« 流れに身を任せよう 〜祝・地鎮祭〜 | トップページ | 1300年の歴史を想う »

2015/07/22

「ひたむきさ」が 不可能を可能にするのだ。

S20150206_205657

梅雨が明け、本格的な夏がやってきましたね。

先週末に愛知、岐阜へ打ち合わせに行って参りました。

月に2,3度のペースで中部地域へ出向くようになって

1年が経ちました。

 

その間にたくさんの方と出会い、ご縁をいただきました。

特に岐阜県では2度、講演に呼んでいただきました。

おかげさまで

「住まいに対する真剣な思い」を多くの方と共有することができました。

 

さて、先日

2日間で3つの打ち合わせを行ってきました。

その中の1つ。

基本プランを作成していたお客さまより

次のようなあたたかいお言葉をいただきました。

 

「早く、この家に住みたいです!

実は、他にも雑誌やオープンハウスで

たくさんのプランを見たのですが

ピンとくるものはありませんでした。

このプランは自分が快適に住んでいる様子を

イメージすることができます」と。

今回ご提案した設計図を手に

目をキラキラと輝かせながら。

 

すてきな彼女は

今年2月に可児市で行った講演に来てくださいました。

とても真剣に聴いてくださっているのが壇上からわかりました。

講演が終わり、その帰り道で

内容を振り返りながら

「今!今だ!多田さんにお願いできるのは!」と

なんと、引き返してくださったのです。

 

90分の講演時間、さらに質問に60分と長丁場だったのですが

それでも講演後は質問の長~い行列が出来ていたので

あきらめて一旦帰られていたのに。

お子さんたちも待っておられたでしょうに。

 

「多田さんはお子さんも育ててらして

その経験などがプランに活かされていていいです」

とも仰ってくださいました。

 

そんな彼女の家づくりに対するひたむきさに

私も体当たりしよう!と決めていました。

「ひたむきさ」を持つ人が、最近、少ないせいか

なんだか、彼女の美しい心に、打たれてしまったのです。

 

ご要望はたくさんありましたが

ご家族が快適に、豊かな気持ちで過ごせるようにと

祈りを込めて、今回のプランを完成させました。

 

ということで、15年の住宅設計の知恵と

男子2人の子育て20年の知恵+悪知恵(!?)とが

モリモリに盛り込まれたプランとなっています。

それでいて、もちろんカッコイイ^^

 

岐阜という和を大切にする文化と

新しいライフスタイルや様式美が調和する

面白い建築が出来るはず。

 

実は、このお言葉をいただいた日は

事務所設立からちょうど15年目を迎える前日でした。

ほんとうに有難く

「よし、また明日から、体当たりでがんばろう!」

と心に誓ったのでした。

 

人を輝かせることが私の楽しみであり、

生きがいであります。

人が輝くのは、生活というベースが整っていてこそ。

そのベースを美しくしつらえるのが

私の使命です。

 

これからもどうぞよろしくお付き合いくださいますように。

S20150206_205931

愛知県、なぜか観覧車をよく見かけます^^

 

 

|

« 流れに身を任せよう 〜祝・地鎮祭〜 | トップページ | 1300年の歴史を想う »

つばさの家」カテゴリの記事

コメント

こんにちは❗台風ですね。岐阜は、警報出てますが、ひどくなく穏やかです。

このブログを見て嬉しくなりました😃。ありがとうございます。シンプルに生きる 自分にとって何が大切か、何を大切にしたいのかをわかっている生き方ですよね。

生き方と住まいってそのもの⁉先生方にお会いして私もそう思えるようになりました😃❗

きぃちゃん家晴れたんですね。さすがです😄!
私も出来上がりが今から楽しみです。

投稿: 平山明美 | 2015/09/09 14:12

明美さん、こんにちは!
ダブルの台風、雨がひどかったですね。
お変わりありませんか?

講演で言いたかったことをしっかりと受け止めてくださって
信じてくださって、心から感謝しています。
 
平山邸も我が事務所の自信作ですよ!^^
すてきなご家族のための住まいですから
気合い入っています。
井上さんもぜひ作りたい!とおっしゃってました。
私の理論でいうと、
すてきな家族の家はすてきに出来ないはずがありませんもの、ね^^
これから楽しみですね。

きぃちゃん家、晴れました!
完成したらぜひ見に来てくださいね。

投稿: 多田祐子 | 2015/09/11 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 流れに身を任せよう 〜祝・地鎮祭〜 | トップページ | 1300年の歴史を想う »