« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015/06/30

今年も半分終わりました

S20150528_120503
 

早いもので、今日で6月も終わり。

今年も残り半分です。

上半期は月のうち2,3回は愛知や岐阜へ出向き

訪れるたびに、いろいろとご縁をいただきました。

また、ある時は千葉へ。

もちろん、神奈川でもあちこちに^^

こうして振り返ると

すべてがあるべくしておこったこと、

とすべての人、出来事に感謝しています。

 

さて、そんな上半期の最後にふさわしく

昨日は都内にて建築家・槙文彦氏の講演会に

ご招待をいただきまして、行ってきました。

 

槙さんの講演を聴くのは初めて。

 

その内容について、

大切に感じたことは、

本日発行のメルマガに書き、先程配信しました。

 

約90分の講演でしたが

まるで大学の授業を受けているような

そんな密度の濃い、素晴らしいものでした。

 

私の場合、建築家としてはもちろんなのですが

講演者としての目線でも観察してしまいます。

槙さんはさすが世界を相手に活躍されてきた方で

とても分かりやすい講義(!)でした。

どんなところが?というとですね、

 

本題に入る前の導入部分から

初めて聞く人がイメージできるようなイラストや写真が

的確な順番でプレゼンされるのです。

 

だから難しいことでも、

すーぅっと頭に入ってくるのです。

難しいことを易しく説明することは

とても難儀なことなのですが

淡々とお話されるお姿は凛々しいものでした^^

 

導入部分というのは

その講演の全体を決めてしまう

最も大切な部分であるのだと

改めて考えさせられました。

いやはや、

建築家として

講演家として

とても勉強となった講演会でした。

いくつになっても学ぶことは楽しく

初心を忘れずに毎日を過ごしたいものですね^^

 

今年の後半も

謙虚に感謝を忘れず

愛あるおこないをいつも胸に。

すてきなあなたにもお会いできますように。

| | コメント (0)

2015/06/24

誇り高く生きよう 日本人として

S20150614_100802

夏至も過ぎ、これから本格的な夏に向かっていきます。

地球全体が活性化する時ですね。

こんにちは。多田祐子です。

メルマガを週1回(火曜日配信)配信しています。

環境を整えて心地よくする大切さ

感性の磨き方

暮らしを大切にする生き方、考え方などを

建築家として経験してきたことをもとにつづっています。

よろしければ、ご登録ください^^

『環境を味方にしてライフステージを上げるマル秘!伝』
下記登録フォームよりご登録ください。↓

*ご登録いただいた方で届いていない場合、info@arttada.comを受信できるように設定をお願いします。

■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

今日は、昨日発行した第30号をシェアしたいと思います。

---------------------------------------------------
建築家・多田祐子の美的暮らし塾
『環境を味方にしてライフステージを上げるマル秘!伝』
2015年6月23日 第30号
---------------------------------------------------

梅雨の間の晴れ間には
お布団を干して
おひさまの香りを愉しんで。

こんにちは。

7年先のライフスタイルをカタチにする
建築家・講演家の多田祐子です。

今日も晴れやかにいってみましょう!

------------------------------------------
■本日のマル秘!伝■

住まいは生き方をあらわす
------------------------------------------

東京三田にある「コート・ドール」という
フレンチのお店
ご存知ですか。

料理長の斉須政雄氏の著書
「調理場という戦場」

先月、ある方が人生で一番影響された本と
熱く語る姿が印象的で、早速読んでみました。

日本人としての誇りと
料理人としての職人魂がこもった一冊。

もちろん、職人肌であるわたくしも
共感する部分が多くありました。

なかでも、斉須さんがパリでの3店舗目で
ようやく、自分で住まいを探すところが
印象的でした。

フランスでは、
ホームパーティなどで
お互いの家を行き来することが多いのですが

だからこそ
どんなところに住んでいるかは
その人そのものの生き方を表すのだという
常識があるようです。

それで、思い切ってきちんとしたアパートを
借りることにしたそうです。

-----------------以下引用--------------------
日本から来た、どこから来た…そういう外国から来ている料理人は、往々にして、
「部屋なんてどんなところでもいいんだ。屋根裏部屋に住んでもいいから、二つ星三つ星の
レストランをなるべく食べ歩くんだ。将来お店を開くためには、できるだけいいものを食べておきたい。
芸術にしても、いいものを見てまわりたいし、きれいな洋服を着たい。
いろいろなところに旅行してみたい。だから住居は二の次で当然だろう?」
ー中略ー
だけど、見栄を張っていても、言動の端々に、チグハグなものが出てしまいますよ。
屋根裏部屋で生活している人が、大統領も食べにくる最高峰のお店に行くわけですから

