« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011/09/29

怒涛の一週間

Sh3k01940001

涼しくなり、随分過ごしやすくなりましたね。

この時期の空は青く、雲のカタチがクリアーになり、空を見ているのが楽しいです。

な~んて言いながらも、私は家事と仕事に明け暮れていていました。

21日 台風の日。一日中おこもりで図面と格闘。

続きを読む "怒涛の一週間"

| | コメント (0)

2011/09/18

長い残暑と長い小説

Tada_chigasaki_20081206_202

残暑が厳しいですね。いかがお過ごしですか?

今日でこの暑さ終わりだとか。だから今日はこの夏最後の暑さを満喫しようと思っています。

この蒸し暑かった数週間、私はひたすら図面を描いていました。図面を描いている時、ひとつのことを決めるのに、最低でも3つ以上のことを同時に検討することになります。

かなり集中している状態なのかはっと気がつくと2~3時間くらい時間が経っていて。

続きを読む "長い残暑と長い小説"

| | コメント (0)

2011/09/14

整理・整頓 それは心地良い暮らしへのステップ

9月11日に

整理・整頓についての3回目の講座が終わりました。8月は夏休みを頂いたので4ヶ月かけての講習となりました。

皆さんとても熱心に受講してくださって、誠にありがとうございました。

 

第一回目はモノの分類の仕方とコツ、そして四季を通した暮らしに沿った片付け方を学びました。

第二回目は人間の空間認識の仕方から始まって、住まいの構成とライフスタイルを見比べる準備をしました。

第三回目は実際に間取りを作成し、今お住まいの住宅を振り返ります。この時、住宅を空間で捕らえることが大切です。皆で問題点や改善点を話し合いました。

やはり、多くの方がご家族でひとつの家にお住まいかと思います。この時に難しいのが、どのように相手と折り合いをつけて暮らすか。でしょう。整理・整頓する時も折り合いをつけなくてはなりません。モノとそして家族との対話が大切ですね。

女性と男性では持ち物の種類も違いますし、量も違います。おおよそは女性のほうが圧倒的に必要なモノが多いです。物欲を最小限に抑えたとしても、社会とかかわっていくためにはこまごまとしたある程度のモノは必要でしょう。仙人のように暮らすわけにはいかないですものね~^^

 

11日の講習は欠席されたのですが、第一回、第二回と参加されたSさんからとっても嬉しいメールを頂きましたのでご紹介させてください。

(前略)

この夏片づけを頑張って7割?程完了しました。狭い団地の部屋ながら、
自分なりにはずいぶん快適に感じています。
家族も心地よいようです。
まだ十分とはいかず明日のアドバイスを楽しみにしていたのですが、残念です。
ですが、狭い住宅でいかに快適に過ごすかをテーマに暮らしていこうと思っているところです。
 
また、イタリアの講座の受講をお願いしたいと思います。
私もイタリアが大好きです!!(といっても詳しくはないですが)
多田さんのフィルターを通したイタリアに出会えること楽しみにしています。
 
どうぞよろしくお願いします。
 
7割のお片づけに成功されているなんて本当に素晴らしいです。
講習やセミナーを受講しても、受けるだけで満足してしまい、なかなか行動に移すことができないものですもの。私も自分に言い聞かせておりますが(特にお片づけはハードルが高いと思います…)
 
ご家族も心地良くお住まいのご様子。Sさんご家族が笑顔でお住まいのご様子が目に浮かびます。
 
そう、この講座は「片付け」だけを目的とせず、「心地良い暮らし」を目的にしているところがポイントでした。それもよく理解していらっしゃって。もう、100点です!
Sさん、ありがとうございました。
 
 
さてさて、これから続く秋のお茶会は、

10月23日(日) ヨーロッパの文化と歴史 ~イタリアの都市と建築-1~

11月13日(日) ヨーロッパの文化と歴史 ~イタリアの都市と建築-2~ 

 

都市計画を学んでいた学生時代、イタリアバックパック旅行をした際のスライドを上映します。ローマ、フィレンチェ、そして美しい都市であるヴィツェンツァなど。

詳細はこちらをどうぞ。

| | コメント (0)

2011/09/08

仕事は楽しんでが私流

Sh3k01790001

昨日は現地調査に出かけました。もちろんお天気は晴れ。爽やかな青空の下での仕事は気持ちが良いものですね。

今回は建て替えなので、おじゃまして周辺の地形や細かい微気候のお話をお伺いしました。

ご両親ともお会いさせていただきました。長くお住まいなので、周辺の歴史なども知ることが出来、とても勉強になりました。

 

続きを読む "仕事は楽しんでが私流"

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »