« 手は口ほどにモノを言う 目じゃないのか? | トップページ | すべてのものに ありがとうを添えたいから »

2011/01/28

ネオマフォーム やって来ました。

P1255829

やってきました。ネオマフォーム。

断熱材の在庫切れ。その原因はどうやら住宅エコポイント制度のよう。

昨年の暮れにニュースになるほど騒がれていましたが、もうほとんどの方が忘れておしまいでしょう(このニュースに関してもいろいろと論がありますが……ここではふれないでおきます)

「はい、次のニュースです」

世の中の流れはあまりにも早い。

 

この住宅も住宅エコポイントを利用しています。

省エネルギー住宅工事(トップランナー基準)の断熱工事には、地域によって断熱材の種類や厚さの基準が決められています。

厚さも屋根と壁と床と土間など、箇所によって厚さが決められています。

 

地域区分がⅠからⅤまであって

Ⅰが北海道と極寒とされる地域

Ⅴが宮崎県や鹿児島県

東京や神奈川県はⅣ地域。

もう、なんのこっちゃい?となってしまいましたね。

このように、とっても細かいのです(こんなことだから、職業が設計士だというと、「じゃぁ、細かい人なんですね」と返されるのかなぁ)

住宅エコポイントをお考えの方はご相談くださいませ。

 

さて、おとといは現場定例だったので、窓の際まで寄って寒さを確かめてみました。なるほどあったかいですね。

自分がポットの中のお湯になったような感じがしました(どんな感じ?)

 

断熱性能で一番考えなくてはいけないのが「窓」などの開口部。

サッシもここ15、6年の間にぐんぐんと性能アップしました。

といいますか今ではペアガラスの性能の良いサッシが比較的安価に手に入るようになったというほうが近いですか。つまりたくさん出回る→安くなる→さらに出回るのループです^^

現場でのペアガラスがあたりまえのようになっていて、我が家のシングルガラスのサッシはとっても寒く感じます……人間とはこうもラクなほうにラクなほうに向かうものなのですね~。

 

先日、お茶のお席にて Oさんが

健やかに歳をとるということは、日頃の生活の中でいろんなことを努力していくということです」と仰っていたのが心に残っています。

あたりまえにできることは、実はあたりまえではない、ということに気づいているかが大切なんですね。

 

今や「人生90年」と言われているようですね~。

私はようやく人生の折り返し地点に立った、とつい数年前に思ったのですが、

10年延びてしまったので、

「実はまだ折り返していなかったのか!」と。

損をしたような、徳をしなような

まだまだ、半人前にもなっていないようです^^

|

« 手は口ほどにモノを言う 目じゃないのか? | トップページ | すべてのものに ありがとうを添えたいから »

住まいの基本」カテゴリの記事

建築家のお仕事」カテゴリの記事

生きること」カテゴリの記事

葉山・一色の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手は口ほどにモノを言う 目じゃないのか? | トップページ | すべてのものに ありがとうを添えたいから »