« Vie Café ヴィ・カフェ ~春のお茶会~ | トップページ | ネオマフォーム やって来ました。 »

2011/01/22

手は口ほどにモノを言う 目じゃないのか?

Ts350883

テーブルのデザインを考え中。建築の神様が降りてきたのがおとといのこと。

スケッチをおこして、昨日の午前中にCADで図面に。

工場と打ち合わせをしてどのように製作するかをご相談

うまく出来そうでよかった。

「あの~、この35mmはこちらの40mmに合わせられませんか?」

「できれば35mmで作りたいのですが、出来ませんか?」

「むむむ…

 

…手間はかかりますが やってみましょう」

快く受けてくださって感謝です。

 

すきっとした気持ちで

午後からは息子の受検料を振込みに銀行に行ったり

(振り込む際、「合格・合格・合格…」と念じてみました^^)

書店に行って本を探したり。

さらに、お天気も良いので(晴れ女度100%)出向きたかった「作品展」を見に茅ヶ崎へ。

茅ヶ崎駅を南口へ降りて、雄三通りを歩きます。キリリと冷たい空気の中、空が青く澄み渡り、松林の常緑樹が冬の美しい景色にアクセントを加えています。

この通りには、設計した住宅や店舗があるので、途中寄り道をしながら。その内、多田設計事務所通りとかにならないですかね^^ならないですね。

つまらない冗談はさておき

さてこの界隈、自分のふるさとにも近い感覚がするのです。

設計をする時、季節や時間までも超越した感覚でその「場」を読む(感じるといったほうが近いかな)からかな~と考えながら。思惟の散歩。気分はパリジャンですね。

そして、歩くこと15分、ギャラリーへ到着。

今回訪れたのはアトリエMINEさんの作品展。

昨年の夏頃からかぎ針編みを始め、疑問が湧き起こるたびにインターネットや図書館で探して疑問を解決していたところ、MINEさんのHPに出会ってその作品の魅力に魅せられたのです。

作品展があるということでずうずうしくも案内をお願いして。

想像していたとおり、とっても素敵な作品とMINEさんでした。

 

ものづくりは、作り手の人となりを表す

特に編み物はその時の心の状態がとても良く表れるものだと思います。

私の場合ですが心がゆらいでいる時に編んだものは、あとで必ずほどく運命にあります。

心がマイナスの時は良い作品は作ることができません。

手を動かして何かを生み出す時、頭と手だけではなく、心とカラダ、息遣いまでもが関係してくるものなのでしょうか。人は騙せないのです。

だから、作家はメンタルな強さとしなやかさが必要条件。

 

今回は豪華得点付き

とっても素敵な出会いがありました。

あ~幸せだな~。

そう感じているときは「作り時」です^^つくるど~。

Ts350882

素敵な出会いに。コーヒーで乾杯。

カップはお客様のイメージに合わせてくださっている様子。

昨日の私には、このカップでした^^粋なマスターですね。

冬の海と毛糸だまとコーヒーと。茅ヶ崎如何でしょう?

アトリエMINEさんのページ 輝き始めた毛糸だま

|

« Vie Café ヴィ・カフェ ~春のお茶会~ | トップページ | ネオマフォーム やって来ました。 »

伝えること」カテゴリの記事

家具づくり」カテゴリの記事

店舗設計」カテゴリの記事

建築ウンチク」カテゴリの記事

建築家のお仕事」カテゴリの記事

感性を磨く」カテゴリの記事

手づくり」カテゴリの記事

葉山・一色の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vie Café ヴィ・カフェ ~春のお茶会~ | トップページ | ネオマフォーム やって来ました。 »