« 子育ては大道芸 | トップページ | 空気の色 »

2011/03/10

啓蟄の日に 

Tada_chigasaki_20081206_290

先週末は集中して2.5冊の本を読むことができました。

途中で「ぶんたん」のオレンジピール入りパウンドケーキを作ったりしながら。実はこのケーキがとてもうまくできたようで、特に夫からは太鼓判を押されました「売れる!」と。

毎度のことながら、写真はありません。ゴメンナサイ…食べるのに夢中ですぐに忘れ、いつも食べ終わってから思い出します^^;

さらに残念なことに「じゃあ、もう一回作るよ!」とは胸をはっては言えません^^

 

それはね

「ぶんたん」のオレンジピールから手作りということも理由のひとつ。

そして、レシピにできないこと。

先日から無農薬のかんきつ類の皮を見ると捨てられなくて、オレンジピールばかり作っています。

パウンドケーキはそれを消化する手段でありました^^おやつ代も節約できますしネ!

小麦粉も全粒のものと上質の小麦粉とを合わせて。いちおう、計量してメモは残してはいるのですが。どーも、あやしい^^;

 

 

さて、読書

今年度は息子の受験のことで頭のCPUを30%くらい常に使っていたようです。やっとフルで頭を回転できるようになってきたところ。今回、読書は大変有意義なものとなりました。

ずっと気になって手にとってはいたものの、なかなか前に読み進めなかった本。ちょこちょこは読んでは、次に読むときは前に読んだことを忘れていて、また同じところを読み返すという効率の悪さ。

細切れ時間も大切ですが、こうしてまとまった時間をとると成果が上がります。

これは最近特に思うのですが、何かを達成する目標があるとしたら、そのためにだけ集中できるまとまった時間をとることがとても大切だと。仏検を受験したことでかなりのフランス語のレベルアップを実感しましたので。このことはP・ドラッガーも言ってましたか。そういった意味では試験というものは意味のあるものですね。

 

今日は書評ではなくて、これです。 

「古いものをどのようにして時代に沿う新しいものとして生み出すか」

 

実は

集中読書+パウンドケーキ焼きの中で

この解答の糸口のようなものに気づきました^^

気づいた時は嬉しくて嬉しくて、夜も眠れず。

 

実はこの解答

すでに、非常に断片的に、観念的に、そして抽象的に作品を通して表現してきたのだけれども、言葉でどのように表現することができるだろう……と何年もモヤモヤしていたのです。頭のCPUを常に20%くらい使っていたかも。

ゆえに、つい先日までは常に50%のモヤモヤがあったわけですが、今はわりとカラ^^

これからCPU100%で最高の仕事をしていきたいと思っています。はい。

まずは13日の春のお茶会のお話にもこの気づきのエッセンスも加える予定。今準備をサクサクと進めているところ^^

どうぞお楽しみに!

|

« 子育ては大道芸 | トップページ | 空気の色 »

建築家のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子育ては大道芸 | トップページ | 空気の色 »