« 案ずるより産むが易し | トップページ | 「無」を見ること 「間」を極めること »

2012/02/13

みかん ぼんたん ばんぺいゆ

Sh3k03000001

これから家づくりをされるというご家族を訪ねました。お子さんがお嬢さんお二人。打ち合わせ中、ベランダに近くの窓辺の陽だまり中、仲良く2人で遊んでいました。愛らしいですね。

ご検討中の敷地があり、ご夫妻の希望されているような住まいができるのかどうかを皆で話し合いました。またまた、これから楽しみです。

とっても温かいご家族なので、あたたかい家ができるといいな~と考えています。

 

家づくりを進めていくにあたっては、たくさんの問題をクリアしてく必要があります。途中、ネガティブになることもたくさんあるかと思います。しかし、それ以上に楽しみが多いというのが家づくりの醍醐味です。

その際、自分達は「これから、何を大切にして生きていくのか」を決めておくことが大切なことといえるでしょうか。

 

そうそう、このご夫妻はお二人とも鹿児島のご出身。九州人同士はなぜでしょう、すぐにうちとけることができます。そこまで博多弁がでてきていました^^

帰りに文旦(ボンタン)と晩白柚(バンペイユ)を頂きました。今家の中が爽やかなオレンジ系の香りでいっぱいで幸せ気分です。ふるさとが近づいたようで、本当に有難いです。

そしてさらに、これらはご実家の敷地に生っているものだとか。すごい~、サスガ南国です。

写真右のミカンは金柑ではなく、フツウのミカン。ボンタンとバンペイユ大きいでしょ?

九州を鹿児島に向かって南下していくと、途中にこの大きなボンタンやバンペイユの3つセットになったものを売られているのが目に止まり、それと青い空とのコントラストが元気にしてくれます。みつけたら、ぜひ試してみてください(但し、ひとりで1つだとおなかいっぱいになります)

頂いたボンタンを見ながらニマニマしていると、「祐子先生、これでまたジャムとかなんとか作ろう、とたくらんでますね?」と

帰り際、この日同席していたあきこさんのするどいツッコミあり。言われた瞬間、本当にそう思っていたのでドキリ

もはや、あきこさんには隠し事はできないということ^^;私がオリエンタルの梅酒ゼリーが好きなことも。

|

« 案ずるより産むが易し | トップページ | 「無」を見ること 「間」を極めること »

建築家のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 案ずるより産むが易し | トップページ | 「無」を見ること 「間」を極めること »