« モノづくりの次元への上昇 | トップページ | 神奈川大学の広報誌に載りました。 »

2015/09/30

ドラえもんのポケットのように無限なのだ

S20150927_131806

田畑が黄金色に輝く、日本の豊かさを象徴する美しさを

堪能できる季節となりました。

コスモスの桃色グラデーションも優しくて大好きです。

先週末は松本へ打ち合わせに。

S20150927_154813

敷地お隣のりんご畑のりんごの実、赤く色づいていました。

自然の色彩とはなんて美しいのでしょう。

春と秋には水彩で風景画を描きたくなります^^

 

さて、昨日はきぃちゃん家の現場へ。

構造設計の検査と中間検査、定例打ち合わせと盛りだくさん。

打ち合わせの途中で日が落ちてしまいました。

秋は夜。美しい空でしたね。

S20150929_175212_2

現場監督にお願いして照明をつけてもらいました。

うーん、夜がかっこいいんですよね。やはりこの空間。

なんたって、共感覚はジャズですから。

S20150929_171813

さて、暗い大人な空間になる現場にて

棟梁と打ち合わせです。

きぃちゃんの宝物第一弾、檜の一枚板、計2枚。

これをどこかに活かして欲しいとのことで

今回は玄関の式台と洗面カウンターに使用します。

S20150929_172714

こちらは、力強い迫力がある男性的な雰囲気。

ライザップで鍛えたイケメン、といったところ^^;

なので、玄関の式台です。

木目や面皮を活かしたところをどのように使うか?

チョークで指示してあります。

S20150929_172643

そしてこちらは流線型が美しい女形。

色白肌できめ細やかな美人さんです。

だから、洗面カウンターに。

もちろんこのままではなく

一番美しい状態で存在してほしいので

ある仕掛けをしてます^^お楽しみに。

S20150929_173019

そしてこの二枚はプレーナーをかけられ美しくなるために

加工場へ運ばれていきましたとさ^^

 

さてさて、ここはきぃちゃんのお部屋。

この窓の高さやプロポーションは

20年前にスペインのグラナダ

アルハンブラ宮殿近くにステイした際

宿泊したホテルの窓を思い出して決めました。

 

窓からは、グラナダの町並みと青々とした空が一望でき

その光の入り方がとても妖艶で美しかったのです。

窓は大きければ良いというものではないのだ、と

腑に落ちた瞬間でした。

 

2階キッチンの窓もほぼ同じプロポーション。

みなとみらいの街並みと青い空が美しく切り取られ

ダイニングキッチンには柔らかな光を取り込んでくれることでしょう。

 

このように私の頭の中の引き出しには

いくつものお宝がしまってありますのです^^

20年前のものでも全く色あせていません。

 

これから数日はこの引き出しをフル活用して

実施図面を描く予定です。

とっても楽しいひとときを過ごします〜!

|

« モノづくりの次元への上昇 | トップページ | 神奈川大学の広報誌に載りました。 »

きぃちゃん家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モノづくりの次元への上昇 | トップページ | 神奈川大学の広報誌に載りました。 »