« 仏検4級を受験して 後編 | トップページ | 多田さんと言えば »

2010/07/26

夫婦の歩み寄り 世界の平和

P7265384

実施設計がひとつ終わりました。

確認申請もおり、エコポイント申請もおり、ひと段落。

 

改めて手帳を見て振り返ってみますと、今年の2月に初めてお会いして、それから毎週のようにお打合せでお会いし、お話をお聞きさせていただいたり、キッチンを含めた設備機器などを見にショールームにご一緒したりととても密度の濃い設計期間でした。

 

奥様もご主人様もとても上品でさらに親しみやすい素敵なご夫妻です。

特に今回は奥様が料理研究家の方。(近々きちんとご紹介しますね)そうそう、お料理教室にもずうずうしくも参加させていただきました^^

海が見えるキッチンスタジオとテラスを併設しています。とってもステキです^^(←あれ?自画自賛?)

このスタジオは、奥様の「いらしてくださった方に海を見てくつろいでいただきたい」という温かいお気持ちから始まっています。

  

 

家を設計する作業はいろいろ訪れてくる壁をひとつひとつ乗り越えていく感じです。

建築基準法を始めとする様々な規制の中で、生まれてくるカタチ。

そのカタチは人が住むための機能も満足していなくてはならないのです。

そこに「美」という生きていく上でのエネルギーとなるものを沁みこませていく作業は本当に「産みの苦しみ」です。

しかし、こうして設計が出来上がると、なんとも幸福な気分となります。

 

 

というのも、この仕事をしていて心から感謝の気持ちが湧き、胸がジ~ンとくる場面がいくつかあるのです。

そのひとつ。それは夫婦の気遣いがステキだな~と感動する時。暖かい気持ちになります。お互いを思いやる気持ち。大切なんだなと。

家づくりはそのほとんどが、夫婦での共同作業。たいていの場合二つ別々のものは作れませんから、お互いにたくさんの歩み寄りが必要となってきます。

なんだか昨日も、打ち合わせが終わり、ぼぅっと夕日を眺めていると、心があったか~いのを感じたのです。外はとっても暑かったですが^^

仕事を通して学ぶことができる、なんと有難いことでしょう。

 

さて、この奥様のポケットは奥深く……

いつも手作りのものを出してくださいます。プロのお味。

昨日頂いたものは、トムヤムクッキー。

ビールと共に最高のお味です(夫の大好物はビールです)

そうそう、事務所10周年記念にはアサヒスーパードライを頂きました(写真に納める暇もなく、予想されていたとおり、すぐになくなりました^^)

いつもありがとうございます。

これから、現場。夢が何倍にもなるように、しっかりと監理して参ります。

葉山・一色海岸の現場。楽しみです^^

……大好きなボサノバを聴きながら 2010.7.26

|

« 仏検4級を受験して 後編 | トップページ | 多田さんと言えば »

葉山・一色の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仏検4級を受験して 後編 | トップページ | 多田さんと言えば »