« 火の持つ意味は深いのだが | トップページ | 美しくありたい道具たち »

2011/07/05

引き継がれる 日本の粋

1

建て替えのご希望でのお打合せに。

築50年の日本家屋。細かく拝見させていただいたけど、素晴らしい。

お座敷の梁は一本モノ。板の間の縁甲板も長い長い一枚モノ。

建具の細工やガラスも板ガラス。

数年前に両親と行った杵築の武家屋敷に負けず劣らず。

さて、何より嬉しかったのは、

 

ここにお住まいのご家族がまた和のイメージの家を希望されているということ。

50年間、維持をするのに沢山のエネルギーを注がれておられるはず。とても丁寧に大切に使われてきたのはひと目みてわかります。手入れは、今の人だったら「めんどくせ~」ということばかりでしょう。ただひたすらに雑巾掛けするとかですね。

また、木製建具からは隙間風はあるでしょうし、鍵もくるくるとネジで閉めるタイプのものです。今のように何でもワンタッチ!というわけにはいかない。

それでも、次もやはり日本家屋と仰る。ご子息夫妻も。

素敵だな~と思います。生きるってこういったことを言うのだな~と感じます。

引き継がれていくこと。引き継いでいくこと。

この感覚をひと言であらわすと

「粋」

 

このような仕事をさせていただけることはとても有難いことだと思います。日本の中に数千万棟という建物がある中のたったの一棟かもしれないけれども、その一棟でも何かを伝えていければ…と毎回祈りながらの仕事です。

数十年後にまた建て替えの時が来て、誰かが建物を見たときに、素晴らしいと唸るような、そんな建築にしたい。50年後だったら、まだ私現役かもしれませんが、あれ?92歳だな^^;

 

実は私は少し前から粋な日本家屋が作りたい!とことあるごとに言っていました。まるでもうその現場にいるように「壁の仕上げがこうで、ああで」と夫にプレゼンしていました。夫は「あ~また始まった、また言ってるよ」という表情をしていましたが……

ありありとイメージしていたので、この沢山の試みを発揮できたらとワクワクしております。つまりネタがたくさんあるということで~す^^

Sh3k01290001_2

本日のおやつ

さくらんぼ

暑い時はフルーツで乗り切ろう!

ちなみに今日のお昼はリンゴとバナナ

動物園メニューっ^^

|

« 火の持つ意味は深いのだが | トップページ | 美しくありたい道具たち »

建築家のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 火の持つ意味は深いのだが | トップページ | 美しくありたい道具たち »