恐ろしいものですよ。
シビアに値踏みされていることに気づかない。
-----------------引用ここまで--------------------

昨日、横浜で打ち合わせを終え
帰路の途中、交差点で信号待ちをしていると
夫がふとこう洩らしました。

「あの建て売り住宅の駐車場に
停めてある車。
高級車ばかりだね。
ベンツにレクサス、プジョー。
なんだか妙だよね」と。


この時、斉須さんのこの言葉を思い出しました。

「シビアに値踏みされていることに気づかない」

そうです。
住宅のプロである私たちにとって
その光景はアンバランスで
なにかチグハグな印象を受けたのです。

どんなに抜け目なくおしゃれな格好をしていても
どんなにかっこいい車に乗っていても
お食事した時に
お箸遣いが妙であったり
食べ方が美しくないと
一瞬で、がっかりとしてしまうように。

普段の生き方をしっかりしていないと
ふと力を抜いた時などに
しっかりと値踏みされているのです。

そのためにも
毎日のおこないを丁寧にする
大切なことなのですね。

裸の王様になりませんように。

住まいは生き方をあらわすのです。
------------------------------------------------

ご感想をいただけると嬉しいです。
*このまま返信いただいても届きます^^

→info@arttada.com

------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━
■編集者/発行人:多田 祐子
■発行責任:多田建築設計事務所
http://www.arttada.com
■事務所概要
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台5-1-3
TEL:0466-42-1793
■ご意見/ご感想/お問い合わせ
info@arttada.com
■解約・停止はコチラ
https://f.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=marie3
━━━━━━━━━━━━━━━
☆多田祐子のビジネスプロフィール
http://aqua-marine.tea-nifty.com/about.html
☆多田祐子のブログ
「知的美的なおしゃれ生活」
http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/
━━━━━━━━━━━━━━━

※著作権は発行者/執筆者に帰属し、無断転載を禁止します。
各種コンテンツに転載する場合は事前に当事務所までご連絡下さい。
Copyright (C) 2014 TADA Architects Associates. All Rights Reserved

| | コメント (0)

2015/06/12

家づくりは縁からはじまる

20150528_104815

雨の多い季節となりました。

あじさいの花の色、雨に打たれると輝きを増しますね。

 

なんと、自然は、

与えられた環境の中で

一番美しく輝くことができるように

できているのでしょう!

 

モノづくりに関わる身としては

学ぶことが盛りだくさんです^^

 

さて、先週末は女性建築家展に参加しました。

同じ境遇の中を生きぬいてきた仲間たちと共に

仕事ができるというのは、楽しいものですね。

 

 

当日はたくさんの方にご来場いただきました。

みなさんの心の叫び、

しっかり受け止めましたよ。

 

「○○がいいというのは本当なの?」

「何を信用したらいいの?」

「あちらでは□□が良いと言ってたけど

こちらでは良くないと言われた」など。

 

現代社会は情報に溢れていて

どれを選択して良いのか途方にくれてしまいます。

 

また、おおよその方は

一生に何度も建築することはできないので

あれも、これも取り入れたい!となってしまいます。

 

その気持ち、分かります。

家を建てることは、結婚相手を決めることに似ています^^

希望をあげるとキリがないですね^^;

 

何を信用したらいいのか?

結論から言います。

「素直な自分を出せる相手を選ぶこと」

なが〜く一緒にいることのできる相手を決める時と同じですね^^

 

絶対に良い!というものはないと考えています。

ある人、のある条件にとっては良いものでも

別の人にとってはあまり得にならない場合もある。

 

つまり、建てようとしている人の価値観によって

モノの真価は変わってくるのです。

だから、

素直な気持ちで自分の価値観をぶつけられる人

そして、相手の価値を的確にとらえ

その人にぴったりのものを提案できる人と

家づくりをするのがよいでしょう。

 

 

みなさまにも、この人だったら何でも言える!

