« ほんとうの木の家は愛が必須なのよ | トップページ | 人生も引き算の法則で »

2016/01/25

日下部民芸館

20160124_114953_hdr

飛騨高山への出張は今回、雪を懸念して電車で向かいました。

20160123_092952

名古屋から特急電車で2時間半。

ということで、翌日の名古屋での打ち合わせに合わせ電車待ち。

その間、氷点下4度の雪が降る街を歩き

日下部民芸館を見てきました。

 

高山は徳川幕府直轄の天領になった後から町人の町となりました。

古い街並には、町屋造りの住宅が立ち並びます。

その中でも国指定の重要文化財になっている

「日下部家住宅」は見応えのある建築といえるでしょう。

 

古い街並みとは少し離れたところにあります。

2014年の夏に家族旅行で訪れた際には閉館時間に間に合わず

ずぅっと心残りであったため、吹雪いている中でも行ってみようと。

20160124_112916_hdr

この地域の町屋造りの特徴は、玄関を入ると土間が続くこと。

奥に行くと、いろりのある台所があらわれて、中庭にでます。

今でいう対面式のオープンキッチンのような^^

 

敷地の北側に建物を寄せて、南に広い庭をつくる という配置ではなく

中庭に張り付くように各部屋がサテライトしているようなプラン。

20160124_113147

南側からサンサンと降り注ぐ太陽を好むことなく

ゆるやかな光が降り注ぐ、落ち着いた空間を重視しています。

この妖艶な感じはまさに私好みでございます^^

20160124_112840

木の現し部分はベンガラに煤(すす)をまぜたものが塗ってあります。

ツヤのある良い色。

また、柱の面の取り方や鴨居と長押の納まりも美しいものでした。

20160124_112952

障子紙の貼り方も面白いですね。

ふふっと微笑んでしまう程度のさりげなさがよいのです。

20160124_113208

館内の調度品もたくさん拝見できます。

このお軸がステキでした。

きれいなブルー。

 

武家屋敷と違って、とてもおおらかな造りの町屋。

現代と違い、お金のかけかたも粋だった

*つまり文化にお金を投資するという価値観ということ。

江戸文化を感じるのもいいかもしれません^^

|

« ほんとうの木の家は愛が必須なのよ | トップページ | 人生も引き算の法則で »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほんとうの木の家は愛が必須なのよ | トップページ | 人生も引き算の法則で »