« 気品は家庭で育まれる | トップページ | 試練さえも 両手でいただくこと »

2013/01/07

日本を大人の女でいっぱいにしよう

_mg_7527_web

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2013年が始まりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私くしはと言いますと

facebookには書きましたが、昨年の29日夜より高熱が出始め、

意識朦朧としている間に年を越してしまいました。

高熱の無意識の世界で書いた年賀状、預言者のようなコメントになってしまったものが届いた方がいるのでは…と少しドキドキしています。

ということで、ようやく昨日大掃除を終わらせ、年賀状をゆっくり見ることができました。

そして、いつもであれば年始にまず、昨年の振り返りと今年の目標を決めます。それが今年はこれから。

やらなくてはいけないことは昨年に引き続き、たくさん目の前にありますが

目標を定めることで、ただやみくもにこなしていくのに比べ、最低でも3倍くらいの成果につなげることができます。

さらに、自分の信念とリンクさせていくので、やらされている感がありません。モチベーションが下がることがなく、このやり方はとても良いな~と思っています。

 

さて、昨年の誕生日に「人のために出来ることをやっていこう!」と目標を立てました。

引き続きですが、私利私欲をなくし、透明感のある心を育むことがテーマです。

つまり

「大人の女になる」

これは乙女だった10代のころから憧れていたもの。

残念ながら、日本にはこの「大人の女」少ないですね。これから増えるといいな~。それが幸せな経済を育むような気がしています。

 

さて よく母に「早く40歳になりたい!」と言っていたそうです。

だから20代のころは「大人っぽい」髪型や服装ばかりしていました。童顔なのでよけいに^^;

持ち物や服装はかっこよいものでないといけない、などとこだわり(こだわりではなくひとりよがりです)それも今では笑い話。

そう、「大人っぽい」というのは「大人ではない」ということですから^^;

しかし、仕事でも育児でも経験からしか得る事のできない自信が私の中に蓄積されるようになってからは鎧や仮面は全く必要のないものになりました。

何かモノでカバーしなくても、ステキなものは自分の中から生み出すことができるということが分かった時、余計なモノは一切必要でなくなりました。カタチではないんですね~。大人になるって。

誰かや何かに頼るのではなく、自分の足で立つこと。自分の力を信じること。

 

 

先日、母に会いましたら「あなた若返ったわね」と。

うふふ、つまり童顔に戻ったということですな^^

 

このモチベーション維持術は整理整頓・センスアップ講座でいつもお伝えしています。

おかたづけ、勉強、ビジネス、さらには美容にまでも使える方法だと思っていますので機会を見つけてお伝えして参ります~。

整理整頓が出来るようになって、センスもよくなって、美しくなれるのですから^^

|

« 気品は家庭で育まれる | トップページ | 試練さえも 両手でいただくこと »

ごあいさつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気品は家庭で育まれる | トップページ | 試練さえも 両手でいただくこと »