« 願えばかなうって本当なんだね。 | トップページ | 気づけば20年の歳月が »

2011/06/16

変わるもの 変わらないもの

Sh3k01020001_2

6年前に設計した住宅におじゃましました。

川沿いに建つこの住宅はお散歩途中の方から「この家を設計した人は誰ですか?」と聞かれるそうです。

昨日はリビングの窓から一面のあじさいの花が美しくて。真夏はひまわりになるのだとか。いいな~冷えたビールがおいしそう^^

 

お伺いして、ご家族みなさんお元気そうなのがなにより。

設計していた時は2歳だったお嬢さんも、もう小学2年生。

元気に学校から帰宅されたご様子からはご家族の愛情いっぱいに育てられているのだなぁと。

さらにこの家、お嬢さんのお友達の集まる場所で大賑わいだそうです。ふつうのお家とは違うので楽しいのでしょうか。お母さんは大変ですが……

 

気になる建物については…

まじまじと建物探訪をさせていただきましたが(自分の設計したものだけど)上手にそしてとても素敵に使っていただいているご様子でうるうるしました。

帰り際に「車の車種が変わりましたね~」と夫が言うと

「主人が 建物の意匠に合うものでないといけないんだ、とこだわって決めたのです」と奥様。

ご主人はとてもハイセンスな方で、デザインの優先順位がとても高くていらっしゃいます。

そういえば…設計中、使い勝手を優先したい奥様との意見の折り合いをつけるため、折り合いをつける意匠を考えに考えたのを思い出しました。

残念ながらこの日、ご主人にはお会いできませんでしたが、ご主人のこだわりの一品を拝見しただけでなんだかお会いしてお話したようなそんな感覚にとらわれたのでした。雰囲気のある方ってそうですね。

そうそう、この建物はいわば私達の初期の作品。初期の作品はなんだかのびやかでいいな~とも思ったのでした。

 

住宅を維持していくのにはおおよそ5年ごとのメンテナンスや見直しが大切です。

子育てと同じように「産んだら終わり」というわけにはいかないのですね~^^子育て中のお母さんも、ご一緒に頑張りましょう^^v

Yn0105_2

家具の配置もほぼこのまま。TVが変わったかな。

でも変わったものもこのインテリアにぴったりと合っていました……サスガ。

|

« 願えばかなうって本当なんだね。 | トップページ | 気づけば20年の歳月が »

白旗の長屋」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました。
上品な干菓子ですね。
ほっこり心が和みそうです。

そして、素敵なお宅ですね。
こうした長いお付き合いが出来る設計士さんに出会いたい物です。

投稿: ひさえ | 2011/06/18 20:03

ひさえさま

ご訪問頂きましてありがとうございます。
この干菓子 頂いたもののしばらく食べることが出来なくて
なんだか口にするのがもったいない。
ひさえさんのお菓子もしばらく眺めていたくなるような作品ですね。
秋の再開を心より楽しみにしておりまーす。

ありがとうございます。

投稿: 多田祐子 | 2011/06/20 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 願えばかなうって本当なんだね。 | トップページ | 気づけば20年の歳月が »