校入試に始まり、愛知、岐阜への現場監理や

横浜での建築家展参加、飛騨高山へ打ち合わせと検査

息子の合否の発表

その合間をぬっての図面作成、施工図チェックなど。

 

また、受験生を持つ母としては、自分も含めた体調監理のため

食事に気を使いました。

出張前は子供が食べるための作り置き料理作成で、てんやわんや。

くるくるとよう働いたひと月でした^^;

おかげさまで息子二人のダブル受験はどちらも第一志望校に合格。

お母さんとしては、ほっと一安心。

これからまた新しい生活がスタートします。

 

さて、2月末に飛騨高山の井上工務店さんでお打ち合わせしてきました。

20160227_113326

現在、住宅3棟の施工をお願いしています。

そのうち2棟は構造材に高山産の材を使って建築していただいてます。

今回は木の材料検査と2棟のお施主さまをご案内しました。

20160227_130522_hdr

現場監督が林業から製材、そして大工さんの加工を経て

ようやく現場に届く、という道のりをお話しています。

 

おおよそ建築に使う材は樹齢130年前後のもの。

木の家は建築までに130年もの歳月が必要なのです。

とても贅沢なことですね。

心を込めてお話してくださるのでぐんぐんと心にささります。

お二組とも、

「こんなに素晴らしい国産材を使ってくださるなんて

井上さんと多田さんにお願いしてよかった」と仰ってくださいました。

木のパワーは実際に見て、触って感じると心が動きます。

20160227_120352

そして、こちらは大工さんの加工場。

大工さんは現場で作ることの他に大切な仕事として

予め加工場で刻む作業があります。

 

大草の家の既存母屋からでてきた大きな梁も板に挽かれていましたよ。

20160227_131626

材種はマツです。クセのある材です。

化粧材として使うことはあまりありません。

しかし、築60年ほどの住宅で充分に自然乾燥されていましたことと

ご家族のおじいさんの思い出ともなるものですので

今回はカウンターなどの化粧材に使うことにチャレンジしてみようと考えています。

どのように料理しようかと思案中^^

20160227_120040

さて、こちらは柱となるヒノキの角材です。

木は年輪の芯に近いほど強度がありますが、強い分、割れがでます。

頑固な人が、以外と打たれ弱いのと同じ現象ですね^^;

この割れ、構造的には問題ありませんが、見栄えのために

あらかじめ「背割り」という割れを作ります。

頑固な人にも背割りを入れたくなりますね^^

 

こうして見ると

どれひとつ同じものはないのがおわかりかと思います。

原木からどの部分を柱材にして、残りを何にするかということを

決める立ち位置の職人さんは

野球で言うとピッチャーのように花形のポジションだそう。

誰もがなれるものでもない

熟練 職人の経験とカン、つまりセンスも必要な職業ですね。

20160227_114028_hdr

少し雪がちらついていて寒かったので

おーい!君たち、 私も雪合戦に参加したかったよ^^

20160227_101927

お客さまが帰られた後、

薪ストーブで暖まりながら、現場監督と打ち合わせ。

建築全般の話でこの炎のように話が盛り上がりました。

建築好きな人と建築の話をすると歳やら立場やらすっ飛んで

なんだか心から楽しいー!となるということは、

きっと今の職業が天職なんですね^^;

 

齋藤一人さんが、「職業に呼ばれて天職となる」仰っていますが

そう言われると、そうだなあと思います。

「私は建築家になってやる!」と一度も思ったことはなく

人から頼まれたことにひとつひとつ丁寧に心を込めて

一心不乱に取り組んできただけです。

独立し、事務所開設し、夫まで巻き込んで15年。

そのうちに岐阜や長野から声をかけてもらえるようになり

あらら、神奈川県を出て仕事をしていたわ、という感じです^^

周りの方にとても恵まれています。感謝の日々です。

これからまたどうなっていくのか楽しみでワクワクしています〜。

春に向けて また すてきなご縁がありますように。

続きを読む "樹齢130年の木で造る家がつなぐ縁"

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »