« 一回一動作 | トップページ | 「鶴岡八幡宮と神奈川県立近代美術館見学ツアー」参加者募集 »

2013/10/01

葉山・下山口の家 完成

008
「葉山・下山口の家」無事にお引渡しを終えました。

敷地との高低差を利用して地下1階部分を鉄筋コンクリート造とし、

1、2階を木造で作っています。

さて、度々フェイスブックではお伝えしておりましたように、

この住まいの要は

001

このキッチン。奥さまはこの窓からご主人さまへ「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」と見送り、迎えたい。そんな、ほのぼのとした暖かいご家族の棲家です。

さらに、コの字型で外部空間とつなげたいというご要望。

ということで、今回はオリジナルで製作してもらいました。

実は兼ねてから、「イケアよりもリーズナブルで、ステキなキッチンをつくろう!」と、若手の家具職人と案を練りに練っておりまして、今回その第一弾。

色はもちろん…YUKO BULEに。

このシルバーブルーはオリジナル。もう、お馴染みとなりましたでしょうか^^;

002

さて、キッチンの窓を覗くと

このように見えます。

このキッチン、実は中庭にも面しており、その中庭を介して白い浴室があります。

014

ここは葉山。だから思う存分、風や光などの自然を満喫したいところ。眺望はばっちり。深々とした緑に囲まれていて。

夏はこの中庭にプールを出して、足湯ならぬ、足水で読書しながらピナコラーダを飲む。な~んて。楽しそう^^ワクワクしますね。お父さんはビールかな。

020

さらに、こちらは中庭の上の中庭。そう「中庭on中庭」なのです。

ここからは、富士山が見える予定^^

017_2

リビングダイニング。上階は子供室。

022

リビングには子供達の勉強するカウンターを設けました。そこにはお嬢さんの選んだガラスをはめ込んで。

全てを書ききれないくらいに、他にも盛りだくさんの工夫をした住宅となっています。(空間が複雑なので、いまいち写真がうまく撮れません。カメラマンの撮影に期待^^;)

そして、9月22日、23日に完成見学会を行いました。

この日はたくさんの方にご覧いただきました。

ありがとうございました。

感想をいただきましたので、ありがたくご紹介させていただきます。

多田様、こちらこそお招き頂き有難う御座います。少しずつですが多田さんの設計される家、クライアントに対する誠実さが見えてきて大変良かったと思います。仰々しい表現かも知れませんがご容赦下さい。キャッチフレーズにされているシンプル&コンフォータブルという住環境は、まさにうちが思い描くイエです。シンプルなのにストレスの無い棲家。(後略)

と、ステキなK様ご夫妻さまより

「住まい」にとても真剣に向き合われており、その姿勢は素晴らしいものです。住宅を設計する者として、心より嬉しゅうございます。ありがとうございます。

おはようございます!
本当にお疲れ様でした!
施主様のいらっしゃらないところでの内覧会、多田ご夫妻と施主様ご家族の白熱した心の会話が感じられる素敵なお宅でした!
細部に渡る発想力と心遣い、思いやりに感動させていただきました!
多田ご夫妻、本当にお疲れ様でした!

感性豊かなIさまより

近いうちに、葉山に海の見える一戸建てを建てたいという夢をお持ちです。きっと素晴らしい家が出来ると思います。キュートでステキな奥さまもお喜びになるでしょう^^

見学会、お疲れ様でしたo(^_-)O

ゆうこブルーキッチン、素敵過ぎ!! 空間も、私にはとても居心地良く、そのほか細部まで研ぎ澄まされたデザインも美しく、楽しくなりました。

と、こちらは、魂の友人から。

 

こうして、ありがたい言葉を頂戴すると、またがんばって創ろう!とエネルギーが湧きます。

しかし、決して私達だけの力ではなく

現場をとりまとめる現場監督、そして実際に手を動かす職人さん方、

その他大勢の方のお力がひとつになって出来たもの。

本当に、みなさまには感謝しています。

そして最後に

これからこの家で幸せな暮らしが繰り広げられますように。

Love&Light…

|

« 一回一動作 | トップページ | 「鶴岡八幡宮と神奈川県立近代美術館見学ツアー」参加者募集 »

葉山・下山口の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一回一動作 | トップページ | 「鶴岡八幡宮と神奈川県立近代美術館見学ツアー」参加者募集 »