« 渡辺篤史×多田祐子トークショー | トップページ | ギャルリ ももぐさ を訪れて »

2015/02/09

あたたかい街 岐阜県可児市

S20150207_135349

7日に岐阜県可児市にて「建築家から見た絆を深める住空間」の講演を終えました。

この講演は可児市 市民部 人づくり課の主催。

昨年の1月に岐阜市女性センターにて行った講演を聞いていた方が

ぜひ可児市でも!ということで始まったそうです。有難いなぁ^^

S20150207_124036

会場は文化創造センター・アーラ

1280pxkani_public_arts_center4

丘陵地である可児市を一望できる素敵な場所です。

こちらは香山壽夫建築研究所の設計。

劇場の設計は舞台上部の威圧感をいかに消すかが悩みどころ。

ところが、この建物は、エントランスやホワイエの前面のガラスの箱が美しい水平ラインを出しており、軒の微妙な角度がまるで飛行機の翼のようです。

これが浮遊感をかもし出し、軽さを出していました。

美しい。

プランについても

ルイスカーンの言うROOMとFORMが見事に具現化させた建築だと感じました。

 

岐阜県を訪れてみると驚くのですが、大きな箱物(公共建築)は著名な建築家が手がけているものが多いですね。

県民のみなさんが建築に対する意識が高いのも感じます^^日本では珍しいですね。

そして、岐阜の建築に誇りを持ってらして、どの施設も人でにぎわっています。

S20150207_124109

さて、今回は人づくり課のみなさんともいろいろなお話させていただきましたが、

どの方もお人のために一生懸命に考え、行動されています。

その姿勢は素晴らしく、とても美しいなあと。

仏教で言う「方便」ですね。

 

 

さらに講演がはじまり、課長のKさんの冒頭のごあいさつされた中で「建築には哲学があり…」とおっしゃってびっくり。

実は、私も常々「哲学のない建築は本当の建築ではない」と考え、行動しています。

S20150207_133925

90分の講演。

「よりよく生きるためには環境を整えることがとても大切」

 

・なぜ大切なのか?

・実際に行動するためにはどのようにすればよいのか?

についてお話させていただきました。

 

時間はあっという間に過ぎ、

皆さん真剣に聞いてくださって、さらに質問コーナーは60分の延長~^^

本当にお疲れ様でした。

 

何かを売るための情報ではなく、

住宅(建築)の本質、

そして住まい手にとって実りある情報をお届けしたいという思いから、

数年前から講演の仕事を始めました。

 

それが今、

いろいろなところからお話をいただくようになって

情報を求めている方々にダイレクトにお届けできるようになったこと。

 

感無量です。

 

決して、私の力ではなく、多くの人々の熱い思いと勇気ある行動で

実現していることだなあって。

 

講演を終えると、いろいろな方のあたたかい心に触れることができ

とても幸せな気持ちになります。

 

準備や体調管理が大変で

勇気とど根性が必要なお仕事なのですが(笑)

始めて、続けてきてよかったなあって。

 

その現実にふれ、感動し

そして、感謝の気持ちでいっぱいです。

S20150207_160855

そんなあたたかい心の中で

講演後に見る丘陵地からの景色に、明るい未来を感じました。

共感覚でいうと、この時、この景色にバッハのカノンが流れたのですが^^;

|

« 渡辺篤史×多田祐子トークショー | トップページ | ギャルリ ももぐさ を訪れて »

講座・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渡辺篤史×多田祐子トークショー | トップページ | ギャルリ ももぐさ を訪れて »