« 「無」を見ること 「間」を極めること | トップページ | 雪化粧の中で »

2012/02/28

体重計に乗るのはコワイですか?

1

2月26日(日)に「整理・整頓しながらセンスを磨く」実践編-2を行ないました。

今回は実践編の2回目 「現実を理想に近づけよう」です。

この日は主に2つのワークを行いました。

 

ひとつはライフスタイルを時間を追って振り返ること。

もうひとつは自分の住んでいる間取りを描くこと。

この二つに取り組む目的は「現実を数値化する」ということです。

体重計に乗ることと同じこと^^;

 

日々の生活は「なんとなく」過ぎていきます。

当たり前に過ごしているからついつい見落としてしまうのですが

実は、しっかりと振り返ってみると案外いろいろな動作をしているものです(案外していないものもあります^^;)

数値や言語に置き換える時、人は心の中で自分と会話をします。この時、私の場合、心の中で天使と悪魔が会話したりします。

 

さて、数値や言語にしたとたんに事実は自分から離れます。そうすることではじめて客観的に見ることができるようになります。

客観的に見るということは整理整頓では大切なことです。さらに言うと、センスを磨くことにもつながるのです。よく、絵を描いている時、途中で離れて見るようにとアドバイスされませんか?それと同じことです。

2つのワークを行なっている皆さんの姿は真剣そのもの。あまりにもしーんとしているので「息するの忘れないでくださいね~」とアドバイスを。

終わった後「とても楽しかった」という声を聞くことができてよかったです。

そして、連続して受講してくださっている方は着々とセミナーで学ばれたことを活かされて整理整頓をされているようです。素晴らしい。

そう、このセミナーを主催されているリビングスタイルKの佐藤さんも実践されているとか。その成果をレポートしてくださるそうなので、楽しみですね^^(佐藤さん、もうにげられませんよ~^^v)

佐藤さんのブログ→ 

この日の会食の際、「おしながき」の字が小さくてよみづらかったのですが、ある方がすぅっと「リーディンググラスで見てごらん」と貸してくださいました。「コンタクトではく、めがねだから見えにくいのかしらん」と半信半疑でしたが(いえ、それを理由にしたかった!)、なんと「うわ~、よくみえるー」…と、今ちょっぴり複雑な気分でいます。

現実と向き合うことは勇気が必要ですね。だから整理整頓は疲れるのは当然なのでしょう、皆さん自分から逃げずに、がんばりましょう~ネ^^;

|

« 「無」を見ること 「間」を極めること | トップページ | 雪化粧の中で »

整理整頓とお掃除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「無」を見ること 「間」を極めること | トップページ | 雪化粧の中で »