« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/25

実るほど頭を垂れる稲穂かな

1

4月23日 大安吉日 北見方の家 地鎮祭を行ないました。

あいにくの空模様でしたが 「雨降って地固まる」といいますもの。

この日 現場には、テントが。さらに地面にはぬかるみができないように、砂が敷き詰めてありました。現場監督が最後にほうきで丁寧にならしてくださって。

ひとつひとつが細やかで素晴らしい。皆のニコニコした笑顔。

これは良い現場となるな~と、経験から。結果として素晴らしい建築が出来ることでしょう(おや?手前みそかしらん)

さてさて 地鎮祭で私の一番好きな場面

それは

続きを読む "実るほど頭を垂れる稲穂かな"

| | コメント (0)

2012/04/20

日本建築 粋なところは庭との関係

P4176626

北見方の家 庭石の移動をしました。

丸2日の作業。

この家は中庭を介して二世帯がつながる住宅。

建坪は63坪

ほぼ平屋、一部物見塔のような2階があります。

最初に敷地を見たときに

日本庭園と家庭菜園とが素晴らしく

ぜひ、庭とつながりの深い建築を作りたい という気持ちで

出発したものです。

続きを読む "日本建築 粋なところは庭との関係"

| | コメント (2)

2012/04/16

行人 夏目漱石と共に

P4116602

新しく設計を始めるために、敷地を見にいきました。100坪ほどの敷地には美しくしつらえられた日本庭園があります。

これをどこまで活かすか。建物とのバランスを計りながら決めていきます。

機能性と美との調和

どんな建築を設計するにしても、この壁を乗り越えなくてはなりません。

そしてその壁の高さも自分で設定しなくてはなりません。

今回の設計はこのハードルがとても高い^^;(自分で決めたのですが)

そうそう、最近読了した夏目漱石の行人(こうじん)の中に同じ思いを見つけました。必要な時に必要なことが与えられるとはこのことでしょうか^^

続きを読む "行人 夏目漱石と共に"

| | コメント (0)

2012/04/12

「ほっとするね」を次はあなたに

Sh3k03420001

4月2日(月)から4月8日(日)まで横浜赤レンガ倉庫にて建築家展に参加しました。

延べ250組のお客様が起こし下さいました。ご来場ありがとうございました。

住宅の相談はもちろんのこと、建築にご興味のある方もたくさんみえました。

10歳前後の建築家志望のお子さん(特に女の子)が数名いらして。

「建築家」という言葉が一般的になりつつあるのでしょうか。

続きを読む "「ほっとするね」を次はあなたに"

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »