« いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます | トップページ | 女性建築家展 »

2015/05/23

女性の生き方 その2

S20150515_085817

緑がいきいきしていて、自然から元気をもらえる季節ですね。

我が家(マンションですが)の中庭の夏つばきが一輪咲いていました。

ビリジアンの中の花嫁のドレスのような濃い白には心を打たれます。

こんにちは。多田祐子です。

 

さて、本日は女性の生き方 第二弾に参りたいと思います。
前回お写真を出していた本について少し。

S20150518_111456

「喜びから人生を生きる!〜臨死体験が教えてくれたこと」

アニータ・ムアジャーニ著 

副題でお察しかと思いますが、はい、臨死体験のお話です。

著者アニータはインド人女性。

有能でバリバリと働くキャリアウーマンだったのですが

末期癌に侵され、臨死状態に陥ります。

その状態の時に、

完全に死ぬのか、生き返るのかの選択に迫られ

もう一度生きる、という選択をし、こちらの世界に戻ってきます。

この人のすごいところは、

生き返ってからは、すっかり癌が消えてしまうこと。

 

なぜ、自分が癌になってしまったのか?というのが臨死体験でみえたのです。

 

病気は自己否定がもたらすもの、と彼女も言っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の癌が治ったのは、自分の有害な思考が完全に消えてなくなったからです。 (途中省略)もはや自分の役に立たなくなった信念を持ち続けると、二元性の中で身動きできなくなり、常に判断ばかりすることになるでしょう。そして、自分の支持するものだけを”良いもの”あるいは”プラスのもの”だと考えてしまい、自分が信じないものは”良いもの”でも”プラスのもの”でもなくなります。

そうなると、他人の同意が得られない時、自分の信念を守る必要性を感じるでしょう。それを守るためにあまりに多くのエネルギーを使っていれば、たとえもう役に立たないものでも、手放せなくなるはずです。そうやって、自分の信念に支配されはじめるのです。(P206、207より引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「私はダメ!」とか「私には出来ない!」などと思っているうちはまだまだよいのです。

それは、自分で認めているということですから。

 

まずいのは、その気持ちを裏返してしまう時。

「守り」に入るために、「自分はそうなんだ」という裏返しの信念をつくってしまう。

それは往々にして、古い考えや習慣に対するものが多いように感じます。

特に、女性の場合、そうせざるおえないように感じる場面が多々あります。

特に結婚して子供を産み、育てる立場になれば。

「お母さんは強いもの」という幻想。根強いですね。

お母さんは子供を育てあげてからやっと強くなると思います。

だから、育てているうちは強くなくていいんです。

そして、私の思う「女性の強さとは柔軟性」です^^

 

人間の面白さや人生の楽しさは「完全ではないところにある」と思っています。

全ての人が完璧で抜け目なかったら、つまらない世の中です。

自分にダメなところがあるから、変わりに得意な人がそこをやってくれる。

だから、ようやく全体で完全になるのです。

 

そう、

「すべてはひとつ」と言われているのはここだと感じています。

 

ジャッジ(判断)をすることは、狭い世界での価値観の上、という条件の元の話。

すぐに良い悪いの判定をくだしてしまうのは、受験勉強のマークシートのなごりかもしれませんが、

あくまでも、一定条件の中でも良い悪いなだけ。

数学や物理の問題と一緒ですわ。

力学の問題でも、「真空状態で、摩擦はないものと考える」な〜んていう一定条件があったでしょう?

 

自分の中の狭い世界だけで何かをジャッジしても、それは結局自分の思考をジャッジしていることになり、結果的には、自己否定をしていることになるのです。

 

「自分をあるがままに受け入れる」ことってどのようにしてよいかわからない、という方は

まずは、すべてのもの(身近なものからはじめるとよいでしょう)に対して判断するくせをやめてみてください。

マークシートは試験の時だけ、本気で取り組みましょう。

自分の住んでいる世界に、○×しなくていいのです。

かなり楽になるはずです^^

女性の強さは柔軟性です!男性もね^^

 

そうそう、話は変わるのですが、

この本の最終章が臨死体験についての質疑応答になっているのですが

臨死体験時の状態を説明する言葉がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分が死んだ時は、まるで夢から目覚めたような感じでした。どこかに行ったような感じではなく、覚醒して、三百六十度の視野と、完全な共感覚(複数の感覚が同時に認識されること)が得られたようでした。(P265より引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この部分を読んだ時に、なるほど!とひざを打ちました。

読みながら、なぜか共鳴する部分が多いなあ、感覚が似ているなあ、と感じていました。

それは、彼女がバリバリのキャリアウーマンで、病気から生還した、という

共通項のためかな?と思っていたのですが。

最後の最後で、この部分を読んだ時に

そうか、共感覚の感じがわかっている人だからなんだ!と。

共感覚がわかる人に巡り会えて、嬉しかったなあ^^

 

ちなみに、私の場合

生きている時も死後の世界も

そんなに感覚的には変わらないのかな〜^^;

ということは、

すでにこの世にして天国にいるように生きているということなので

幸せ者なのかもしれない^^

|

« いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます | トップページ | 女性建築家展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます | トップページ | 女性建築家展 »