« あけましておめでとうございます | トップページ | 街と建築とおじさんと 2)円覚寺とシャルロット・ぺリアン »

2012/01/11

街と建築と子供と 1)横浜街歩き

Sh3k02850001

6日の仕事始めに関内に出かけた時のこと。夫が「良いお店があるから」と言うのでついていくと、そこは瀟洒で昭和な喫茶店。

コーヒーもサイフォンで淹れてくれるというかなり私好みのお店でありました。(夫よ、こんな持ち札があったとは…)

関内周辺は昔と様子が変わってしまい、なんともさみしい感じがあするのですが、「こういったお店は「文化」だから残してほしいよね。」な~んていいながら、モカベースの香り高いコーヒーをいただいて。

香りというものは人の記憶を蘇らせるもの、私も横浜に住んでいたころがよみがえり、「山下公園や鎌倉はよくひとりで歩いたな~」という話になりました。

思い立ったら吉日とばかりに8日・9日は関内と鎌倉へウォーキングを兼ねて街めぐりをすることに。

8日は午後から市営地下鉄に乗り、関内下車。

市役所から日本大通りを抜けて象の鼻パークへ。

ここからみなとみらいが良く見えるのですね。

おー、今度講演する赤レンガ倉庫もみえるよ、と。

それからアレハンドロ・ザエラ・ポロとファッシド・ムサヴィ設計の大桟橋へ。もちろん見るものは建物となります。このコンペの発表の時のこと鮮明に覚えていて、出来上がるのが楽しみでした。さらに出来上がって数年経つとさらに建物の善し悪しがきっぱりと見えてくるからまたそれを見るのも面白いのですね。

さて、ここでベンチの足元に意味不明の金物がついていたので、なんだろう?と思って扱いまわしていたら、それを見ていた子供が私のマネを始めて、その子供はお母さんにこっぴどく叱られていました。

ゴメンよ、子供。しかしおばさんもあのあと「だめだよ、変なこと教えちゃ」とおじさん(夫)に叱られたのだよ^^;

山下公園では人々の波を逆流するように歩き(なぜあんなに同じ方向からたくさんの人が歩いてくるのでしょうか)坂倉建築研究所の建物(人形の家などです)の間をすり抜け、元町へ。

この日はキタムラやウチキパンには寄らず、以前からよく話を耳にする家具蔵(かぐら)へ寄りました。

へぇーとかふぅーんとか思いながら家具を見て、ふと外を見ると薄暗くなっていたので慌てて帰路につくことに。

元町から伊勢佐木長者町までまたひたすら歩いていると頭がぼーっとしてきたので途中コンビニでビスケットを買い、歩きながらエネルギーを補給。

仕事ではよくこの界隈は行き来するのですが、いつも仕事のことを考えながら歩いているのでしょう。こうしておやつを食べながら目的もなく歩くと全く違う街に見えるのですね~。

明日につづく。

1月25日(水)15:30より赤レンガ倉庫にてお話をさせていただくことになりました。

内容は子育てと家についてです。

建築家として、そして母親(昨年、息子の受験を経験しました)として、父親として(今回は夫付きです)感じていること、考えていること、工夫してきたことなどを事例の写真などご紹介しながら、お話できればと思います。どうぞお越しください~。

1月25日(水)15:30~16:30 建築家セミナー  

「建築家が提案する・家族で成長する家 作り込み過ぎないコツ」

場所:横浜赤レンガ倉庫 一号館2F *参加費無料

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 街と建築とおじさんと 2)円覚寺とシャルロット・ぺリアン »

建築ウンチク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あけましておめでとうございます | トップページ | 街と建築とおじさんと 2)円覚寺とシャルロット・ぺリアン »