« 「しまう」と「つかう」そして「たべながら-かんがえる」 | トップページ | どうやって空を飛ぶの? »

2010/06/14

ジュウネン ヒトムカシ

Photo

先日、事務所の更新手続きをしに伊勢佐木町まで。

伊勢佐木町も随分と変わっていて。驚き。

 

さて、建築士事務所は5年ごとに更新の手続きをしなくてはならない。今回は二度目の更新であるので設立して10年。長くとも、短くとも。

更新手続きの書類の控えを見ると5年前は手書き。今回はpdfでダウンロードしてwordで作成して提出。

よぉく考えると、設立当初は図面は手書き。事務所には夫作の矩計図の原図を展示しています。

よく翻訳された小説などを読んでいると、設計図の青写真や人生の青写真という言葉が出てくるけと、この表現もそのうち注釈入りになるのかな~と。

*AD2000年以前は設計事務所の図面は人の手によって描かた。そのため原図は貴重なものとされた。このため青焼きというコピーのような印刷物で検討したり打ち合わせをしていた。

な~んて。

原図(トレーシングペーパーに平行定規と鉛筆で描いた図面)はまるで描き手の魂が入っているように丁重に扱われたもの。今は設計変更になってもサクサクっと涼しい顔でCADを使って変更出来るけど、手書きの時代は清水の舞台から飛び降りるくらいの一大決心だった。

「変更になった」と言う言葉を聞くと、皆、青くなっていたから。

  

 

このように私の中だけでも多くの経験を積んだ5年であったけれども、私を取り巻く環境(仕事上で)も大きく変わった。

かなり「複雑になった」のではないかと。

 

便利になったような気がするけど、実はそれ自体、その時々は便利でも、なんだか煩わしさが伴う、そういった複雑さ。

住宅の設計でも10年前よりも確実に図面が増えた。設計に際する所要時間や役所とのやりとり(確認申請業務など)も絶対的に増えている。

 

手書きの図面を描けなければ建築の深遠な部分は本当にわかっていないというのが私の持論。だけど実際の業務で今から手書き戻れと言われても、おそらくもう戻れないだろう。検討しなければならないことがあまりにも煩雑多岐に渡るから。便利さで時間は短縮されるものの、それを上回る煩雑さが存在する。相殺にはならない。

つまり 便利さ<煩雑さ 

資格試験がだんだん難しくなっていく理由のひとつはこれだな~。なんて思うもの。

 

そうは言いつつもね、

前の日に「Googleの地図は便利だよ」と友人に教えてもらっていたので神奈川県建築士事務所協会に手続きに行くのに、地図を調べてみると(ググッてみる?)……なんと建物の周辺の映像を見ることが出来るではないですか!

すご~い!と息子にも自慢げに教えてあげてみたものの、「そうだよ」とあっさりひと言。

知らぬが仏という言葉はあるように、なんだか情緒に欠けるかな……とも感じてしまうのはあまのじゃく星人の私だけなのか?

私情を挟まないビジネスの場合はやはり便利でしょう。おかげて迷わずに行けたことだし。

 

「何をどう使っていくか」という自分の軸をしっかりと持ってなくてはね^^道具に使われないようにしっかりと!

またこれからの5年後の変化が楽しみであることよ^^長生きするもいいかも。

|

« 「しまう」と「つかう」そして「たべながら-かんがえる」 | トップページ | どうやって空を飛ぶの? »

事務所の歴史」カテゴリの記事

コメント

ジュウネン一昔、、まさしく私たちもそう言っているうちに、
十年が過ぎてしまう勢いで月日は経っている。

とうとう私は二束の草鞋を装備してしまい、、貴方と温泉に行っている暇は無いんじゃない!

いや~、世の中便利なものは確かに増えたけれど、それを使いこなしたからといって
た~いしたこと無いさ、、と
人間の進化にはまだ程遠いってか、
いや、もしかしたら能力・力量すべてが相対的に見たら衰退しているのかもね。。
私益々、野生が強くなっている今日この頃。

投稿: meena | 2010/06/15 13:26

meenaさん

複雑なシステムに右往左往していた近頃のワタクシ……(諸手続きのなんと多いことよ)。そうこうしている間、meenaさんは二束目の草鞋を装備していたのね~。

また、その草鞋が素敵すぎるから。
その行動力には常に脱帽。
今度遊びに行かせてもらいます!

さてさて
…相対的にみたら衰退しているのかもね。

何か災害や都市インフラのシステムエラーやらが起こった場合、おそらくよりシンプルに生きている人が生き残るであろうし、また世の中の役に立つのではないかと最近よく考えます。
私もよりシンプルにプリミティブに生きるよう心がけようと。
自然と親密に生きている人は心も身体もとても強いもの。
meenaさんが目標でしょうか。
野生的な人?の良い見本だと^^

投稿: 多田祐子 | 2010/06/16 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「しまう」と「つかう」そして「たべながら-かんがえる」 | トップページ | どうやって空を飛ぶの? »