« 幸福を外に求めない  | トップページ | Vie Café ヴィ・カフェ ~春のお茶会~ »

2011/01/18

一期一会

Photo

1月15日にお茶会のお席に招いていただきました。

今までに3つ程お茶室を設計したことがありますが、お恥ずかしながら、お茶に関しては建築的な知識のみが増えるばかりで……

これではあたまでっかちだな~ と

設計する度にお茶の世界をのぞいてみたい、さらに老後(老後とはいつ?)の楽しみにしたいと考えておりまして

ようやくその願いがかなったというわけです(子育てもようやくひと段落ですし)

 

お茶会は女学校時代の友人が茶道部の部員だったこともあり、よく甘いもの目当てでお遊びで参加したことがあるくらい。

お茶会のお誘いは頂いても、おけいこにも通っていないと、ちょっと敷居が高いような…という気持ちがありました。

 

だからもう、前の日からそわそわです。まるで遠足の前の日の子供のよう。

 

当日は皆さん、何十年もなさっておられる方ばかりの中

とても緊張しましたが、ひとつひとつやさしく丁寧に指導してくださり、存分にお茶の楽しさを味わうことが出来ました。

お茶室の設計をしている時に、つと湧き起こる疑問にも「ああ、これはこのようなお作法だから建築もこうなっているのか」など

目からウロコが何枚も落ちたわけです(私の目は大きいので目のウロコも大きい!^^)

あっという間の5時間。

お茶というこの独特の緊張と弛緩の間の精神的作用ははなんとも心地良い感動でした。

子供の頃、書道が好きでした。

正座して、何枚も何枚も書いて、ようやくうまく書き終わった時の心地良い疲労感と静かな感動を思い出しました。この感覚はやはり日本文化独特のものなのでしょうね^^

 

これでまた

人生のお楽しみが増えたというわけです。

そしてまた

人と人とのつながりの大切さや面白さを体感じた一日でした。

ご縁を頂いた皆様には感謝申し上げます。

 

心を静めて待つ

心から望んでいることは焦らず、騒がずに静かにじっと待ち望んでいると、その時の一番自分に相応しいご縁を頂くように感じます。

例えば、建築士は地鎮祭など行ないますので、神道に縁があるのですが、「地鎮祭の意味など知りたいな~」と思っていた頃に、古神道の祭主とのご縁をいただき、いろいろと教えていただいたこともありました。

自分から血相を変えて取ったご縁というよりも、ある流れの中で頂いたご縁は長く続き、さらに人生を明るく照らしてくれるようなそんな気がしています。但し、日々のささやかなる行動は大切ですが。

 

ひとつひとつのご縁を大切にして

それらの経験をいかして、さらに素晴らしい仕事を行なっていこう!

えいえい おぅー!^^(あれ?日本的でないですか?)

 

|

« 幸福を外に求めない  | トップページ | Vie Café ヴィ・カフェ ~春のお茶会~ »

わたしのこと」カテゴリの記事

建築家のお仕事」カテゴリの記事

感性を磨く」カテゴリの記事

生きること」カテゴリの記事

美について考えること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸福を外に求めない  | トップページ | Vie Café ヴィ・カフェ ~春のお茶会~ »