« 祝!上棟。やっぱり晴れたよ、きぃちゃん家。 | トップページ | 「いのち」を支えられるのは「いのち」だけ »

2015/09/09

女性って素晴らしい!〜彼は秘密の女ともだち

20150519girlfriend_v

先週のよく晴れた日、伊勢佐木長者町で映画を見てきました。

映画はフランス映画が好き。

とくにこの映画の監督フランソワ・オゾン監督の作品はとても好きです。

「スイミングプール」や「危険なプロッット」もいいですね。

 

人間の中に光と影があるとすれば、

影の部分を美しく表現するところが実に素晴らしい。

表面化されにくい感情により起こる現象を

美しい背景描写と美しすぎる会話で

見事に綴っていきます。

 

音楽もステキなんですね。

今回も冒頭の音楽がオゾン監督独特の旋律。

「嗚呼、これこれ、この音楽がオゾンワールドに導くのよね〜」とワクワクします。

さらに音楽とフランス語のすてきなハーモニー。

ところどころ、翻訳を見ずに聞いていると

フランス語の言い回しがうっとりするほど、美しいのです。

 

 

 

この「彼は秘密の女ともだち」は

http://girlfriend-cinema.com/works/introduction.html

「自分らしく生きる勇気」を女同士?の友情で育んでいく過程を描いています。

そして、その随所に女性として生まれた恩恵といいますか

女性という性の素晴らしさが描かれているなとも。

見終わった後、「嗚呼、女性として生まれてきてよかったなあ」と感じましたから。

普段はバリバリの男性社会で生きているので

あまりこのように感じる場面がないため

できるだけこのような機会を設けるようにしないとなあ、な〜んて^^;

 

「自分らしく生きること」

 

勇気が必要です。

だって、偽りの自分であれば、

「本当の自分はこんなのではないから、本気だしたらすごいもんね」などと

いつでもどこかに逃げられるから。

 

でもね、自分と対峙し

素直に自分自身を生きるようになると

怖いものがなくなるんですよ。

 

人を妬んだり、羨ましい、

また、こんな自分で恥ずかしいと感じることは

ほぼなくなります。

 

そして、悩んでいる暇もないほど

自分の使命に沿った課題が次々と与えられますから

日々、それを静観し、丁寧にクリアにしていくだけ。

無理やりに引き寄せる必要など全くありません。

 

そう、人生とはとてもシンプルなようですよ^^

 

自分らしく生きる

再考するのに良い映画でした〜^^

|

« 祝!上棟。やっぱり晴れたよ、きぃちゃん家。 | トップページ | 「いのち」を支えられるのは「いのち」だけ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祝!上棟。やっぱり晴れたよ、きぃちゃん家。 | トップページ | 「いのち」を支えられるのは「いのち」だけ »