« わ・た・し流 自信の作り方 | トップページ | 手はウソをつかない »

2011/06/27

良いものは良い素材選びからはじまる

Sh3k01160001

設計する際にこだわっているもののひとつが「素材の良さ」

なるべくいろいろなものを見て、さわって体感するように心がけています。

そして、絶品のものにめぐり合った時 

 

すぐにこれをどう活かそうか、と考えをめぐらせます。

このような時間は私にとっての至福の時間です。

新鮮なお野菜や活きの良いお魚に出会った時、どうやって頂こうか?とワクワクしながらお料理するアノ感覚。

 

それでさらなるこだわりは……活きの良い素材を使うこと

なるべく息をしているものを使うこと。

住宅の場合は特にそう感じます。

衣類を選ぶ時、母によく綿などの天然の素材が良いと言われてきました。

肌が敏感だった私を気遣ってのことだったのでしょう。

でも、そんな小さなことが

私の良いものを見極める感覚を育ててくれたのかもしれません。

 

今でも天然素材以外のものを着ている時、なんだかビニール袋に入っている感じがしてしまうのです^^静電気も帯びますしネ。

実はこれ、建物でも同じこと。

大変身近であるビニールクロス。

実は、静電気を帯びやすく、そのため埃を呼びます。

化繊で出来たカーペットなども実はそう。

掃除機では吸い取れない埃が溜まりませんか?

ビニールクロス+化学繊維カーペットだとテントにいるような感じがしてしまいます。

息苦しい感じがします。

 

さらに増える一方の家電製品や今では必需品のパソコンなど

住宅の壁の中をはう電線。10年前に比べておそらく3、4倍は増えているでしょう。

このような生活ではかなりマイナスに帯電してしまいます。

これらのピリピリでは人間もピリピリしてしまいそうです。

でも、なくしてしまうわけにはいけませんね。

だから、少しでも身体に負荷を与えないように、

優しい素材を使いたい。さらに美しい仕上げで輝かせたい。

そう願いながら

このように素材選びから意匠を考え出すこと

そんなこと楽しみながら日々研究しています。

 

Sh3k01140001_2

*今日のおやつ*

またまたいただきものの

横濱フランセのロールケーキ

マンゴー味好きの夫は「うめーうめー」と

かなりの感動表現しながら頂いておりました。

とても素材を吟味されたお菓子でした。

U様、ありがとうございます。

|

« わ・た・し流 自信の作り方 | トップページ | 手はウソをつかない »

住まいの基本」カテゴリの記事

幸運体質環境講座」カテゴリの記事

建築ウンチク」カテゴリの記事

建築家のお仕事」カテゴリの記事

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わ・た・し流 自信の作り方 | トップページ | 手はウソをつかない »