« 住宅取得資金計画 | トップページ | 謙譲の美徳 »

2011/02/09

ひとつひとつが やがて大きな面に

P2085863

今日の現場はシンシンと寒く。朝は雪がちらついていました。

この大粒でふんわりとした雪はまるで雪のモデルさんのように美しく。今にも雪の結晶が見えそうで……じっと目を凝らして見ましたが、やはりみえませんでした^^;

 

そんな寒さの中でも大工さん達はキビキビと忙しそうです。

フローリング貼りが始まりました。これが始まると

 

 

インテリアのニュアンスがようやく見えてきます。

(すぐに養生するためにほんの一瞬だけのお披露目ですが^^)

個室はナラの無垢材。

なら

男性的で力強く、しかし とても品のある材料です。

 

こうして一枚、一枚丹念に貼っていきます。

緑色の草?のようなものは、材と材の間にホンのコンマ数ミリの

隙間を空けるためのもの。

P2085864

びったりには貼りません。

木は生きています。水分の量で収縮したり膨張したりするために

少し「あそび」をとるというわけです。

P2085867

こちらは「くり」

くり 

テクスチャーはとてもソフトな感じですが、固い木。

中性的で高級感があります。(お値段もそれなりによろしい^^)

経年変化が美しく、お寺などの床に使われる材料です。

この上で座禅も出来ます^^

 

さて

床材の選定はインテリアを決める時の大きなポイントとなります。

なぜなら、床は一番近い材料。

必ず、触れているところ。

そして、目に触れる 面積も大きい。

 

このように、無垢材を丹念に貼った床は そう

自然で出来たコラージュ作品です。

 

帰りに ふと フローリングの施工を見て

伊予柑のオレンジピールチョコレートを作ったこと 思い出しました。

大変な手間で、途中で挫折しそうになったのですが

家族の「おいしかった~」のその、ひと言が

「じゃぁ、もう少し作ろうかな~」 という気にさせます。

ということで 我が家は今、オレンジピールの香りでいっぱい。

Ts350887

ほら、これこれ なんだかフローリングに見えてきませんか^^

 

|

« 住宅取得資金計画 | トップページ | 謙譲の美徳 »

住まいの基本」カテゴリの記事

季節とインテリア」カテゴリの記事

手づくり」カテゴリの記事

葉山・一色の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 住宅取得資金計画 | トップページ | 謙譲の美徳 »