« 4年越しの出会い | トップページ | 行人 夏目漱石と共に »

2012/04/12

「ほっとするね」を次はあなたに

Sh3k03420001

4月2日(月)から4月8日(日)まで横浜赤レンガ倉庫にて建築家展に参加しました。

延べ250組のお客様が起こし下さいました。ご来場ありがとうございました。

住宅の相談はもちろんのこと、建築にご興味のある方もたくさんみえました。

10歳前後の建築家志望のお子さん(特に女の子)が数名いらして。

「建築家」という言葉が一般的になりつつあるのでしょうか。

 

さて、展示ブースにお越し頂いた方にはこの写真のフライヤーをお渡ししています。

「これ、会社の引き出しに入れて、ほっとしたい時に見たいので、いただいていいですか?」というお言葉もいただきました。なんと嬉しいことでしょう。

 

住宅建築については、美しいのは当然のこととして、この「ほっとする」や「落ち着く」というキーワードを大切に設計しています。それは私の大切なこだわりです。

それが伝わってよかったな~。

さて 一週間、赤レンガ倉庫にカンズメ。ほぼ一日中話をしている状態でサスガの私でも合宿の後のような疲れが…

そんなとき、お客様から嬉しいメールが。甥っ子さんが遊びにいらしていた時のこと

 

春休みに来た甥っ子達さえ「おばちゃんの家って良いんだ」と言うので「どこが良いの?」と聞いたら三人共「落ち着くんだ」と すかさず「みんなで大事にしてね」と私。子供達もちゃんと理解してくれて嬉しいです。

 

とっても大切に住んでいただいている様子が伝わってきます。

 

幸せいっぱいな気分で……

Sh3k03460001

‎8年前に設計した「回の家」 地下がカフェになって3年経ちました。この日は夜桜パーティにおよばれを。

この家のテーマが「桜」

A0102_3

約1000坪の敷地にそびえる樹齢100年の桜。そして反対側にはさらさらと流れる清清しい小川とそれに沿うように咲くしだれ桜。

一年のほんの数日だけとびきり美しい--

刹那が粋である住宅。外壁を限りなく黒に近いこげ茶にしたのも桜が一番映える色だから(真っ黒にしていないところが美しさの秘訣かな^^)

 

さて、「大人が粋に夜遊びできる場所をつくりたい」というオーナーさん(今はマスター)の夢は3年という歳月ののちに、見事に満開になっていました。

昨日はマスターに「酒とバラの日々」をリクエスト。

 

そう 5月~7月、10月11月は素敵なバラ園となるそうです。これは必見ですね。

  

ぜひCafé de DARAで素敵な春の夜をお過ごしください。

http://www.da-ra.com/cafe

このようにして 日々お客様の喜びのおすそわけをいただけることは本当に有難く、幸せなことだと。

そして今年度も少しでも多くの「落ち着く」空間を創造していきたいなと。

小雨のぱらつく桜ふぶきの中で新しいお仕事の現地調査をしながら、ふと思ったのでした。

Sh3k03440001

ごほうびは特大のいちごのショートケーキ^^

|

« 4年越しの出会い | トップページ | 行人 夏目漱石と共に »

建築家のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4年越しの出会い | トップページ | 行人 夏目漱石と共に »