という人との出会いがきっとありますように^^

| | コメント (0)

2015/06/01

大切な情報は人から人にしか伝わらない

S20150531_094130

爽やかな風と木々の葉のさらさらという音が心地よいですね。

さて、先週は新しく生まれ変わった平等院鳳凰堂と

かねてから行きたかった 桂離宮を見学するため

京都へ行っておりました。

毎日、約15kmほど歩くという体育会系の旅^^;

いやはや、京都は日中34℃なんです。

夕方に頂いた伏見の酒蔵のお水が美味しかった〜。お酒もかな^^;

水が美味しいのは、豊かな気分になりますね。

 

帰った次の日は、もちろん、フルで仕事です。

そして、その二日後には、朝5時起きで愛知〜岐阜へと日帰り出張。

大好きなお客様とお会いするのが楽しくて嬉しくて

元気いっぱいに行って参りました〜。

 

さて、お会いする方にそんなお話をすると

「どうしてそんなに元気なのですか?!」「どこからそのパワーが出てくるのですか??」と

この数日間で、立て続けに質問をいただいてしまいました。

そこで

私なりの元気を維持する方法について書いてみたいと思います。

 

といっても、いろいろありますが^^;

何を最も大切にしているか、というと

「日々のメンテナンスを怠らない」

これです。

 

「刃を研ぐ」ということ

を最優先事項としています。

よい仕事をする職人は、道具の手入れを怠りませんでしょう?

それと同じ考えで、健康が資本です^^

あたりまえですが。

 

今日はいろいろある中のひとつを。

先週発行したメルマガにも書いたのですが

 

「ニュース断食」

 

はい、ニュースを見ない、聞かない、ということです。

特に、テレビ、インターネット。

 

何が良いか?

まず、単純な話ですが、時間が増えます。

インターネットは時間泥棒ですね。

私は必要なものを検索する以外は、

見ないように常に注意しています。

 

でも、

ニュースを知らないと、

世の中についていけないじゃない?と思いますよね。

 

私もはじめはそう思っていました。

しかし、テレビやインターネット上に上がっているニュース。

これらが何か、あなたの生活に決定的に役立ったことありますか?

 

よおく、思い出してみてください。

それは、

「恐怖」や「不安」をあおるものばかりではないですか?

見ていると、悲しくなったり、怒りが込み上げてきたりしていませんか?

 

「ねえねえ、昨日のニュースでさ」と始まるおなじみの会話。

ひととおり話を聞いて

「それって、どういうこと?」と質問しても

「ニュースで言ってたんだもん」までで、

その本質までは

大抵の人は答えられません。

 

そうです。

それくらいのレベルの重要度なのです。

 

しかし、ニュースに上がる出来事は

衝撃的なので「恐怖」の感情は残る。

実は、人間の脳は単に映像で見ただけの「恐怖」を

あたかも自分が体験したように錯覚してしまうものなのです。

その時に、ものすごいエネルギーを使っています。

 

 

本当に必要な情報は、ニュースでは得られません。

誰かがふと言ったこと

街で目に留まったり、チラシをもらったり。

あるいは、カフェで偶然隣り合わせに座った

カップルが話をしていた、とかね^^

そんな形で受け取ることのほうが多いようです。

そう

人から人へ」なのです。

 

そして

ニュース断食を続けていると

自分に必要な「確かな情報」しか

入ってこないようになります。

 

そのうち、テレビやニュースを見ない人が周りに増えます。

だから、良い情報しか入ってこないようになり

好循環が起こり始めます。

 

時間もエネルギーも使わなくてよくなる。

周りも優れた仲間で溢れる。

 

これは、私の体験した話ですが

周りの素晴らしい人生を送っている友人達も

同じことを言っています。

 

ニュース断食で出来た、時間とエネルギーで

身体に良いメニューを考えたり

お料理をしたり

ずうっと続けている運動をしたり

いいな〜と感じる曲を見つけたり

自分が心地よいと感じた

身体が喜ぶことをしています。

 

これ、もう15年くらいになりますが、

病気になってしまって、医者もお手上げ。

それで、 自分なりに治療法を探していた頃

アンドルーワイル博士の「癒す心、治る力」という本の中で

出会ったものです。

それから続けていますが、とても効果があったことのひとつです^^

| | コメント (0)

女性建築家展

S20150601_130017

【女性建築家展】

6 月6日(土)7日(日)
女性建築家展が行われます。
横浜ランドマークタワー31F ASJ横浜セルにて
建築家展でピンでの参加は初めてです^^
晴れるといいなあ。
☆7日11:30よりセミナーをいたします。
「 60歳からの家づくりのポイント」
〜二世帯住宅・夫婦の終の棲家〜
 
いままでの講演でご好評いただいたものを
モリモリと 盛り込む予定です。
家の役割の変遷にはじまり
長寿大国において、
どう生きていくか。
そのための住まいはいかに?
事例をご紹介しながらお話して参ります。
*これからしばらくは横浜での登壇は予定しておりません。
この機会においでくださいますように。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »